阪南大学大学院企業情報研究科が国際シンポジウム「日本型オープンイノベーションの目指す方向」を開催

阪南大学

2014/12/2 07:30

阪南大学大学院企業情報研究科は、大学創立50周年を記念して、国際シンポジウム「日本型オープンイノベーションの目指す方向」を開催する。 日本型オープンイノベーションの強み・弱みや中国企業のイノベーション戦略、アジア市場での協力体制などについて、日中研究者と実務者を交え議論が展開される。

2014/12/02

阪南大学大学院企業情報研究科

阪南大学大学院企業情報研究科が国際シンポジウム「日本型オープンイノベーションの目指す方向」を開催

阪南大学大学院企業情報研究科は、大学創立50周年を記念して、国際シンポジウム「日本型オープンイノベーションの目指す方向」を開催する。

日本型オープンイノベーションの強み・弱みや中国企業のイノベーション戦略、アジア市場での協力体制などについて、日中研究者と実務者を交え議論が展開される。

・開催日時:2014年12月13日(土)13:00~17:00

・開催場所:阪南大学本キャンパス 50周年記念会館4階 50周年記念ホール(〒580-8502 大阪府松原市天美東5丁目4番33号)

・テーマ:「日本型オープンイノベーションの目指す方向」

・プログラム:

  学長挨拶 辰巳 浅嗣 学長

  開会挨拶 石井 雄二 大学院企業情報研究科長

 第1部 基調講演

 高畠 昌明氏(経済産業省 近畿経済産業局 地域経済部長)

   テーマ:「関西経済の活性化とイノベーション推進策」

 第2部 講演

 (1) 大槻 眞一氏(元阪南大学長)

    テーマ:「日本的オープンイノベーションの課題」

 (2) 村上 功 氏(株式会社 村上技研産業 代表取締役)

    テーマ:「常に無を有に!!」

 (3) 王  キ 氏(中国・長春工業大学 経済管理学院教授)

    テーマ:「産官学連携と安定的なオープンイノベーション体制構築」

 (4) 楊  曄 氏(中国・広東外語外貿大学 東方語言文化学院教授)

    テーマ:「中国の産業技術の高度化とイノベーション法」

 第3部 パネルディスカッション

   司会:洪 詩鴻 教授

・参加申込

阪南大学教務部教務課大学院担当

電話:072-332-1224(内線3212・3216)

FAX:072-337-4385

e-mail: kyomu@office.hannan-u.ac.jp

・申込締切:2014年12月8日(月)まで

・参加費:無料

・詳細(大学HP):http://www.hannan-u.ac.jp/faculties/guraduate/mrrf430000012thx.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中