SupermicroはSTAC Summitで低レイテンシー、金融コンピューテーションの世界記録ベンチマーク樹立を発表

Super Micro Computer, Inc.

2014/11/14 17:42

SupermicroはSTAC Summitで低レイテンシー、金融コンピューテーションの世界記録ベンチマーク樹立を発表

AsiaNet 58649 (1281)

【ニューヨーク2014年11月14日PRN=共同通信JBN】

*最新のHyper-Speedおよび高密度パラレルプロセッシング・システムがSTAC-N1とSTAC-N2金融サービス技術ベンチマークの世界記録を達成

ハイパフォーマンス・高能率サーバー技術とストレージテクノロジー、グリーンコンピューティングのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ社、NASDAQ:SMCI)は、今週ニューヨークで開催されたSTAC Summitで、最新の高密度Intel(R)Xeon Phi(TM)コプロセッサー・ベースのSuperServer(R)を搭載したSupermicroの新しいUltraアーキテクチャーに基づく最新のエクストリームパフォーマンスの第3世代Hyper-Speedプラットフォームを初公開した。

1U SYS-1028UX-CR-LL1(http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll1.cfm )Hyper-Speed Ultra SuperServer(R)は、低レイテンシー/高頻度トレーディング・アプリケーション向けに最適化され、エンタープライズ・クラスのハードウエア・アクセラレーション、デュアルIntel(R)Xeon(R)プロセッサーE5-2643 v3、I/O柔軟性を搭載し、複数のフルサイズNIC、オプションのコプロセッサー・カードをサポートする。このソリューションは、Securities Technology Analysis Center(STAC(R))による独立テストの中の公的なSTAC-N1(TM)ベンチマークの基準メッセージレートで、平均レイテンシー、最大レイテンシー、ジッターの世界記録を達成した。このベンチマーク結果に関するSTAC Report(TM)は、ウェブサイトwww.STACresearch.com/SFC141110 から入手できる。SupermicroのHyper Speedソリューションのホワイトペーパーはウェブサイトwww.supermicro.com/Hyper-Speed_WP を参照。

1U高密度フォームファクターSYS-1028GR-TR(http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028gr-tr.cfm )はハイパフォーマンス・コンピューティング・アプリケーションに最適化され、最大3基のIntel(R)Xeon Phi(TM)コプロセッサーをサポートする。これはWindowsプラットフォームで、STAC-A2(TM)ベンチマーク(https://stacresearch.com/news/2014/10/30/stac-reports-stac-a2-supermicro-windows-and-linux-using-haswell-and-xeon-phi )世界記録を達成し、このソリューションが金融リスク計算時間を加速する能力があることを示した。ベンチマーク結果に関するSTAC Report(TM)は、ウェブサイトwww.STACresearch.com/INTC141023 で入手できる。

Supremicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「Supermicro Hyper-Speed UltraとIntel Xeon PhiコプロセッサーをベースにしたSuperServerは、クラス最高のパフォーマンスを達成するように最適化されており、STAC-N1とSTAC-N2のベンチマークで達成した世界記録は当社のシステム技術を実証する独立した結果である。パラレルプロセッシングのための低レイテンシーや最高密度を必要とするアプリケーションにとって、当社のグリーンコンピューティングIntel Xeon E5-2600 v3ベースのサーバーは、最高のエネルギー効率を伴うパフォーマンスを最大化するために厳密に最適化されている」と語った。

Intel Technical Computing GroupのMarketing and Industry Developmentディレクターであるヒューゴ・サレー氏は「SupermicroとIntelのコラボレーションは、Intel(R) Xeon(R)E5-2600 v3ファミリー・プロセッサーとIntel(R)Xeon Phi(TM)コプロセッサーに基づく、最適化された高密度フォームファクターのハイパフォーマンス・コンピューティングソリューションを使って、STAC-N1およびSTAC-N2ベンチマークのパフォーマンスで新たな業界基準を打ち立てた。金融サービス・デベロッパーはオープンスタンダードに準拠したプログラミング技術とIntel(R)Parallel Studio XE 2015を利用し、デベロッパー自身が選択するオペレーティングシステムによって最新プロセッサーを最大限活用することが可能となり、さらにデベロッパーのプログラムは長期間利用できるうえ、将来のサーバーやワークステーションでも利用可能であることが保証される」と語った。

STACの創設者でディレクターであるピーター・ランクフォード氏は「STACは、SupermicroとIntelが業界標準のSTACベンチマークを使って金融コミュニティーにとって適切な方法で両社製品のレイテンシーおよびコンピュテーション・パフォーマンスを実証できたことをうれしく思う。STACベンチマークは金融会社によって開発され、公的なSTAC ReprtはSTACによる厳格な独立テストを反映している」と語った。

 Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20141113/158549

▽ソリューションの仕様

*1U Hyper-Speed Ultra SuperServer(R)(SYS-1028UX-CR-LL1(http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll1.cfm )/-LL2(http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll2.cfm ))

デュアル・アクセラレーティッドIntel(R)Xeon(R)プロセッサーE5-2643 V3(Haswell)(-LL1 SKU)ないしはE5-2687W v3(Haswell)(-LL2 SKU)、8基+2133MHz DIMMの中に64GB DDR4、10基の2.5インチ・ホットスワップ・ドライブベイ、8基の12Gb/s SAS3、2基のSATA3(オプションで2基のNVMe via AOC-URN2-i2XT)、2基のPCI-E 3.0(x16)、フルハイト・フルレングス1基のPCI-E 3.0(x8)、ロープロファイル1基のPCI-E 3.0(x8)SAS3インテグレーティッド、4基のギガビットEthernet LANポート、KVMおよび専用LANを組み込んだIPMI 2.0、冗長性のある750W Platinum Level高効率(94%+)電源サプライ。

STAC Report(2014年11月13日)-「基準となるSTAC-N1メッセージレートで、このシステムは、これまで公に報告されたあらゆるシステム(STAC.N1.B1.PINGPONG.LAT1)の中で、最低の平均レイテンシー、最大のレイテンシー、ジッター(レイテンシー標準偏差)を実現した」(注1)

*1U 3基のIntel Xeon PhiコプロセッサーSuperServer(R)(SYS-1028GR-TR(http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028gr-tr.cfm ))

高密度フォームファクターで、デュアルIntel(R)Xeon(R)E5-2600 v3(最大145W)、最大1TB ECC、16基のDIMMの中に最大DDR4 2133MHz、4基のホットスワップ2.5インチSATA3ドライブベイ、3基のIntel(R)Xeon Phi(TM)コプロセッサー(7120P)、デュアルポートGbE LAN、冗長性のある1600W Platinum Level高効率(94%)デジタル電源サプライ。

STAC Report(2014年10月30日)「ラックユニットあたり56アセットで、このシステムはこれまで公に報告されたあらゆるシステム(STAC-A2.B2.GREEKS.SPACE_EFFICIENCY)の中で最高のスペース効率を実現した」(注2)

(注1)www.STACresearch.com/SFC141110 を参照

(注2)www.STACresearch.com/INTC141023 を参照

Supermicroは11月13日、ニューヨーク開催のSTAC Summit(https://stacresearch.com/fall2014NYC)の会場New York Marriott Downtownに出展。

Supermicroのソリューションについては以下を参照。

*Hyper-Speedソリューション:www.supermicro.com/Hyper-Speed

*Intel Xeon Phiコプロセッサー・ソリューション:www.supermicro.com/Xeon_Phi

*ハイパフォーマンス、高効率サーバー、ストレージ、ネットワーキング・ソリューション:www.supermicro.com

Supermicroの最新ニュース、発表を受け取るには

Facebook(https://www.facebook.com/Supermicro )と

Twitter(http://twitter.com/Supermicro_SMCI )フォローを。

▽Super Micro Computer Inc.について

Supermicro((R)、NASDAQ:SMCI)は、ハイパフォーマンス・高効率のサーバーテクノロジーをリードする革新者であり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向け高性能サーバーであるBuilding Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは、「We Keep IT Green(われわれはITをグリーンに保つ、(R))」イニシアチブにより環境保護に尽力しており、市場で入手可能な最もエネルギー効率の高い、環境に優しいソリューションを提供している。

Supermicro、Building Block Solutions、We Keep IT GreenはSuper Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

その他すべてのブランド、名称、トレードマークはそれぞれ所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先

David Okada

Super Micro Computer, Inc.

davido@supermicro.com

Supermicro(R) World Record Benchmarks for Low Latency and Financial Computation Announced at STAC Summit

PR58649

NEW YORK, Nov. 14, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- New Hyper-Speed Ultra and High Density Parallel Processing Systems

    Achieve World Records for STAC-N1 and STAC-A2 Financial Services

                          Technology Benchmarks

    Super Micro Computer, Inc. (NASDAQ: SMCI), a global leader in

high-performance, high-efficiency server, storage technology and green

computing debuts the latest extreme performance 3rd Generation Hyper-Speed

platform based on Supermicro's new Ultra architecture along with a new high

density Intel(R) Xeon Phi(TM) coprocessor based 1U SuperServer(R) at the STAC

Summit in New York this week.

    The 1U SYS-1028UX-CR-LL1 [

http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll1.cfm ]

Hyper-Speed Ultra SuperServer(R) is fine-tuned for low latency/high frequency

trading applications and features enterprise-class hardware acceleration, dual

Intel(R) Xeon(R) processor E5-2643 v3, I/O flexibility to support multiple

full-size NICs and optional co-processor cards. In independent tests by the

Securities Technology Analysis Center (STAC(R)), this solution achieved the

world record results for mean latency, max latency and jitter at baseline

message rates in a public STAC-N1(TM) benchmark. The STAC Report(TM) of these

benchmark results is available at www.STACresearch.com/SFC141110. Access a

white paper on Supermicro's Hyper-Speed solutions at

www.supermicro.com/Hyper-Speed_WP.

    The 1U high density form factor SYS-1028GR-TR

[http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028gr-tr.cfm ] is

optimized for high performance computing applications with support for up to 3x

Intel(R) Xeon Phi(TM) coprocessors. It has achieved world record STAC-A2(TM)

benchmark [

https://stacresearch.com/news/2014/10/30/stac-reports-stac-a2-supermicro-windows-and-linux-using-haswell-and-xeon-phi

] results on a Windows platform, showing the solution's ability to accelerate

computation time for financial risk calculations. The STAC Report(TM) of these

benchmark results is available at www.STACresearch.com/INTC141023.

    "Supermicro Hyper-Speed Ultra and Intel Xeon Phi coprocessor based

SuperServers are fine tuned to achieve the highest performance in their class

and the STAC-N1, STAC-A2 world record benchmarks are independent results that

prove our system expertise," said Charles Liang, President and CEO of

Supermicro. "For applications in need of lowest-latency or highest density for

parallel processing, our Green Computing Intel Xeon E5-2600 v3 based servers

are exactly optimized to maximize performance with highest energy efficiency."

    "The Supermicro and Intel collaboration has set a new industry standard for

performance on the STAC-N1 and STAC-A2 benchmarks using an optimized, dense

form factor high performance computing solution based on Intel(R) Xeon(R)

E5-2600 v3 family processors and Intel(R) Xeon Phi(TM) coprocessors," said Hugo

Saleh, director of Marketing and Industry Development, Intel Technical

Computing Group. "Financial services developers are able to use open standards

based programming techniques and the rich features of Intel(R) Parallel Studio

XE 2015 to fully utilize modern processors with the operating system of their

choice, all while ensuring the long term viability of their codes on future

servers and workstations."

    Peter Lankford, Founder and Director of STAC said: "STAC is delighted that

Supermicro and Intel are leveraging industry standard STAC Benchmarks to

demonstrate the latency and computation performance of their products in ways

that are relevant to the financial community. STAC Benchmarks are developed by

financial firms, and public STAC Reports reflect rigorous, independent testing

by STAC."

    Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20141113/158549

    Solution Specifications

    -- 1U Hyper-Speed Ultra SuperServer(R) (SYS-1028UX-CR-LL1 [

http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll1.cfm ] /-LL2

[ http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028ux-cr-ll2.cfm ])

Dual accelerated Intel(R) Xeon(R) processor E5-2643 v3 (Haswell) (-LL1 SKU) or

E5-2687W v3 (Haswell) (-LL2 SKU), 64GB DDR4 in 8x +2133MHz DIMMs, 10x 2.5"

hot-swap drive days, 8x 12Gb/s SAS3, 2x SATA3 (Optional 2x NVMe via

AOC-URN2-i2XT), 2x PCI-E 3.0 (x16), Full-height Full-length, 1x PCI-E 3.0 (x8),

Low-profile, 1x PCI-E 3.0 (x8) SAS3 integrated, 4x Gigabit Ethernet LAN ports,

Integrated IPMI 2.0 with KVM and Dedicated LAN, 750W Redundant Platinum Level

High-Efficiency (94%+) Power Supplies

"At the baseline STAC-N1 message rates, this system delivered the lowest mean

latency, max latency, and jitter (standard deviation of latency) of any system

publically reported to date (STAC.N1.B1.PINGPONG.LAT1)." - STAC Report,

November 13, 2014.*

    -- 1U 3x Intel Xeon Phi Coprocessor SuperServer(R) (SYS-1028GR-TR

[http://www.supermicro.com/products/system/1u/1028/sys-1028gr-tr.cfm ] )

High density form factor supporting, dual Intel(R) Xeon(R) E5-2600 v3 (up to

145W), up to 1TB ECC, up to DDR4 2133MHz in 16x DIMMs, 4x hot-swap 2.5" SATA3

drive bays, 3x Intel(R) Xeon Phi(TM) Coprocessors (7120P), dual port GbE LAN,

Redundant 1600W Platinum Level High-Efficiency (94%) Digital Power Supplies

"At 56 assets per rack unit, this system delivered the highest space efficiency

of any system publically reported to date

(STAC-A2.B2.GREEKS.SPACE_EFFICIENCY)." - STAC Report, October 30, 2014.**

    * www.STACresearch.com/SFC141110

    ** www.STACresearch.com/INTC141023

    Supermicro is present at the STAC Summit

[https://stacresearch.com/fall2014NYC ] in New York, NY on November 13th in the

New York Marriott Downtown.

    For information on Supermicro solutions visit:

    -- Hyper-Speed solutions, visit www.supermicro.com/Hyper-Speed

    -- Intel Xeon Phi Coprocessor solutions, visit

       www.supermicro.com/Xeon_Phi

    -- High performance, high-efficiency Server, Storage and Networking

       solutions, visit: www.supermicro.com

    Follow Supermicro on Facebook [https://www.facebook.com/Supermicro ]  and

Twitter [http://twitter.com/Supermicro_SMCI ]  to receive their latest news and

announcements.

    About Super Micro Computer, Inc.

    Supermicro(R) (NASDAQ: SMCI), the leading innovator in high-performance,

high-efficiency server technology is a premier provider of advanced server

Building Block Solutions(R) for Data Center, Cloud Computing, Enterprise IT,

Hadoop/Big Data, HPC and Embedded Systems worldwide. Supermicro is committed to

protecting the environment through its "We Keep IT Green(R)" initiative and

provides customers with the most energy-efficient, environmentally-friendly

solutions available on the market.

    Supermicro, Building Block Solutions and We Keep IT Green are trademarks

and/or registered trademarks of Super Micro Computer, Inc.

    All other brands, names and trademarks are the property of their respective

owners.

    SMCI-F

    SOURCE: Super Micro Computer, Inc.

    CONTACT:

    David Okada,

    Super Micro Computer, Inc.,

    davido@supermicro.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中