銀聯を韓国一の外国カードブランドに押し上げた中国人観光客の購買力

銀聯国際

2015/1/5 12:45

銀聯を韓国一の外国カードブランドに押し上げた中国人観光客の購買力

AsiaNet 59059(0009)

【上海(中国)2014年12月26日新華=共同通信JBN】海外における中国人観光客の大きな購買力を背景に、中国銀聯(China UnionPay)の国際ビジネス部門である銀聯国際(UnionPay International)は世界市場における事業拡張に際してより大きな発言権を得ており、韓国においては世界の競合を超えて外国カードブランドとしてトップの座を占めるにいたった。

ロイター通信のリン・チー記者の記事によれば、韓国銀聯国際のボミー・シェン・ゼネラルマネジャーは、銀聯カードは韓国における外国人観光客の支出の約4割を占め、トップにランクしたと述べている。

2014年には、韓国における銀聯国際のマーケットシェアは他のすべてのカードブランドの合計よりも大きくなるとみられている。韓国における中国人観光客の支出の約9割は銀聯カードを通じてのものである。

銀聯国際の海外市場進出は中国人の海外における大きな購買力によって大きく支えられている。しかしながら、銀聯が競合を超えた理由はそれだけでなく、海外のカード利用環境における利便性の供与も必要条件であった。

シェン・ゼネラルマネジャーは「購買力は確かにあったが、当社が必要な準備を怠っていたら、他のカードブランドがマーケットシェアを奪っていただろう」と述べた。

韓国では、銀聯クレジットカードはサインでカード決済をする小売店のほとんどすべてで利用することができ、半数以上の自動現金引き出し・預入機で銀聯カードを使って韓国ウォンを引き出せるようになっている。銀聯カードを扱う韓国小売店の取引金額は年率100%で増加している。

銀聯国際が最初に進出した海外市場は香港とマカオで、銀聯国際は中国本土以外では最も高い成長をこれらの地域で遂げている。

香港銀聯国際ゼネラルマネジャーのカールソン・リー氏は「国際的なカードブランドになるためには堅固な基盤が必要だ。当社にとっての基盤は過去30年間の中国経済の高成長および中国人収入の急速な伸びである」と述べた。

中国人観光客の大きな海外支出を背景にした銀聯国際は小売店と交渉する際により多くの発言権を持つようになり、他のカードブランドに比べより多くの優先的待遇を得るにいたった。

銀聯国際は中国人観光客に人気の観光地におけるカード利用環境を向上させる一方、観光地を抱えた国や地域に対してもこれらの国や地域が世界市場の中でプレゼンスを広げるために役立つ支払い技術や標準を提供するなどして、銀行カードのインフラ整備の役に立っている。

詳しい情報はウェブサイト(http://www.unionpayintl.com/ )を参照。

ソース:UnionPay International

Chinese Tourists' Purchasing Power Helps UnionPay to Become No 1 Foreign Card Brand in South Korea

PR59059

SHANGHAI, China, Dec. 26 /Xinhua=KYODO JBN/--

Thanks to the huge overseas purchasing power by Chinese tourists, UnionPay

International, the international business arm of China UnionPay, is having more

say in expanding in the global market and surpassed global competitors to

become the No 1 foreign card brand in South Korea.

Bomee Sheng, General Manager of UnionPay International South Korea, said

UnionPay cards have occupied approximately 40% of the market share in foreign

tourist spending in South Korea, ranking No 1, according to a report by Reuters

reporter Lin Qi.

This year, the market share of UnionPay International in South Korea is

expected to exceed the total of all other foreign card brands, the report said.

About 90% of the spending by Chinese tourists in South Korea is through

UnionPay cards.

Chinese people's huge overseas purchasing power has provided great support to

UnionPay International in its expansion in overseas markets. But that is not

necessarily the only factor that drives UnionPay to surpass its competitors,

convenient overseas card using environment is also a must.

"Purchasing power is right there, if we failed to prepare in advance, the

market share would have been grabbed by other card brands," said Sheng.

In South Korea, UnionPay credit cards can be used at almost all signature-based

merchants and more than half of the ATMs in South Korea allow KRW cash

withdrawal with UnionPay cards. The transaction volume of UnionPay merchants in

South Korea is increasing at an annual rate of 100%.

Hong Kong and Macao were the first destinations in UnionPay International's

efforts to expand to the overseas markets and have now become one of the most

rapidly developing regions outside the Chinese mainland.

Carlson Li, General Manager of UnionPay International Hong Kong, said "To

become an international card brand, solid foundation is a must. Our foundation

originates from the high-speed growth of the Chinese economy in the past 30

years and the rapid growth of Chinese people's income."

Thanks to the huge overseas spending of Chinese tourists, UnionPay

International is having more say in negotiating with merchants and enjoys more

preferential policies than other card brands.

Apart from improving card using environment in hot tourist destinations for

Chinese tourists, UnionPay International also assisted other countries and

regions with their bank card infrastructure construction, providing them

payment technology and standards to expand its global presence.

For more information: http://www.unionpayintl.com/

Source: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中