富士ゼロックス総合教育研究所 新商品 「戦略実行キャンプ&ミーティング」提供開始

富士ゼロックス

2014/11/19 11:00

2014 年11 月19 日

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所

新商品 戦略実行力強化プログラム「戦略実行キャンプ&ミーティング」提供開始

戦略実行に関する4年間の研究を踏まえた実践的なプログラム

 株式会社富士ゼロックス総合教育研究所(本社:東京都港区、代表取締役:芳澤宏明、資本金:1億円)は、戦略実行力強化プログラム「戦略実行キャンプ&ミーティング」の提供を11月19日に開始いたします。本プログラムは、企業のミドルマネージャー(課長クラスなどの現場の部下を持つマネージャー)の方々とそのチームメンバーを対象に、リーダ一シップ開発と職場でのコミュニケーション変革を通じ、行動変革や戦略実行力強化を図る、実践的なプログラムです。

 最新の組織開発の考え方「ポジティブアプローチ」や「質問によるリーダーシップ」などの手法を取り入れ、組織内での「戦略の語られ方」を受動的なものから能動的なものへ、ネガティブからポジティブに変えて、組織全体の行動力や学習力を向上させていくことができます。

 標準的なプログラムでは、4つのキャンプ※1およびミーティングを6カ月間で実施します。以下のそれぞれのフェーズで、ミドルマネージャーを対象としたキャンプを実施したのち、ミドルマネージャーがご自身のチームメンバーとミーティングを実施する構成です。

※1 参加者が現実の課題を持ち寄って対話し、解決策を話し合う、新しいコミュニケーションスタイルの場を弊社では「キャンプ」と呼んでいます。

1.Being キャンプ:   個人や組織の強みを再認識し、組織のありたい姿を検討する

2.Planning キャンプ:相互に期待を交換、目標の意義を再認識し、計画を見直す

3.Doing キャンプ:    ポジティブな質問によるポジティブな振返りを通し、実行を促進する

4.Seeing キャンプ:   実行過程を振り返り、継続することとやめることを提言することで、学習を促進する

 近年企業の業績を左右する要因として、戦略の質とともに、戦略を実行する力に注目が集まっています。弊社では、2011年より「戦略実行」の調査研究を行ってきましたが、実行力の向上には、コミュニケーションの質を高めることが重要であることが明らかになりました。(富士ゼロックス総合教育研究所「人材開発白書2011年」参照※2)

 調査結果をもとに「戦略の納得度を高め、主体的な実行力を引き出す」ことをねらいとし、当プログラムを開発しました。

なお、本プログラム開発に際し、南山大学中村和彦教授、NPO法人日本アクションラーニング協会清宮普美代氏、サクセスポイント株式会社渡辺誠氏にご協力をいただきました。

※2 2009年~2013年人材開発白書バックナンバーは全文無料ダウンロード閲覧が可能です。

http://www.fxli.co.jp/co_creation/human_list/

【標準価格】

 ご提供価格は、お客さまごとの設計内容によって変わりますので、都度お問い合わせください。

参考価格:トップインタビュー、企画設計、事務局様との「プレキャンプ」に加え、合計4日間のキャンプ(ミドルマネジャー10名参加の場合)と、チームメンバーとミーティングを実施する際の運用ガイドを提供した場合の費用は、300万円です。

◆ 本件に関するお問い合わせは、富士ゼロックス総合教育研究所 マーケティング推進部まで

社名 : 株式会社富士ゼロックス総合教育研究所

(土・日・祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00)

e-mail : webmaster@fxli.co.jp

ホームページ: http://www.fxli.co.jp 

【「富士ゼロックス総合教育研究所」概要】

社名   : 株式会社富士ゼロックス総合教育研究所

本社所在地: 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ14階

設立日  : 1989年9月21日

代表取締役: 芳澤 宏明

資本金  : 1億円(発行済み株式総数2,000)

株主構成 : 富士ゼロックス株式会社 100%出資

事業概要 : 経営者・管理者・一般従業員に対する教育ならびに研修所等

        教育施設の運営および受託管理

            教育機器・教材の開発および販売

            書籍・雑誌の出版および販売

            催事の企画・実施

            コンピュータのソフトウェアの開発、販売およびコンサルティング

            上記に関連付帯する業務

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中