成人の90%は男性の骨粗しょう症リスクに無知

国際骨粗しょう症財団(IOF)

2014/10/20 16:06

成人の90%は男性の骨粗しょう症リスクに無知

AsiaNet 58190(1110)

【ニヨン(スイス)2014年10月20日】骨粗しょう症は痛みを伴う骨折、障害、早期の死につながる可能性があるのに、一般には無視され、通常の健康診断では医師から軽視され続けている。

国際骨粗しょう症財団(IOF)が世界骨粗しょう症デーに発表した新たな調査結果は、平均して質問された成人1万3258人のうち90%は骨粗しょう症による骨折が男性でどのくらい多いかについて知っていない。50歳以上の男性の5人に1人がこの病気にかかっており、データは骨粗しょう症は一般的で、深刻であり、生命を脅かす可能性があるにもかかわらず、いまだに広く過小評価され、軽視されている健康問題にとどまっている。12カ国の成人を対象に実施されたこの多国調査は、この無視が普遍的であり、性別や場所とは無関係であることを示している。

IOF会長のジョン・ケーニス教授は「そのリスクを知らないことによって男性は将来の苦痛、障害、おそらくは早期の死に対して備えがないままであるというのが悲しい現実である。問題は通常の健康診断では医師が患者の骨の健康に対応していないことによってさらに事態が悪化していることである」と語っている。この調査によると、健康診断を受けた50歳以上のグループの男性は、どのような形にせよ骨の健康の検査を受ける可能性が同年齢の女性より18%少ない。この違いは米国(31%)ブラジル(23%)ベルギー(23%)スペイン(22%)を含む一部の国ではさらに顕著である。

この調査は次のような事実を明らかにしている。

90%は男性の骨粗しょう症骨折がどれほど多いかを知らなかった-73%は男性の骨折リスクを過小評価し、さらに17%は「知らなかった」と答えた。

50歳以上(この病気にかかっている人が最も多い年齢グループ)の人の71%は男性の骨粗しょう症リスクを過小評価している。

すべての国の結果を平均すると、世界では男性のほぼ5人に1人が骨粗しょう症骨折に苦しんでいると正しく推定したのは、50歳以上では女性の10%に比べ男性ではわずか8%だった。英国がこの知識では最低レベルで、正しく答えたのは3%にすぎず、続いてベルギー(6%)ヨルダン(6%)米国(7%)スペイン(8%)アラブ首長国連邦(UAE)(8%)インド(9%)ブラジル(11%)オーストラリア(12%)南アフリカ(14%)メキシコ(18%)中国(20%)の順だった。骨粗しょう症の負担については国別、地域別の違いはあるが、調査が行われた国の大半でリスクが広く過小評価されていることを指摘しなければならない。

通常の健康診断のために医師を訪れた50歳以上の男性回答者の平均53%は健康診断で、骨の健康について尋ねられる、骨粗しょう症のリスク要因について話し合う、骨折経験があるかどうか質問される、骨密度検査について話すなど、骨の評価についてはいかなる形でも話されたことはないと語っている。これに比べ50歳以上の女性ではこの数字は35%だった。

▽調査について

すべての数字は特別の指摘がないかない限りYouGov Plcからのものである。実際の調査は2014年7月に次の各国(カッコ内はサンプル数)で実施された(注)。

オーストラリア(1000)、ベルギー(1000)、ブラジル(1001)、中国(1031)、インド(1045)、ヨルダン(1001)、メキシコ(1032)、南アフリカ(502)、スペイン(1029)、UAE(1026)、英国(2424)、米国(1167)

数字は加重平均され、それぞれの国のすべての成人(18歳以上)を代表している。

(注)調査のファクトシート: http://www.worldosteoporosisday.org/press-centre

世界骨粗しょう症デーは毎年10月20日に行われ、年間キャンペーンを示す。

http://www.worldosteoporosisday.org

世界骨粗しょう症デーはAmgen、UCB、Fonterra、Lilly、MSD、Pfizer Consumer Healthcareからの無制限の教育資金提供によって世界的にサポートされている。

▽国際骨粗しょう症財団(International Osteoporosis Foundation)(IOF)について

IOFは骨粗しょう症とこれに関連する筋骨格疾患の予防、診断、治療に専念する世界最大のNGO(非政府組織)である。

http://www.iofbonehealth.org

▽メディア問い合わせ先

Charanjit K. Jagait,

IOF

Phone +41-79-874-52-08

cjagait@iofbonehealth.org

ソース:The International Osteoporosis Foundation (IOF)

Survey Shows 90% of Adults Unaware of Men's Risk for Osteoporosis

PR58190

NYON, Switzerland, Oct. 20, /PRN=KYODO JBN/ --

Osteoporosis can lead to painful fractures, disability and early death, but

continues to be ignored by the general public and neglected by doctors during

routine physical check-ups

New survey findings released on World Osteoporosis Day by the International

Osteoporosis Foundation (IOF), show that on average, 90% of 13,258 adults

questioned are unaware of how common osteoporotic fractures are in men. With

one in five men aged 50 years or over affected, the data confirm that although

common, serious and potentially life-threatening, osteoporosis remains a vastly

underestimated and neglected health issue. The multi-national survey, carried

out in adults from 12 countries showed that this ignorance was universal and

independent of gender or geography.

Prof. John Kanis, President, IOF, said: "The sad reality is that by not knowing

their risk, men are leaving themselves vulnerable to a future of pain,

disability and possibly early death. The problem is being further exacerbated

by doctors not addressing the bone health of their patients during routine

check-ups." According to the survey, men in the 50+ age group who had had a

check-up were 18% less likely than women of the same age to have any form of

bone health assessment. This difference was even more pronounced in certain

countries, including USA (31%), Brazil (30%), Belgium (23%) and Spain (22%).

The survey revealed that:

90% were unaware of how common osteoporotic fractures are in men: 73%

underestimated the risk of fracture in men and a further 17% said they "didn't

know".

71% of those aged 50+ (the population group most affected by the disease)

underestimated the risk of osteoporosis in men.

Only 8% of men, compared to 10% of women, aged 50+ correctly estimated that

osteoporotic fractures affect approximately one in five men worldwide - when

the results of all countries were averaged. UK had the lowest level of

awareness with only 3% answering correctly, followed by Belgium (6%), Jordan

(6%), USA (7%), Spain (8%), UAE (8%), India (9%), Brazil (11%), Australia

(12%), South Africa (14%), Mexico (18%), and China (20%). It must be noted that

although there are national and regional variations in the osteoporosis burden,

the majority of those surveyed vastly underestimated risk.     

An average of 53% of male respondents aged 50+ who had visited a doctor for a

routine physical check-up said that they had never had any form of bone

assessment during a check-up, including: been asked about bone health; had risk

factors for osteoporosis discussed; questioned if they had previously broken a

bone; or had been referred for a bone mineral density test. This compares to

35% of women aged 50+.

About the survey

All figures, unless otherwise stated, are from YouGov Plc. Fieldwork was

carried out online in July 2014* in the following countries/sample sizes:

Australia (1000), Belgium (1000), Brazil (1001), China (1031), India (1045),

Jordan (1001), Mexico (1032), South Africa (502), Spain (1029), United Arab

Emirates (1026), United Kingdom (2424), USA (1167). Figures have been weighted

and are representative of all adults (aged 18+) in the respective country.

*Survey fact sheet: http://www.worldosteoporosisday.org/press-centre

World Osteoporosis Day, observed annually on 20 October, marks a year-long

campaign http://www.worldosteoporosisday.org

World Osteoporosis Day is supported globally by unrestricted educational grants

from Amgen, UCB, Fonterra, Lilly, MSD, Pfizer Consumer Healthcare

About International Osteoporosis Foundation (IOF)  

IOF is the world's largest NGO dedicated to the prevention, diagnosis and

treatment of osteoporosis and related musculoskeletal diseases.

http://www.iofbonehealth.org

Media contact

Charanjit K. Jagait, IOF

Phone +41-79-874-52-08, cjagait@iofbonehealth.org

Source: The International Osteoporosis Foundation (IOF)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中