ヤマハ音楽支援制度 2015年度「地域音楽活動支援」対象グループ決定

2015年1月30日

一般財団法人ヤマハ音楽振興会

地域の音楽文化向上に取り組む演奏・創作グループを支援

―全国149件の応募から77のグループへの支援を決定―

ヤマハ音楽振興会(本部:東京都目黒区、理事長:梅村充)は、『ヤマハ音楽支援制度 2015年度 「地域音楽活動支援」』の対象グループを決定しました。

「地域音楽活動支援」は2010年度に開始した支援制度で、ジャンルや活動形態を問わず、演奏活動や創作活動を通じて地域の音楽普及や音楽文化向上に取り組み、成果を上げている音楽グループ、団体を対象としています。6年目となる今回は149件の応募の中から77件を支援対象として選出し、2月より受付楽器店を通じた認定証の授与を行います。支援対象となったのは、音楽を通して町の活性化を目指す活動、地元の音楽文化の保存や継承を目指した活動、子どもやお年寄りを中心に据えた音楽活動など、いずれも社会性や地域性を持ったグループ、団体です。対象グループには、2015年4月から2016年3月の間に行われる活動に対して、1件につき上限20万円の支援金を授与します。

ヤマハ音楽振興会は、今後も「ヤマハ音楽支援制度」を通じて、多くの方の音楽活動の支援と、音楽文化の発展に貢献していきたいと考えています。

※2015年度対象グループの一覧は、添付の通りです。

Webサイト(http://www.yamaha-mf.or.jp/shien/)でもご確認いただけます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

昨年度の活動より(兵庫県)

昨年度の活動より(東京都)

昨年度の活動より(埼玉県)

昨年度の活動より(三重県)

昨年度の活動より(鹿児島県)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中