インターラッシュ、アストンマーティン・レーシングファン待望 上海6時間耐久レース間近!

インターラッシュ

2014/11/4 12:20

インターラッシュ、アストンマーティン・レーシングファン待望  上海6時間耐久レース間近!

AsiaNet 58478

ニュースリリース- 即時発表

インターラッシュ、アストンマーティン・レーシングファン待望

上海6時間耐久レース間近!

米国カリフォルニア州アーバイン(2014年10月31日)  世界を転戦する2014年FIA世界耐久選手権(WEC)は終盤を迎え、いよいよ第6戦上海6時間耐久レースが11月2日に開催されます。昨年度の上海戦にて3つのトロフィー獲得という快挙を成し遂げたアストンマーティン・レーシングは、今年も同地での活躍が期待され、世界中のレースファンから熱い注目を浴びています。

インターラッシュ(Interush, Inc.)がスポンサーを務める99番アストンマーティンV8ヴァンテージGTEのハンドルを握るのは、今シリーズでお馴染みとなったダリル・オーヤン、アレックス・マクドウェル、フェルナンド・リーズの3人。何千人ものインターラッシュおよびアストンマーティン・ファンが応援に駆け付け、インターラッシュ専用の応援席から99番カーへ熱い声援を送ることになっています。

3人のドライバーは、富士6時間耐久レースにて力強い走りを見せてキャリア初の表彰台獲得を果たしたばかり。上海でもその勢いを保ち、全力を尽くして戦いに挑む意欲に満ちています。舞台となる上海インターナショナルサーキットでの見どころは、オーバーテイクのポイントとなるヘアピンコーナーです。高度なドライビング技術が問われ、ドライバーたちにとってもエキサイティングなコースとなります。

2013年上海6時間耐久レースは観客動員数約3万人を記録しましたが、今年はモータースポーツへの人気の高まりが相まって、昨年以上の動員数が期待されます。さらに本レースをテレビ観戦する中国、香港、台湾、日本人視聴者は数百万人が予想され、また99番インターラッシュカーとアストンマーティン・チームを応援するためサーキットのスタンドに集結するアフィリエイトは少なくとも2000人に上るであろうと見込まれています。

インターラッシュCEOマーティ・マシューズは次のようにコメントしています。「インターラッシュは、技術、チームワーク、そしてドライバー1人1人のパフォーマンスの集大成が披露されるこのイベントにおいて、チームをサポートできることを光栄に思います。私たちはアフィリエイトと一丸となって成功を目指して全力を尽くすという点においてレースチームと同じですので、皆さんにはレースをお楽しみいただけると思います。」

レースの最新情報にアクセスしたいというレースファンの方々には、FIA世界耐久選手権のアプリ(http://www.fiawec.com/app.html )をお勧めいたします。このアプリはスマートフォンならびにアンドロイドに対応しており、ダウンロードは無料です。また、Interush RacingのFacebookページ(https://www.facebook.com/interushracingJP )でもレースの最新情報を皆さまにお届けします。

インターラッシュがスポンサーを務めるレースについての詳細は http://www.interushracing.com をご覧ください。

インターラッシュについての詳細

http://www.interush.com をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

Interush and Aston Martin Racing Fans Look Forward to the 6 Hours of Shanghai Race

PR58478

IRVINE, Calif., Nov. 4, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

   This year's FIA World Endurance Championship Series (WEC) has now passed its

midway point, with the upcoming 6 Hours of Shanghai Race on November 2nd

marking the sixth race of the series. Remembering the excitement of the Aston

Martin team dominating the Shanghai race last year with their three trophy

wins, international racecar fans across the globe are getting ready for this

exciting event in China.

   Drivers Darryl O'Young, Alex MacDowall and Fernando Rees will share the

racing in the Interush #99 Aston Martin V8 Vantage GTE. Thousands of Interush

and Aston Martin race enthusiasts will be in attendance to cheer them on,

rooting for #99 from the Interush-designated fan section.

   The talented drivers are very eager get back into #99 after the last 6-hour

endurance race in Fuji, Japan, as they display their skills on the infamous

hairpin turn that makes up part of the Shanghai International Circuit race

track.  The drivers claimed their first podium victory of the FIA WEC in Fuji,

and are looking forward to another strong performance in Shanghai.

   Last year, the 6 Hours of Shanghai Race drew crowds of nearly 30,000 who

came to experience the event live and as the sport rises in popularity, many

more are expected to show this November. Millions of television viewers in

China, Hong Kong, Taiwan and Japan are also expected to watch the

championships. Interush expects at least 2,000 Affiliates to join and cheer for

the #99 Interush entry and all of the Aston Martin racecars from their special

fan section.

   "Interush is pleased to support this exciting display of technology,

teamwork and individual performances," said Martin Matthews, Interush CEO.

"These are the same attributes that drive our own Affiliates and company to

achieve great success!"

   Race fans are encouraged to download the free FIA WEC apps on their

smartphones for all of the latest stats and news at:

http://www.fiawec.com/app.html. Fans can also follow the Interush Racing

Facebook page at: https://www.facebook.com/Interushracing.

   For more information on Interush-sponsored racing events, please visit:

http://www.interushracing.com. For further information on Interush, go to:

http://www.interush.com.

   SOURCE: Interush

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中