ベルリンの壁崩壊25年 感動の物語

Berlin Partner fur Wirtschaft und Technologie

2014/11/5 10:50

ベルリンの壁崩壊25年 感動の物語

AsiaNet 58472(1208)

【ベルリン2014年11月5日PRN=共同通信JBN】ベルリンの壁崩壊から25周年を記念するマーケティングキャンペーンの一環として「25年-25の物語」をスローガンに、首都ベルリンの起業家を対象にした個人的体験談が募集され、180件の応募作からベスト25件が選ばれた。壁の崩壊がそれぞれの企業の事業展開にどんな影響を与えたのかがテーマ。ベルリン・パートナーのマネジングディレクター、メラニー・バール氏は「私たちの目的はすべての企業にそれぞれの顔を与え、それぞれの物語を公開することだった」と語った。

ベルリン・パートナーのマネジングディレクター、シュテファン・フランツカ氏は「壁の崩壊以降、ベルリンはダイナミックで革新的な大都会に発展し、世界中から才能のある人々を引きつけている」と語った。

物語の1つはGO!社のマネジングパートナー、ウォルフガング・M・ザッハー氏の体験談。「1989年11月10日の朝、ニューヨークのタイム誌から電話があり、同誌のカメラマンたちが前の晩に撮影したフィルムを翌月曜日に発行される最新号の表紙に使いたいので、ベルリンからニューヨークまで運べないか、と尋ねられた。そこから時間との競争が始まった」

東ドイツ時代、ペトラ・ホイヤー氏は20代半ばのシングルマザーで、ハバナ葉巻と自分で縫った衣類を売って暮らしを立てていた。壁崩壊のその日、人生の岐路に立たされた。「ベルリンの壁が崩壊してすべてがひっくり返った。わたしは安定した仕事に就くか、それとも自分で起業するか、直ちに選択を迫られた」。ホイヤー氏は現在、旧東ドイツ地域で女性がトップに立つ業界最大企業の経営者である。男性が支配的な世界でホイヤー氏がこのような展開をどのようにして実現できたか、詳しい物語は以下のサイトで読むことができる。

http://www.be.berlin.de/petra-hoyer

他企業の物語は以下のサイトを参照。

http://www.be.berlin.de/25stories

▽問い合わせ先

Annabell Noll

Spokeswoman

Tel +49-30-46302-599

annabell.noll@berlin-partner.de

ソース: Berlin Partner fur Wirtschaft und Technologie

Emotional Stories About the Fall of the Berlin Wall

PR58472

BERLIN, Nov. 05 /PRN=KYODO JBN/ --

    With the slogan "25 Years - 25 Stories" the capital's marketing campaign be

Berlin invited Berlin's entrepreneurs to tell their personal company story and

to explain how the fall of the Berlin Wall influenced the development of their

company. An editorial team selected the top 25 stories out of 180 submissions.

"Our goal was to put a face to all those companies and to introduce the stories

to the public," said Melanie Bahr, Managing Director of Berlin Partner.

    "Since the fall of the Berlin Wall, Berlin has developed into a dynamic and

innovative metropolis which attracts talents from all over the world,"

explained Dr. Stefan Franzke, Managing Director of Berlin Partner.

    One is the story of Wolfgang M. Sacher, Managing Partner of GO!. "The Time

Magazine in New York called me on the morning of November 10, 1989, and asked

if we could bring the rolls of film taken the night before by the magazine's

photographers from Berlin to New York - for the cover of the following Monday's

issue," said Sacher. Thus began a race against time.

    Back in the GDR era, Petra Hoyer secretly sold Havana cigars and self-made

fashion. Until the day the mid-twenty-year-old single mother faced the decision

of her life. "After the fall of the Berlin Wall, everything was turned

upside-down. I had to decide quickly whether I should take a secure job or go

into business myself," said Hoyer. Today her company is the largest of its kind

run by a woman in eastern Germany. How it turned to be like this and how Hoyer

was able to prevail in the sometimes harsh and male-dominated world can be read

here: http://www.be.berlin.de/petra-hoyer

    More company stories: http://www.be.berlin.de/25stories

    Contact details:

    Annabell Noll

    Spokeswoman

    Tel +49-30-46302-599

    annabell.noll@berlin-partner.de

    Source: Berlin Partner fur Wirtschaft und Technologie

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中