テラデータ、次世代分析パフォーマンスを強化

日本テラデータ

2014/11/7 11:19

テラデータ・コーポレーションは、メモリおよびCPUを新たに最適化することで分析のパフォーマンスとシステムの効率を向上させる先端エンジニアリングが、Teradataデータベースに適用されることを発表しました。

2014年11月7日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、次世代分析パフォーマンスを強化

― 先端エンジニアリングがテラデータの洗練されたインメモリ能力を拡張し、効率性改善、コスト低減、分析の加速化を実現 ―

[2014年10月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの翻訳です]

 PARTNERS CONFERENCE & EXPO、米国テネシー州ナッシュビル発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、メモリおよびCPUを新たに最適化することで分析のパフォーマンスとシステムの効率を向上させる先端エンジニアリングが、Teradataデータベースに適用されることを発表しました。今回の機能強化により、インメモリ・コンピューティングに対するテラデータのアプローチが強化され、顧客企業は、シームレスかつ自動的にメモリへの投資から最大の利益を享受できるようになります。

 「テラデータは、よりスマートでよりシンプルな方法でメモリとCPUを活用し、パフォーマンスを実行できるよう、エンジニアリングに注力し続けています」とTeradata LabsのプレジデントであるScott Gnauは述べています。「特にビッグデータに関しては、課題に対してむやみに追加メモリを投入しても、収穫逓減に陥るだけです。テラデータの洗練されたアプローチは、適切なデータをメモリ内に自動的かつ効率的に配置し、コスト最適化で必要とされるパフォーマンスを引き出します」

 Teradata Database 15.10において、Teradata Intelligent Memoryは、メモリ帯域の負荷を軽減、CPUの効率性を向上、またディスクへのI/Oを削減し、システム全体の効率を改善することで、以下の機能が強化されます。

●クエリーのパイプライン処理と新たなインメモリ・テーブル構造  

パイプラインは、メモリから離れずに1つのクエリー・ステップの出力を次のクエリー・ステップの入力にフィードする、クエリー処理の革新的なアプローチです。これにより、不要なデータ移動が削減されるため、システムの効率とスループットが大幅に向上します。また、そのデータがメモリ内に保持されている間は、行パーティション・テーブルではなく列パーティション・テーブルとして格納されるため、使用されるメモリの容量とCPUによる消費速度が低下します。

●CPUの命令およびキャッシュの活用

新たなアルゴリズムは、Intelのベクトル命令とオンボード・キャッシュを活用し、演算を並列で適用します。これにより、CPUのスループットと効率性が向上し、メモリの内外へのデータ移動の量がさらに減少します。Teradataデータベースにおいては、CPUのパフォーマンスと効率をさらに向上させるために、追加のベクトル命令を特色とするIntelの新プロセッサHaswellの最適化も行なわれる予定です。

●新たなデータ温度測定方法

Teradata Virtual Storageは、戦術的ワークロードと戦略的ワークロードを区別することで、データアクセス頻度の測定に新たな重み付けを使用するようになりました。戦術的ワークロード(高優先度のビジネス・クエリーである場合が多い)は、戦略的ワークロードよりも速くデータの温度を上昇させます。使用頻度の高いホット・データは、より速くメモリ内に移動させられます。これにより、メモリ内のデータの優先度とビジネス上の優先度が整合されます。また、テラデータでは、論理I/O(メモリ内にあるデータの参照)もデータ温度に加算されるようにし、メモリ内に格納されるべきホット・データの精度を高めました。その結果、メモリ内に保持されているデータとビジネス上の必要性がさらに正確に同調し、分析パフォーマンスが向上します。

 これらTeradataデータベースの強化機能は、2015年上半期から提供される予定です。

以上

# # #

・日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース

http://jpn.teradata.jp/press/2014/20141107_1.html

・本プレスリリースの原文: Teradata News Room

http://www.teradata.com/News-Releases/2014/Teradata-Powers-Next-Generation-Analytic-Performance/

# # #

◆ Teradata Corporationについて

テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。

http://www.teradata.com/

◆ 日本テラデータについて

日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

http://www.teradata.jp/

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中