3D 16nm FinFET ASIC搭載MSEMでブロックチェーンを拡大 Bitcoin Brothersが導入

Bitcoin Brothers GmbH & Co KG

2014/11/4 14:15

3D 16nm FinFET ASIC搭載MSEMでブロックチェーンを拡大 Bitcoin Brothersが導入

AsiaNet 58471 (1211)

【ベルリン2014年11月3日PRN=共同通信JBN】

*ビットコイン・マイニング・スーパーコンピューター

ULRリンク:http://bitcoinbrothers.de/press/pr20141103

Bitcoin Brothersは、収益性が高いビットコイン・クラウドマイニングおよびブロックチェーン・トランザクションの次世代コンピューティング・プラットフォームとしてMassive Super-Efficient Machines(MSEM)を採用する。それぞれが6ペタハッシュ以上で稼働するこのスーパーコンピューターはBitcoin Brothersが独自設計した初の3D 16nm FinFET ASICに基づいて構築される。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-a

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-b

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-c

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-d

ベルリンを本拠とするBitcoin Brothersのマイク・ウェレ最高経営責任者(CEO)は「当社は多数のスーパーコンピューターを展開することによって、スタンドアローンのブリックボックス型マイニングハードウエアに取って代わる真の第2世代を提供する。マイナーは、耐用年数が限定されたスローなメガハッシュおよびテラハッシュ・デバイスに前払いして所有し、それを稼働させることにうんざりしている。マイナーはこうしたデバイスに前払いしたあと、そのデバイスの耐用年数以内に金額相当の利益を受け取れないかもしれないし、全く受け取ることができないか、オペレーションに臨んでデバイスが仕様を満たしていないことが分かる可能性もある。こうした第1世代のツールや代替の選択肢がないことに対する失望がビットコインの価値を低めている」と語った。

*マイニングハードウエアを購入して稼働させる一切のリスクはない

*使用した分だけを支払う柔軟で安価なクラウドマイニングを提供

*ギガハッシュ、テラハッシュ、ペタハッシュのいずれの容量でもリース可能

*マイナーはオペレーションの完全な論理制御とpool(採掘場)選択権を保持する

*各スーパーコンピューターは第1世代のスタンドアローン・ブリック型5000台相当の能力がある

*マーチャントおよびコンシューマーの採用によって予測されるトラフィックのブロックチェーン拡大

MSEMスーパーコンピューターは規模の経済の全側面を収穫する。Bitcoin Brothersの最高執行責任者(COO)兼共同創設者であるマーク・ウェレ氏は「われわれは当初から大規模な拡大を予測してすべてのハードウエアおよびビジネス戦略を構築した。廉価なマシン製造、展開、持続的なオペレーションのすべては当社の顧客が収益を上げられるように準備されており、競合する他の製品すべての費用の10分の1である当社のMSEMは、ビットコイン・マイニングが今後2年間で提供する20億ドルの市場機会があるマイニングをあらためて魅力あるものにする」と語った。

マーク・ウェレ氏は「2015年第1四半期に300から400のペタハッシュを市場に素早く投入し、そこで当社のプレゼンスを増すことによって、われわれは限られた時間でマイニングやブロックチェーンの新たな基準を達成するため、その困難性の水準を3倍にも4倍にも設定するものの、その結果として、われわれはインターネット・オブ・シングス認証、ブロックチェーンのトランザクションを含め、あらゆる人々が恩恵を受けることができるブロックチェーン・オペレーションの新たな商品レベルを提供する」と語った。

同社はステルスモードから脱却する。MSEMは画期的なハードウエアに基づいている。Bitcoin Brothersのトマス・J・アッカーマン最高技術責任者(CTO)は「当社のスーパーコンピューターがどのように作られているかは顧客にとってほとんど意味がない。しかし当然ながら、大きな好奇心をもたれることは理解している。当社独自の工業ASICデザインは極めて柔軟性がある」と語った。

*各6ペタハッシュMSEMは、同社独自の256Kの16nm FinFET Plus 3D ASICを内蔵する

*ビットコインの世界で最初の16nm ASIC:コンピューティング能力と低電力消費の両面で14nmチップを上回る

*Meta-MSEMまでのスケールアップ。単独のコンソールから1.5エクサハッシュをコントロールする

アッカーマンCTOは「当社のマシンを詳細に検証すると、SHA256整数計算は浮動小数点オペレーションと比べるのは困難ではあるが、通常のLINPACK RpeakやRmaxベンチマークでは、当社のMSEMは世界最速のスーパーコンピューターよりもパフォーマンスが優れている。ハッシャーゲートとコアを比べるならば、MSEMはPetaFLOPリスト1位の「天河-2」の310万コアよりも2倍の数を誇る。さらに当社のMSEMは、わずかな費用、設置面積、「天河-2」の電力消費18メガワットの20分の1で稼働する。ジョブスケジューリング用のquasi-opportunisticな大規模パラレルコンピューティング・モデルを搭載した当社のビットコイン・スパーコンピューターは、FLOPSやMIPSを超越した新たなエクサスケール・クラスを樹立する」と述べた。

Bitcoin Brothersスーパーコンピューターの実力は、ブロックチェーンの新しい効率レベルを提供するだけでなく、世界最速コンピューターよりもはるかに強力であり、暗号通貨市場をブルートフォース・ハッキング攻撃(総当たり攻撃)から守る。さらに当社は技術リーダーシップを継続し、ブロックチェーンで1エクサハッシュを展開するときまでに、これらのマシンは10nm ASICレベルで構築される見通しである。

▽Bitcoin Brothersについて

Bitcoin Brothers GmbH & Co KG(http://BitcoinBrothers.de )はビットコイン・クラウドマイニング向けのコンピューティング・サービスを提供し、2015年第1四半期から顧客はこのサービスをいかなる容量でもレンタルすることが可能となる。同社独自のASIC、ハードウエア、スーパーコンピューターに基づき、同社はビットコイン優先処理に向けたブロックチェーン認証、トランザクション・サービスに加え、インターネット・オブ・シングス用のその他アプリケーションも提供する。

Bitcoin Brothersは2013年にドイツ・ベルリンで創設され、金融機関、支払決済機関、マーチャント、小売など世界中の顧客ベースのほか、B2B、B2Cクラウドマイニング顧客に対しサービスを提供する。

▽問い合わせ先

Thomas J Ackermann, CTO and Public Relations

Press: +49-30-5557-9434

tjack@BitcoinBrothers.de

ソース:Bitcoin Brothers GmbH & Co KG

Massive Machines Based on 3D 16nm FinFET ASICs are set to Restore Bitcoin Value and Scale the Blockchain for the Future

PR58471

BERLIN, Nov. 3 /PRN=KYODO JBN/ --

- Bitcoin Mining Supercomputers

URL Link: http://bitcoinbrothers.de/press/pr20141103

Bitcoin Brothers introduces Massive Super-Efficient Machines (MSEM) as the

future computing platform of profitable Bitcoin Cloud Mining and blockchain

transactions. The supercomputers at over 6 petahash each are built on the first

3D 16nm FinFET ASICs designed by - and exclusive to - Bitcoin Brothers.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-a )

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-b )

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-c )

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20141103/713634-d )

"With the deployment of a large number of our supercomputers, we offer a true

2nd-generation alternative to stand-alone brick box mining hardware," says Maik

Welle, CEO of BitcoinBrothers in Berlin. "Miners are tired of the risk

pre-paying, owning, and operating slow mega- and terahash devices with a

limited use-life span, which they may not even receive in time - or at all -

after pre-paying for them, or find them out of specifications when in

operation. The disappointment in these 1st-gen tools and lack of alternative

choices currently depresses the Bitcoin value."

- No more risk of buying and operating mining hardware

- Offer pay-as-you-go flexible and inexpensive cloud mining

- Any amount of giga-, tera-, and petahashes to lease

- Miners retain full logical control of their operation and choice of pool

- Each supercomputer has the power of 5,000 stand-alone 1st-gen bricks

- Blockchain growth for the traffic expected with merchant and consumer adoption

MSEM supercomputers harvest all aspects of economies of scale. "From the

outset, we designed all hardware and business strategy to scale massively,"

says Mark Welle, Bitcoin Brothers COO and Co-Founder. "Low-cost machine

manufacturing, deployment, and ongoing operations are all laid out to benefit

our customers, so at one-tenth of the cost of all competing offers, our MSEMs

make mining attractive again for the $2 billion market opportunity Bitcoin

mining presents in the next two years."

Mark adds: "By pushing 300-400 petahash into the market quickly in Q1 2015, and

growing our presence from there, we triple or quadruple the difficulty for a

limited time, to achieve a new efficiency standard in mining and on the

blockchain - however, in the end, we provide a new commodity level of

blockchain operations to benefit everyone, including options to run

Internet-of-Things authentication and their transactions on the blockchain."

The company is coming out of stealth mode: MSEMs are based on revolutionary

hardware. "For our customers it is of little significance how our

supercomputers are built - but of course we realize there is great curiosity:

our proprietary industrial ASIC design is extremely flexible," answers Thomas J

Ackermann, CTO at BitcoinBrothers.

- Each 6-petahash MSEM contains 256,000 of our own 16nm FinFET Plus 3D ASICs

- First 16nm ASIC in the Bitcoin world: outperforms 14nm chips in both

computing power and low energy use

- Scales up to Meta-MSEMs, in which 1.5 exahash are controlled from a single

console

"To put our machines in perspective," says CTO Ackermann, "while SHA256 integer

calculations are hard to compare to floating point operations, on the common

LINPACK Rpeak and Rmax benchmarks each of our MSEMs outperform the world's

fastest supercomputers. If you compare hasher gates to cores, each MSEM has

double the number of the 3.1 million cores in Tianhe-2, the No 1 on the

PetaFLOP list: and comes at a fraction of the cost, the floor space and 1/20th

of its 18 MegaWatt power draw. Our Bitcoin supercomputers with a

quasi-opportunistic massively parallel computing model for job scheduling

establish a new exascale class - well beyond FLOPS and MIPS."

The raw power of Bitcoin Brothers supercomputers not only offers a new

efficiency level for the blockchain, but being so much more powerful than the

world's fastest computers, makes the entire cryptocurrency market safe against

brute-force hacking attacks. And continuing our technology leadership, by the

time we will have deployed 1 exahash on the blockchain, these machines will

likely be built on the 10nm ASIC level.

About Bitcoin Brothers

Bitcoin Brothers GmbH & Co KG (http://BitcoinBrothers.de) provides computing

services for Bitcoin Cloud Mining, which customers can rent in any quantity,

beginning in Q1 2015. Based on its own ASICs, hardware, and supercomputers, the

company also offers blockchain authentication and transaction services for

Bitcoin priority processing - and other applications, such as for the

Internet-of-Things.

Established in 2013 and based in Berlin, Germany, Bitcoin Brothers services a

global customer base consisting of financial institutions, payment processors,

merchants and retailers, as well as a multitude of B2B and B2C cloud mining

customers.

Contact:

Thomas J Ackermann, CTO and Public Relations

Press: +49-30-5557-9434

tjack@BitcoinBrothers.de

Source: Bitcoin Brothers GmbH & Co KG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中