Mainstreamがスコットランド初の450MW洋上風力発電所建設で自治政府同意書取得

Mainstream Renewable Power

2014/10/14 12:30

Mainstreamがスコットランド初の450MW洋上風力発電所建設で自治政府同意書取得

AsiaNet 58209(1117)

【グラスゴー(スコットランド)2014年10月11日PRN=共同通信JBN】グローバルな風力、太陽光発電企業のMainstream Renewable Powerは11日、北海に面したOuter Forth Estuary(フォース湾沖)に450メガワット(MW)のNeart na Gaoithe(NnG)洋上風力発電所を建設、運転する認可をスコットランド自治政府から取得した。

  Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141010/709908

これはスコットランド海域で建設、運転される初の大規模洋上風力発電所であり、スコットランドの電力システムに直接接続される。450MW風力発電は32万5000世帯(エディンバラ全世帯数を上回る)に十分な電気を供給する能力を持ち、スコットランドの総電力需要の3.7%に相当する。風力発電は来年には建設前の準備作業を開始し、2018年までに発電を開始する予定である。

NnGは約15億ポンドの設備投資であり、建設段階で真にノンリコース・プロジェクトを誘致する英国初の洋上風力発電所が軌道に乗る。NnGはインフラストラクチャーに対する英財務省のインフラストラクチャーUKからの資金提供保証と欧州投資銀行融資の資格を事前に取得している。

風力発電所は最高75基の風力タービンで構成され、約80平方キロメートルの事業面積を占める。発電所は陸上に最も隣接した地点のファイフ海岸から15キロメートル余り沖合の水深45-55メートル地点にある。

風力発電の電力を送る海底ケーブルは、イーストロージアンのソーントンロッホ・ビーチで上陸し、そこから地下ケーブルがラマーミュアヒルズにあるCrystal Rig陸上風力発電所内の変電所まで12.5キロメートルを送電する。グリッド接続は2016年に行われ、地下送電ケーブルのルート計画認可は2013年にイーストロージアン地方議会から受領した。

NnGは建設期間中とともに稼働寿命を通じて、直接および間接的に数百の雇用機会を創出する。Mainstreamは、優良バランスオブプラント請負業者のGeoSeaおよびSTDL/Prysmianコンソーシアムを選択した。GeoSeaは風力発電タービン基盤を設計、供給、据え付けるとともに、風力タービンと洋上変電設備所を設置する。STDL/Prysmianコンソーシアムは電気的な作業を設計、供給、設置する。

Mainstream Renewable Power創業者であるエディー・オコーナー最高経営責任者(CEO)は「本日の発表はスコットランドにとって特に重要である。なぜならば、風力発電所が家庭と企業に再生可能エネルギーを供給する目的で、スコットランドの海上に初めて建設されるからである。事実、この発電所はエディンバラの全世帯に有り余るグリーンエネルギーを生み出す」と語った。

Mainstream Renewable Powerのアンディ・キンセラ最高執行責任者(COO)は「これは世界の海上風力発電産業にとって極めて重要なことである。なぜなら、この規模の洋上風力発電所がプロジェクト融資を利用して民間企業だけで建設されるのが初めて軌道に乗るからである。これは、Mainstreamが2008年に設立されて以来このプロジェクトに取り組んできた洋上開発チームの世界をリードする専門知識の証しであり、世界リードする独立系洋上風力発電開発者としてのMainstreamの立場を確固たるものにする」と語った。

同COOはさらに「われわれは徹底的な環境評価プロセスを通じて、スコットランド自治政府と関連機関と緊密に協力してきた。発電所建設中と建設後、これら機関とその他主要な利害関係者とのクラス最高の環境モニター作業を続けていきたい」と語った。

Mainstream Renewable Powerは2009年に英国王室資産管理機関であるクラウンエステート(The Crown Estate)から公共事業としての独占的な落札企業となった。NnGのサイトは2011年に、スコットランド自治政府のStrategic Environmental Assessment(戦略的環境アセスメント)から海洋風力発電開発に適しているとの判断を下された。NnGは2010年にグリッド接続権を確保し、2011年にはクラウンエステートとの間でリース契約に達した。2012年にはMarine Scotland Licensing Operations Team(スコットランド海洋事業認可チーム)と同意申請書を交わした。

▽Mainstream Renewable Powerについて

Mainstream Renewable Powerは再生可能エネルギー・プロジェクトにおける世界有数の独立系開発企業の1つ。同社は世界で1万7000MW(17GW)以上の開発プロジェクトを持ち、現在はアイルランド、南アフリカ、チリ、カナダで風力・太陽光発電プラントを運転あるいは建設中である。

Mainstreamは欧州を代表する独立系海上風力発電デベロッパーとして、イングランド、スコットランド、ドイツでほぼ8GWのオフショア風力開発プロジェクトを開発中であり、これらオフショア・プロジェクト向けに4.45GW分のグリッド接続(送電網)を確保している。

同社はベルリン、ケープタウン、シカゴ、ダブリン、グラスゴー、ヨハネスブルク、ロンドン、サンティアゴ、トロントにオフィスを構えている。

http://www.mainstreamrp.com

さらに詳しい情報は以下を参照。

Neart na Gaoithe

Kirstin Stevenson / Callum Spreng

Spreng & Co Ltd

Tel: +44 (0)141 548 5191

Mob: +44 (0)7803 970106 / +44 (0)7803 970103

Email: Kirstin@sprengandco.com / Callum@sprengandco.com

Mainstream Renewable Power

Emmet Curley

Head of Communications Mainstream Renewable Power

Tel: +27 21 657 4071

Mob : +27 60 564 6588

ソース:Mainstream Renewable Power

Mainstream Renewable Power Granted Consent by Scottish Government to Build and Operate 450MW Offshore Wind Farm

PR58209

GLASGOW, Scotland, Oct. 11 /PRN=KYODO JBN/ --

   Global wind and solar company Mainstream Renewable Power has received

consent from the Scottish Ministers to build and operate its 450 megawatt Neart

na Gaoithe ("NnG") offshore wind farm in the Outer Forth Estuary in the North

Sea.  

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141010/709908 )

   This will be the first large-scale offshore wind farm constructed and

operated in Scottish waters to be directly connected to the Scottish

electricity system. The 450 megawatt wind farm will have the capacity to

deliver enough power for 325,000 homes (more than the number of homes in

Edinburgh) and equal to 3.7% of Scotland's total electricity demand. The wind

farm is expected to start pre-construction activities next year and begin

generating electricity by 2018.

   NnG represents a capital expenditure investment of around BRP1.5 billion and

is on track to be the first offshore wind farm in the UK to attract true

non-recourse project finance at the construction stage.  It has pre-qualified

for the Infrastructure UK Treasury Guarantee and European Investment Bank

funding.

   The wind farm will consist of up to 75 wind turbines and will occupy an area

of approximately 80 square kilometres. At its closest point to land it lies

over 15 kilometres off the Fife coast in water depths of 45-55 metres.  

   The subsea cable transmitting the wind farm's power will come ashore at

Thorntonloch Beach in East Lothian from where its underground cable will travel

along a 12.5 kilometre route to a substation located within the Crystal Rig

onshore wind farm in the Lammermuir Hills. Grid connection will occur in

December 2016 and planning permission for the route of the underground cable

was received from East Lothian Council in 2013.

   NnG will create hundreds of direct and indirect jobs during its construction

as well as throughout its operational life.  Mainstream has selected preferred

Balance of Plant contractors GeoSea and a STDL/Prysmian consortium. GeoSea will

design, supply and install the wind turbine foundations as well as installing

the wind turbines and the offshore substation. The STDL/Prysmian consortium

will design, supply and install the electrical works.

   Mainstream Renewable Power's founder and Chief Executive, Eddie O'Connor

said: "Today's announcement is of particular importance for Scotland because it

is the first time a wind farm will be built in Scottish waters with the purpose

of supplying Scottish homes and businesses with renewable energy. In fact, it

will generate enough green power to supply more than all the homes in

Edinburgh."

   Andy Kinsella, Chief Operating Officer for Mainstream Renewable Power said:

"This is of major significance to the global offshore wind industry because it

is on track to be the first time an offshore wind farm of this scale will be

built using project finance alone by a private company. It is testament to the

world-leading expertise of Mainstream's offshore development team who have been

working on this project since the company was founded in 2008 and further

underpins Mainstream's position as the world's leading independent offshore

wind developer."

   He continued: "We have worked closely with the Scottish Government and its

agencies through an exhaustive environmental assessment process, and look

forward to continuing our best-in-class ecological monitoring work with those

agencies and other key stakeholders during and after construction."

   Mainstream Renewable Power was awarded exclusivity by The Crown Estate in

2009; The NnG site was deemed suitable for the development of offshore wind by

the Scottish Government's Strategic Environmental Assessment in 2011; NnG

secured its grid connection in 2010; and an Agreement for Lease was reached

with The Crown Estate in 2011. Its application for consent was lodged with the

Marine Scotland Licensing Operations Team in 2012.

   About Mainstream Renewable Power  

    Mainstream Renewable Power is one of the world's leading independent

developers of renewable energy projects. With a development pipeline of over

17,000 megawatts globally it is currently operating and constructing solar and

wind farms across Ireland, South Africa, Chile and Canada.

    As Europe's leading independent offshore wind developer Mainstream is

developing just under 8GW of offshore wind projects in England, Scotland and

Germany with 4.45GW of secured grid connections for these offshore projects.

    The company has offices in Berlin, Cape Town, Chicago, Dublin, Glasgow,

Johannesburg, London, Santiago and Toronto.

    http://www.mainstreamrp.com

    For further information contact:

    Neart na Gaoithe

    Kirstin Stevenson / Callum Spreng

    Spreng & Co Ltd

    Tel: +44 (0)141 548 5191

    Mob: +44 (0)7803 970106 / +44 (0)7803 970103

    Email: Kirstin@sprengandco.com / Callum@sprengandco.com

    Mainstream Renewable Power

    Emmet Curley

    Head of Communications

    Mainstream Renewable Power

    Tel: +27 21 657 4071

    Mob : +27 60 564 6588

    SOURCE: Mainstream Renewable Power  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中