伝統芸能の伝承と人材育成 ―茶道と能の現場からー

法政大学

2015/2/9 15:30

2015年2月9日

学校法人法政大学

伝統芸能の伝承と人材育成 ―茶道と能の現場からー

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターと野上記念法政大学能楽研究所は、3月7日(土)にシンポジウムを開催いたします。

日本の伝統文化の源流である「能楽」と「茶道」のフィールドに、技能継承と人材育成という経営学的観点からアプローチします。学習、実践知、チームマネジメント、キャリア形成という切り口から探訪する伝統芸能の世界です。

【開催概要】

■日時: 3月7日(土)13:30~17:30(開場13:00)

■会場: 法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎6階 さったホール

     (アクセス)東京都千代田区富士見2-17-1

          JR、地下鉄飯田橋駅または市ヶ谷駅より徒歩約10分

■参加費: 無料

■プログラム: 《総合司会》 田路 則子(法政大学イノベーション・マネジメント研究センター所長、経営学部教授)

 13:00 開場

 13:30 開会挨拶 田路則子

 13:35 第1部 インターネットを利用した茶道の学習

      講演1「稽古と師弟関係に与える影響」

          柳原 佐智子(富山大学経済学部准教授)

 14:15  講演2「実践共同体としての社中」

          古賀 広志(関西大学総合情報学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター客員研究員)

     <休憩>

 15:05 第2部 能の技芸伝承

      講演3「『型付』と所作単元 ―能の技芸を伝える方法―」

          山中 玲子(野上記念法政大学能楽研究所所長・教授)

 15:45  講演4 「プロフェッショナル人材『能楽師』の育成」

          西尾 久美子(京都女子大学現代社会学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター客員研究員)

     <休憩>

 16:35 パネルディスカッション

      《司会》田路 則子

      《パネリスト》柳原 佐智子、古賀 広志、山中 玲子、西尾 久美子

■定員: 先着200人(定員に達し次第締め切り)

■申込方法: ※締切3月4日(水)

       下記専用サイトよりお申し込みください。

       【パソコン・スマートフォン】https://www.event-u.jp/fm/10498

       【携帯電話】https://www.event-u.jp/fm/m10498

■主催: 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター

     野上記念法政大学能楽研究所

■その他: お車でのご来場はご遠慮ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中