京都大学院情報学研究所、パデュー大学がWi-SUN Allianceに加盟

Wi-SUN Alliance

2014/9/30 10:10

京都大学院情報学研究所、パデュー大学がWi-SUN Allianceに加盟

AsiaNet 58046 (1055)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2014年9月29日PRN=共同通信JBN】Wi-SUN Allianceは29日、Allianceのコントリビューターメンバーとして、京都大学院情報学研究所とパデュー大学が加わったと発表した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO

Wi-SUN技術は世界のスマートユーティリティーネットワークの根幹となっている。スマートグリッドは世界の電気事業のインフラストラクチャーを大幅に変革することを約束する。スマートグリッドは電気事業業界で急速に展開されてきた。北米の5000万台以上をはじめ、世界で3億台以上のスマートメーターが配備された。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は「Wi-SUNは、幅広いスマートユーティリティーおよびスマートシティーのネットワークアプリケーション分野で標準規格化と相互運用性をもたらしている。これらはインターネット・オブ・シングス(IoT)で重要な役割を果たすことになる。京都大学院情報学研究所やパデュー大学など世界クラスの教育機関がAllianceに貢献することは、われわれの役割の重要性を実証している」と語った。

京都大学院情報学研究科長の佐藤亨教授は「当大学院はインターネット・オブ・シングスやマシンツーマシン通信における教育、研究、開発に重点を置いている。Wi-SUNプログラムを開始する最初の大学メンバーの1つになれることをうれしく思う。インターネット・オブ・シングスに関する研究成果をAllianceに提案し、標準規格作成に関するAllianceのワーキンググループの議論に参加する経験は、グローバルな人材育成強化の観点から極めて有益なことである」と語った。

パデュー大学コンピューター科学学科のダグラス・コマー教授は無線メッシュ・ネットワークを含む科目を教えており、今後は学科で無線センサー・ネットワークを科目に組み入れる予定である。教授は「パデュー大学はインターネット・オブ・シングスが今後広範囲に採用されると考えており、プロトコル標準規格の作成とレファレンス実装に貢献できる機会ができたことを大変うれしく思う。Wi-SUNおよびプロトコル作成に深く関与するだけでなく、急成長する最新のネットワーキング分野を学生に紹介できることはパデュー大学の教育ミッションにとって不可欠なものである」と語った。

Wi-SUN Allianceメンバーには、5大陸でスマートユーティリティーネットワーク・インフラストラクチャーの構築を支援する国際的な企業が含まれている。スマートグリッドとその製品は世界的な規模で拡大しており、アジア、オーストラリア、欧州、北米、南米で急増している。Wi-SUNに教育機関が参加したことで、この成長ぶりをさらに知らしめることになる。

Wi-SUN Allianceが組織にどのように恩恵をもたらすかを知るには10月22日に京都で開催するオープンハウスに参加を。詳細はウェブサイトwww.wi-sun.org を参照。

▽Wi-SUN Allianceについて

Wi-SUN Allianceは全機器、全市場セクターにおけるWi-SUN技術の普及に献身する大手企業によるグローバルな非営利業界組織である。Wi-SUN Allianceは技術開発、市場形成、規制プログラムによって、Wi-SUNを世界で広く採用できるようにする。

Wi-SUN CERTIFIED(TM)プログラムは2014年1月発足した。同プログラムは相互運用性と品質に関して広く認識される指定を提供し、Wi-SUNが製品に最高のユーザー体験を提供できるよう支援する。Wi-SUN Alliance製品証明プログラムは、Wi-SUN製品とサービスの既存および新規市場における広範な採用を奨励する。

Wi-SUN AllianceとWi-SUN AllianceロゴはWi-SUN Allianceの商標である。

▽問い合わせ先

Bhupender Virk

Wi-SUN Alliance

media@wi-sun.org

ソース:Wi-SUN Alliance

Universities Join Wi-SUN Alliance

PR58046

SAN JOSE, California, Sept. 29, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Today the Wi-SUN Alliance announced the addition of the Graduate School of

Informatics, Kyoto University and Purdue University to the Alliance as

Contributor Members.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120904/SF66824LOGO

    Wi-SUN technology is an essential part of Smart Utility Networks around the

world.  The smart grid promises a dramatic transformation of the world's

electricity infrastructure.  Smart grid deployment has been taking place at a

rapid pace for the electric utility industry.  Over 300 million smart meters

have been deployed worldwide, with more than 50 million in North America.

    Phil Beecher, Chair of Wi-SUN Alliance states: "Wi-SUN brings

standardization and interoperability to a wide variety of Smart Utility and

Smart City network application areas. These will play a significant role in The

Internet of Things."  He adds: "The contributions of world-class educational

institutions, such as the Graduate School of Informatics, Kyoto University, and

Purdue University, to the Alliance demonstrate our global role."    

    Professor Toru Sato, Dean of the Graduate School of Informatics at Kyoto

University states: "Our Graduate school emphasizes education, research, and

development on The Internet of Things and machine-to-machine communications. We

are delighted to be one of the first university members launching a Wi-SUN

Alliance program." He adds: "Experience to propose research results on The

Internet of Things from our university to the Alliance and participate in the

Alliance's working group discussions for the development of standards is quite

beneficial from the viewpoint of strength of global human resource development."

    Douglas Comer, Distinguished Professor of Computer Science at Purdue has

taught classes that include wireless mesh networks and is now planning to

incorporate wireless sensor networks in future courses.  He states: "We at

Purdue expect The Internet of Things to be widely adopted over the coming years

and are excited to have the opportunity to contribute to the creation of

protocol standards and reference implementations."  He adds, "Closer

involvement with Wi-SUN and protocol development along with the ability to

expose our students to this new and fast growing area of networking is a vital

part of our educational mission here at Purdue University."

  

    Wi-SUN Alliance members include international companies helping to build

Smart Utility Network infrastructure on five continents.  The growth of Smart

Grid markets and products is taking place on a world-wide basis, and on a fast

track in Asia, Australia, Europe, North and South America.  The inclusion of

educational institutions in Wi-SUN further signals this growth.

    To discover how Wi-SUN Alliance can benefit your organization join us at

our Open House in Kyoto, Japan on 22nd October 2014.  Details can be found at

www.wi-sun.org

    About the Wi-SUN Alliance

    The Wi-SUN Alliance is a global non-profit industry association of leading

companies devoted to the proliferation of Wi-SUN technology across devices and

market segments. With technology development, market building, and

certification programs, the Wi-SUN Alliance has enabled widespread adoption of

Wi-SUN worldwide.

    The Wi-SUN CERTIFIED(TM) program was launched in January 2014.  It provides

a widely-recognized designation of interoperability and quality, and it helps

to ensure that Wi-SUN enabled products deliver the best user experience.  The

Wi-SUN Alliance product certification program will encourage the expanded use

of Wi-SUN products and services in new and established markets.  

    Wi-SUN Alliance and the Wi-SUN Alliance logo are trademarks of the Wi-SUN

Alliance.

    Contact:

    Bhupender Virk

    Wi-SUN Alliance

    media@wi-sun.org

    SOURCE: Wi-SUN Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中