「サービス創造大賞2014」 受賞者決定!

千葉商科大学

2015/1/14 12:27

千葉商科大学サービス創造学部は、「サービス創造」の重要性を広く社会に認識していただくことを目的とした「サービス創造大賞2014」について、学部公式サポーター企業ならびに本学審査委員会(審査委員長:島田晴雄)による厳正なる審査の結果、12月19日(金)、受賞作品を発表しました。

2015/1/14

千葉商科大学

全国から3,976件の 「サがつくひらめき」

「サービス創造大賞2014」 受賞者決定!

千葉商科大学(千葉県市川市:学長 島田晴雄)サービス創造学部(学部長:吉田優治)は、「サービス創造」の重要性を広く社会に認識していただくことを目的とした「サービス創造大賞2014」について、学部公式サポーター企業(学部教育への協力協定を結んだ企業)ならびに本学審査委員会(審査委員長:島田晴雄)による厳正なる審査の結果、12月19日(金)、受賞作品を発表しました。

第7回目となる同募集企画は、一般課題部門「あったらいいな、こんなサービス」に加えて、同学部公式サポーター企業の(株)サークルKサンクス、ミニストップ(株)からご協力をいただき、「あったらいいな、コンビニのこんなサービス」を課題とした企業課題部門を設置。今までにない斬新な発想を取り入れた優秀な作品が求められました。

今年度7月から受付を開始し、全国の高校生や本学学生、一般の方から集まったアイデアは3,976件(一般課題部門:2,290件、企業課題部門1,686件)にのぼり、昨年度の2,752件を大幅に上回る応募作品が寄せられました。また、昨年との比較で、企業課題部門の応募数の伸びが大きく、多くの方々にとってコンビニエンスストアが生活にいかに身近で、日々の便利さを提供してくれる重要な拠点として位置づけられているのかうかがい知れる結果となりました。

大賞に輝いた作品ならびに受賞アイデア一覧は添付のPDFをご参照ください。また、審査結果の詳細は、千葉商科大学「サービス創造学部」WEBページにて発表しておりますので、ぜひご覧ください。(同コンテストの受賞賞品は、WEBページ上での発表を以て受賞者にお贈りしています。)

サービス創造学部WEBページ http://mit.prof.cuc.ac.jp/fsiblog/taisyo_2014

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人千葉学園千葉商科大学
  • 所在地 千葉県
  • 業種 大学
  • URL http://www.cuc.ac.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース