高真空拡散接合 ―インダストリアル・システムへの第一歩 が始まる

PVA TePla AG

2014/10/27 10:16

AsiaNet 58362

PVA TePla AG

Im Westpark 10-12

35435 Wettenberg

Deutschland

ニュースリリース

ヴェッテンベルク、2014年10月27日

高真空拡散接合 ―インダストリアル・システムへの第一歩 が始まる

・柔軟で自動化されたプロセス制御と製品専用の積載装置により、シリーズ製造を高度に効率化

・最大化されたコンポーネントサイズ/バッチサイズでプロセスの均一性と正確性の両方を実現

・チタンなどの非常に反応しやすい材料に適合

・充填材不要、加熱よる着色なし

PVA TePla AG(本社:ドイツのヴェッテンベルク)は、インダストリアル・システムのために特に設計された高真空拡散結合設備(「MOV 743 HP」)を販売します。 この高真空設備は、プロセス品質、確実性、コンポーネントサイズ/バッチサイズ最大化が特徴です。

http://photos.prnewswire.com/prnh/20141027/713019

拡散結合の利点

油圧押出装置により、接合される部品の接合面が強い力で互いに押されることでぴったり接合されます。材料によっては最大1200℃にまでの加熱によりによって、接合プロセスに必要な固相拡散が起こります。その後、ほぼ非多孔質の材料結合が発生し、最大の機械的、熱的、技術的に耐腐食性を備えた製品要求に応えます。この拡散接合の主要な特徴は、充填材を使用しない為接合部に異質な合金成分がなく、それにより最適なデザインでベース材料に同等な特性を有するということです。接合プロセスにおいて溶融状態がないことにより、高度に正確で輪郭のきれいな精密部品の溶接が実現できます。これについて、拡散接合が適した例として、接合の継ぎ目近くが最も細かなチャネル構造が特徴であるマイクロ冷却器やマイクロ原子炉があります。

新設備の性能特性

オプションのエネルギー制御や工程制御を使用すれば、新しい設備で産業顧客は、プロセスを最適に調整し、成形ダメージとそれによる不要な欠陥品を防ぐことができます。このため、総保有コスト(TCO)が改善され、プロセス開発の加速が確実になります。900mm x 1000mmのサイズのプレートがPVA TePlaが持つ技術によって様々な押出金型で均一に押し出できます。これにより、押出工程での最適な均一性が実現します。コンスタントで変動する加力がプロセス工程で柔軟にプログラム可能です。最大400tの押圧により、プロセス化される部品サイズおよび材料要求において高い変動性が提供されます。さらには統合されたスピード冷却により最短プロセス時間での実施を保証します。

高真空の設備設計により、加工材料を考慮した、幅広い様々な使用が可能です。特にこの設備は、チタンやチタン合金などの非常に反応しやすい材料の接合にも適しています。処理された部品は外観に優れ、通常、追加作業を行う必要がありません。

加熱押出について詳しくは、以下のリンクでPVA TePlaのホームページをご覧ください。

Diffusion Bonding(拡散結合)(http://www.pvatepla.com/en/products/vacuum-furnaces/pva/vacuum-heat-treatment/hotpress

この設備を設置することでPVA TePlaは、最大押圧250tで300mm x 300mmおよび600mm x 800mmサイズのプレートを用いた通常設備の従来の構成を拡張できます。

プロセス開発の提携

PVA TePlaでは、将来有望なこの技術において、顧客と共同でプロセスを評価し、場合によっては子会社のPVA Lot- und Werkstofftechnik GmbHがその後の製造部門に参加します。そのほかにも開発パートナーとして接合技術のGunter-Kohler-Institutや、この技術で世界をリードするイエーナにあるWerkstoffprufung GmbH(ifw)もお客様のお役に立ちます。

PVA TePlaでプロダクトマネージャを務めるホルスト・ギュンター・レンクは次のように説明しています。「MOV 743 HP加熱押出装置があれば、拡散接合が研究開発から産業製造まで可能です。使用スペース、均一な押圧、高真空および制御柔軟性の理想的な組み合わせで、産業製造プロセスでまさしく納得の導入と言える品質および製品性能の優れた拡散接合を実現します。例えば、高圧のかかる構成要素を扱う航空学や宇宙航空学、また高腐食性の媒体を扱う化学産業において、有望な部門であると見ています。この1年以内での販売実績が、産業製造での拡散接合の重要性が確実に増大していることを証明しています。」

詳しくは下記までお問い合わせください。

北川 信介

セールス・マーケトティーム アジア

K.K.Witek

+81(0)80 1041 4823

shinsuke.kitagawa@gmail.com

High-vacuum Diffusion Bonding - Introduction Into Industrial Series Application is Being Prepared

PR58362

WETTENBERG, Germany, Oct. 27 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Highly efficient series production through flexible and automated process

control as well as product-specific loading facilities

    - Process homogeneity and accuracy paired with maximised component / batch

size

    - Suitable for materials that are extremely sensitive to reactions, such as

titanium

    - No filler materials, no post-processing of the components required

    PVA TePla AG, Wettenberg, Germany, is launching a high-vacuum diffusion

bonding installation ("MOV 743 HP") designed for series applications. The

high-vacuum system is designed for process quality, reliability and a maximised

component and batch size.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141027/713019 )

    Benefits of diffusion bonding

    By means of a hydraulic pressing device, the joining areas of the component

to be joined are pressed against each other powerfully, therefore bringing them

in close contact. By solid-state diffusion a virtually pore-free composite

material emerges which meets highest mechanical, thermal and corrosion

technical requirements. A key feature of diffusion bonding is that usually no

filler material is used so that the joint does not have any foreign alloy

components and therefore has properties similar to base materials when properly

executed. Due to the absence of a molten phase in the joining process, highly

accurate and exact contour bonding of precision components can also be

guaranteed. Examples of the preferred application of the diffusion bonding in

this context are micro-coolers and/or micro-reactors that are characterised by

extremely fine channel structures near the joint.

    Performance features of the new installation

    Due to an optional force or displacement control, the new installation

allows industrial customers to optimally adapt the process and to counteract

deformation damage and therefore unnecessary rejects. This ensures an improved

total cost of ownership (TCO) and accelerated process development. The pressing

plates are 900 mm x 1000 mm in dimension and are homogeneously actuated via

several pressing stamps by means of proprietary technology from PVA TePla. This

ensures an optimised homogeneity in the distribution of the press force. A

constant and oscillating force application can be flexibly programmed in the

process sequence. Up to 400 tonnes of press force offers the user a high degree

of variability in the component sizes to be processed and the material

requirements. Furthermore, integrated rapid cooling ensures the shortest

process times.

    The design of the system for high vacuum also allows for a broad

application range with regard to the materials to be processed. In particular,

the installation is also suitable for joining materials that are extremely

sensitive to reactions, such as titanium and titanium-containing alloys. The

processed components have an excellent visual appearance and usually do not

need to be subjected to further post-processing.

    More details about the hot presses can be found on the homepage of PVA

TePla at the following link:

    Diffusion Bonding

[http://www.pvatepla.com/en/products/vacuum-furnaces/pva/vacuum-heat-treatment/h

otpress ]

    With this installation, PVA TePla expands their previous series, which

contains standard equipment with pressure plate sizes from 300 mm x 300 mm and

600 mm x 800 mm with press forces up to 250 tonnes.

    Co-operation in process development

    PVA TePla also provides the option of evaluating processes in this

promising technology together with their customers and possibly to add

subsequent series production in the subsidiary PVA Lot- und Werkstofftechnik

GmbH. As another development partner, the Gunter-Kohler Institute for Joining

Technology and Materials Testing GmbH (ifw) in Jena, Germany, which is a

leading body in this field of technology, supports PVA TePla.

    Horst-Gunter Leng, Product Manager at PVA TePla, says: "With the MOV 743 HP

hot presses, we are transferring diffusion bonding from the R&D sector to

industrial production. The ideal combination of usable space, press force

homogeneity, high vacuum and control flexibility puts diffusion bonding in a

quality and productivity range that makes an introduction into industrial

manufacturing processes almost mandatory. We see promising industries, for

example, in the field of highly stressed components in aerospace as well as

apparatuses for highly corrosive media in the chemical industry. The sale of

several installations in the last twelve months proves that the importance of

diffusion bonding is steadily growing in industrial production."

    You can obtain more information from:

    Horst-Gunter Leng

    Product manager

    PVA TePla AG

    Tel: +49(0)641/68690-145

    horst.leng@pvatepla.com

    http://www.pvatepla.com

    SOURCE: PVA TePla AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中