マイクロソフトは業界向けの完結したクラウドを提供

マイクロソフト

2014/10/21 13:55

マイクロソフトは業界向けの完結したクラウドを提供

AsiaNet 58312 (1158)

【サンフランシスコ2014年10月21日PRN=共同通信JBN】

*Azureの強化、クラウド・アプライアンスと業界パートナー、スタートアップとエンタープライズの顧客が容易につながることができるマーケットプレースを発表

マイクロソフト社(Microsoft Corp.)のサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は20日、サンフランシスコで開かれたイベントで、マイクロソフトがMicrosoft Azure、Office 365、Microsoft Dynamicsを使って、あらゆる業務、あらゆる業界、あらゆる地域に向けて、業界の中で最も完結したクラウドを提供していることを説明した。マイクロソフトはこのコミットメントをさらに推進するため、同社のハイパースケールでエンタープライズグレードかつハイブリッドクラウドのプラットフォーム強化を発表した。その中には、最新のAzure G-seriesのバーチャルマシンとPremium Storage、Dell技術を導入したMicrosoft Cloud Platform Systemの一般提供、Cloudera Inc.とCoreOSとのパートナーシップ、新設のAzure Marketplaceなどが含まれる。

 Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

ナデラCEOは「今日および将来のエンタープライズは、信頼できスケーラブルで柔軟なクラウドプラットフォームを求めている。フォーチュン500社の80%以上がマイクロソフトのクラウドを使用しており、われわれはあらゆる業務、あらゆる業界、あらゆる地域に向けて、業界で最も完結したクラウドを提供している」と語った。

▽ハイパースケール、エンタープライズグレード、ハイブリッドなクラウドインフラストラクチャー

クラウドコンピューティングに対する世界的な需要は急増し続けており、マイクロソフトはこの需要に応えるために投資している。同社は20日、Azureの世界拡大の最新のマイルストーンを発表し、オーストラリア地域で来週からAzureの一般提供を開始する。Microsoft Azureは2014年末までに世界の19地域で稼働し、その他のパブリッククラウド・プロバイダーよりも2倍の数の地域で展開する。

マイクロソフトは、Microsoft AzureのG-seriesバーチャルマシンとプレミアム・ストレージも発表した。G-seriesは最新のIntel Xeonプロセッサーを搭載し、現時点ではパブリッククラウドで利用可能な最大のバーチャルマシンであり、Azure Premium Storageはバーチャルマシンごとに優れたパフォーマンスを提供する。G-seriesとAzure Premium Storageが組み合わさり、エンタープライズやデベロッパーがクラウドで最も厳しいワークロードを実行するために必要とするエンタープライズグレード・スケールおよびパフォーマンスを提供する。

エンタープライズはクラウドコンピューティングの導入を加速しており、セキュリティー強化されたスケーラブルで信頼ができるハイブリッドクラウド・ソリューションが増えている。Dellの技術を搭載したMicrosoft Cloud Platform System(CPS)はAzure、Windows Server、Microsoft System Centerを一体化し、「Azure-consistent cloud in a box」を提供する。Dellがハードウエアを事前組み立てし、マイクロソフトがソフトウエアをプリインストールしたCPSは、業務用アプライアンスをコントロールすることによってAzureのラーニングを顧客およびパートナーに提供する。CPSは11月3日から購入可能となる。

▽エンタープライズ+スタートアップ・ISV=加速されたクラウド導入とイノベーション

Azureの売り上げはスタートアップおよびISVが40%を占めており、新設のAzure Marketplaceはこの重要なエコシステムをあらゆる場所のエンタープライズ顧客と結び付ける。Azureの顧客は2、3回クリックするだけで、好みのオペレーティングシステム、サービス、アプリケーションを検索し展開することが可能となる。新規のパートナー2社が20日、Azure Marketplaceに参加しているDocker Inc.(http://news.microsoft.com /2014/ 10/15/dockerpr/ )、オラクル、その他数百社に加わった。

 *エンタープライズ分析およびデータ管理のリーダーのClouderaは2014年末までにAzure認定される。これによって、Cloudera Enterpriseの展開、Microsoft Power BIへの接続、新たな知見の発見が分単位で素早く容易に実現できる。

 *人気のあるコンテナ・ベースのLinuxオペレーティングシステムCoreOSは、すべてのAzureの顧客が利用可能である。顧客は20日から、CoreOSイメージをAzure Marketplaceから直接展開することが可能である。これによって、マイクロソフトはAzure上でのLinuxに対する優れたサポートを拡大する。

マイクロソフトのクラウド&エンタープライズグループのエグゼクティブ・バイスプレジデントあるスコット・ガスリー氏は「当社のエコシステムは当社のクラウドプラットフォームのバックボーンであり、当社はオープンソース技術を当社の中核部分に取り込んでいる。選択肢や柔軟性を備えるオープンプラットフォームの開発を支援することによって、われわれは今日および将来のエンタープライズおよびデベロッパーがモバイルファーストおよびクラウドファーストの世界で互いにコネクトし、新たなビジネスチャンスを生み出すことを実現する」と語った。

1975年に設立されたマイクロソフト(Nasdaq:MSFT)は、ソフトウエア、サービスおよびソリューションにおける世界的なリーダーであり、人々や企業が最大の可能性を引き出すためのサポートを行っている。

ソース:Microsoft Corp.

▽問い合わせ先

Rapid Response Team, Waggener Edstrom Communications,

+1-503-443-7070,rrt@waggeneredstrom.com;

(編集者注)

マイクロソフトの詳しい情報、ニュース、展望はMicrosoft News Center(http://www.microsoft.com/news )を参照。ウェブリンク、電話番号、タイトルは公表時点で正しいものだが、変わる可能性がある。さらにアシスタンスが必要な場合、ジャーナリスト、アナリストはマイクロソフトの Rapid Response Teamもしくはhttp://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx 記載の該当連絡先に問い合わせできる。

Microsoft Delivers the Industry's Complete Cloud

PR58312

SAN FRANCISCO, Oct. 21, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Announces several Azure enhancements, cloud appliance and industry

partnerships, and a marketplace to easily connect startups and enterprise

customers.

    Monday, at an event in San Francisco, Microsoft Corp. CEO Satya Nadella

outlined how Microsoft is using Microsoft Azure, Office 365 and Microsoft  

Dynamics to deliver the industry's most complete cloud - for every business,

every industry and every geography. Furthering this commitment, Microsoft

announced several enhancements to its hyper-scale, enterprise-grade, hybrid

cloud platform, including the new Azure G-series of virtual machines and

Premium Storage; the general availability of the Microsoft Cloud Platform

System, powered by Dell; partnerships with Cloudera Inc. and CoreOS; and a new

Azure Marketplace.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20000822/MSFTLOGO

    "The enterprises of today and tomorrow demand a cloud platform that is

reliable, scalable and flexible," Nadella said. "With more than 80 percent of

the Fortune 500 on the Microsoft cloud, we are delivering the industry's most

complete cloud - for every business, every industry and every geography."

    A hyper-scale, enterprise-grade and hybrid cloud infrastructure

    Worldwide demand for cloud computing continues to accelerate, and Microsoft

is investing to meet this demand. Monday the company announced the latest

milestone in the global expansion of Azure, with general availability of Azure

in the Australia region next week. By the end of 2014, Microsoft Azure will be

operational in 19 regions around the world - at least double the number of any

other public cloud provider.

    Microsoft also announced the G-series of virtual machines and premium

storage for Microsoft Azure. Powered by the latest Intel Xeon processors, the

G-series will be the largest virtual machines available in the public cloud to

date, while Azure Premium Storage will provide incredible performance per

virtual machine. Together they will deliver the enterprise-grade scale and

performance that enterprises and developers need to run the most demanding

workloads in the cloud.

    As enterprises accelerate their adoption of cloud computing, the demand for

security enhanced, scalable and reliable hybrid cloud solutions is on the rise.

The Microsoft Cloud Platform System (CPS), powered by Dell, brings together

Azure, Windows Server and Microsoft System Center to deliver an

"Azure-consistent cloud in a box." With pre-integrated hardware from Dell and

software from Microsoft, CPS delivers learnings from Azure to customers and

partners with the control of an on-premises appliance. CPS will be available

for purchase on Nov. 3.

    Enterprise + startups and ISVs = accelerated cloud adoption and innovation

    With more than 40 percent of Azure revenue coming from startups and ISVs,

the new Azure Marketplace will connect this important ecosystem with enterprise

customers everywhere. Now Azure customers will be able to search for and deploy

their favorite operating system, service or application with just a couple of

clicks. Monday, two new partners join Docker Inc. (http://news.microsoft.com

/2014/ 10/15/dockerpr/), Oracle and hundreds of others in the Azure Marketplace:

    -- Cloudera, a leader in enterprise analytics and data management, will be

Azure certified by the end of 2014. This will provide a quick and easy way to

deploy Cloudera Enterprise, connect to Microsoft Power BI and discover new

insights, in minutes.

    -- CoreOS, the popular container-based Linux operating system, is now

available to all Azure customers. Customers can deploy CoreOS images directly

from the Azure Marketplace starting Monday. This broadens Microsoft's

first-class support for Linux on Azure.

    "Our ecosystem is the backbone of our cloud platform, and our embrace of

open source technologies is at the heart," said Scott Guthrie, executive vice

president of Cloud and Enterprise at Microsoft. "By helping to create an open

platform powered by choice and flexibility, we are enabling the enterprises and

developers of today and tomorrow to connect with each other and create new

business opportunities in the mobile-first, cloud-first world."

    Founded in 1975, Microsoft (Nasdaq "MSFT") is the worldwide leader in

software, services, devices and solutions that help people and businesses

realize their full potential.

    SOURCE: Microsoft Corp.

    CONTACT:

    Rapid Response Team, Waggener Edstrom Communications,

    +1-503-443-7070,

    rrt@waggeneredstrom.com;

    NOTE TO EDITORS: For more information, news and perspectives from

Microsoft, please visit the Microsoft News Center at

http://www.microsoft.com/news. Web links, telephone numbers and titles were

correct at time of publication, but may have changed. For additional

assistance, journalists and analysts may contact Microsoft's Rapid Response

Team or other appropriate contacts listed at

http://www.microsoft.com/news/contactpr.mspx.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中