Kantar Mediaがマレーシアで視聴者測定サービス アジアでのプレゼンスを高める

Kantar Media

2014/10/8 15:20

Kantar Mediaがマレーシアで視聴者測定サービス アジアでのプレゼンスを高める

AsiaNet 58165(1103)

【ロンドン2014年10月8日PRN=共同通信JBN】

*Astroがチャンネルベースで受信契約者の視聴行動をリポート

マレーシアで有料テレビ・ラジオ・サービスを提供する大手総合消費者メディアグループのAstroは、独自の視聴者測定サービスの設計、配備、管理でKantar Mediaとの契約に調印した。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141008/709606

マレーシアでは初めてのこのサービスは、Kantar Mediaのリターン・パス・データ(RPD)調査技術を利用し、受信契約者のセットトップボックスからデータを収集、測定し、標準画質テレビ、高解像度テレビ、番組録画、ビデオ・オンデマンド、双方向テレビのいずれかで視聴しているかを分析する。このほかAstroはテレビ事業者の受信契約者層の視聴全般にわたって広告スポットに関する詳しい情報も集める。

Astroのヘンリー・タン最高執行責任者(COO)は「テレビ視聴測定で大きな改善をもたらすKantar Mediaと提携できて、喜びにたえない。同社のDTAMシステムからは視聴者の行動に関する正確でしっかりした知見が得られ、テレビ番組を効率的に企画し、向上させるのに役立つ。広告主やクライアントもデータが豊富なサービスによって恩恵を受ける。このサービスによって顧客は適切なマレーシアの家庭へ効果的で的を絞った広告キャンペーンを展開し、それによって広告投資から得られる成果を最大限にできる」と述べた。

今回のAstroとの契約獲得でKantar Mediaはアジアでのプレゼンスを高めた。すでにシンガポール、フィリピン、中国、ベトナム、香港では視聴者測定サービスを実施しており、最近ではモンゴル、カンボジア、スリランカ、バングラデシュでもサービス契約を結んでいる。

今年になってKantar Mediaは、新しいソーシャルテレビ測定ツールの導入をめぐってTwitterとの提携を拡大すると発表した。ツールの導入では東南アジアの一部も対象地域に入っている。

Kantar Media Audiencesのグローバル・ディレクター、ニック・バーフィット氏は「この新サービスの構築と運営でAstroと提携できたことを喜んでいる。わが社はこの10年間、世界各地の有料テレビ事業者に協力し、第一級のリターン・パス・データ技術を活用したサービスを展開してきた。その技術こそがAstro受信契約者の視聴行動に対するリアルで有益な考察を広告企業や広告会社、コンテンツ制作企業へ確実に提供することになる」と語った。

新サービスは2つの調査グループが対象になる。最初のグループは、マレーシアのIPTV/セットトップボックスの視聴家庭の8万戸から集められたデータで構成され、裕福な都会の消費者の視聴行動を測定する。2番目のグループは、Astroの受信契約者層から選ばれた4000戸で、Astroの受信契約者層の視聴者を繁栄する。またこれにはKantar Worldpanelの家庭日用消費財(FMCG)調査グループから抽出した家庭も含まれる。2番目の調査は正確なターゲティングと投資利益率(ROI)測定のために、人々が購入するものに関するデータをリアルタイムで一覧できる単一のツールを作っている。

Kantar MediaはAstroとKantar Worldpanelと協力し、2015年にサービスを開始する。

http://www.kantarmedia-audiences.com

ソース:Kantar Media

Kantar Media Expands Asian Footprint With New TV Measurement Service in Malaysia

PR58165

LONDON, Oct. 8, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Astro will report subscribers' viewing behaviour across the operator's

channel base

    Astro, Malaysia's leading integrated consumer media group that provides Pay

TV and radio services, has signed an agreement with Kantar Media to design,

deploy and manage a proprietary audience measurement service.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141008/709606 )

    This service, the first of its kind in Malaysia, will use Kantar Media's

return path data (RPD) research techniques to collect data from its

subscribers' set top boxes, measure and then provide analysis of standard

definition, high definition, time-shifted, video-on-demand and interactive

television viewing. In addition Astro will gather detailed information on

advertising spots across the entire TV operator's subscriber viewing base.

    "We are pleased to be partnering with Kantar Media to offer significant

improvements to TV viewing measurements," commented Henry Tan, Chief Operating

Officer at Astro. "The DTAM system will deliver robust and accurate insights

into customer behaviour that will help us plan and develop our content more

effectively. Advertisers and clients will also benefit from the data-rich

service, which will help them develop effective, targeted campaigns to the

right Malaysian households, and as such, maximise results from their

advertising investments."

    This latest win reinforces Kantar Media's presence in Asia. The company

already has audience measurement services in Singapore, the Philippines, China,

Vietnam and Hong Kong and has recently secured services in Mongolia, Cambodia,

Sri Lanka and Bangladesh.

    Earlier this year Kantar Media announced its expanded partnership with

Twitter on the launch of new social TV measurement tools to include parts of

south-east Asia.

    Nick Burfitt, Global Director at Kantar Media Audiences, commented, "We are

delighted to be partnering with Astro to build and manage this new service. Our

experience working with Pay TV operators worldwide over the last decade to

deploy services utilising our best-in-class return path data technology will

ensure that advertisers, agencies and content producers gain real and useful

insights into the viewing habits of Astro's subscribers."

    The new service will be built on two panels. The first comprises of data

sourced from 80,000 IPTV/set top boxes in Malaysian homes to measure the

viewing habits of urban, affluent consumers. The second, a recruited panel of

4,000 homes, will represent viewers in Astro's subscriber viewing base and will

include homes sourced from Kantar Worldpanel's existing Malaysia's household

FMCG panel. It will combine real-time viewing with data on what people purchase

into a single source tool for accurate targeting and ROI measurement.

    Kantar Media will work with Astro and Kantar Worldpanel to begin to deploy

the service in 2015.

    http://www.kantarmedia-audiences.com

    SOURCE: Kantar Media

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中