MobileIronがパーソナルクラウドの企業コンテンツを保護する初のソリューションを公開

MobileIron

2015/2/18 11:08

MobileIronがパーソナルクラウドの企業コンテンツを保護する初のソリューションを公開

AsiaNet 59350 (0134)

【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)2015年2月18日PRN=共同通信JBN】

*パーソナルクラウドのセキュアな業務利用を実現する第2段階の新ソリューション、Content Security Serviceを提供開始

エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)のリーダーであるMobileIron(NASDAQ: MOBL)は18日、MobileIron Content Security Service(http://www.mobileiron.com/ja/products/platform-architecture/content-security-service )(CSS)を発表した。CSSは、同社が進めているパーソナルクラウドをセキュアにするソリューションの第2段階を実現する(https://www.mobileiron.com/en/company/press-room/press-releases/mobileiron-secures-personal-cloud-solve-most-persistent-data-loss )。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140923/147891

パーソナルクラウドは、企業が現在直面する最もやっかいなデータ漏洩の脅威である。なぜなら従業員が業務用ドキュメントを保存するために自分のクラウドサービスを頻繁に利用しているからである。CSSは、広く利用されているこの「シャドーIT」に対処する初のソリューションであり、普及しているパーソナルクラウド・サービスにある企業コンテンツを保護するために必要とされるドキュメント・レベルでのセキュリティーと、EMMプラットフォームとの密接な統合の両方を提供する。

451 Researchのエンタープライズモビリティリサーチディレクターであるクリス・ヘーゼルトン氏は「従業員は厳しいITポリシーを無視して好みのコンシューマーアプリを業務に利用することがよくあるが、これは無意識に企業データを危険にさらすことになる。馴れやアクセス、認識の問題である。米国では従業員の39%が仕事のためにコンシューマーアプリを利用しているが、その理由は個人生活でもコンシューマーアプリを使っているからである。IT部門はデータをどこに保存しようが、どこで利用しようが、データをセキュアにする必要がある。セキュリティーをデバイス・レベルからドキュメント・レベルに移すことで、IT部門はパーソナルクラウドでもデータ漏洩のリスクを軽減できる」と語った。

MobileIronのオージャス・リジェ戦略担当バイスプレジデントは「モバイルファーストの最高情報責任者(CIO)は、多くの従業員が業務ドキュメントをパーソナルクラウドに保存しており、禁止しても、従業員のパーソナルクラウドの使用を制限できないことを実感している。MobileIronのミッションは、従業員が企業セキュリティーを犠牲にすることなく自由な選択ができるようにすることを追求してきた。MobileIron Content Security Serviceは、パーソナルクラウドをIT部門の悪夢から、従業員の生産性を向上させる強力なツールに転換させる」と語った。

▽MobileIronは初めてセキュリティーとストレージとを切り離す

従来のコンテンツ・セキュリティー・ソリューションの課題は、セキュリティーとストレージの機能がリンクしていることである。このため、セキュリティー・ポリシーを実行するには、業務ドキュメントを新たなコンテンツ・ストレージ・レポジトリーに移動させる必要があるが、これは企業が管理するレポジトリーをさらに増やし複雑性を増大させることになる。

MobileIron Content Security Serviceは、セキュリティー・コントロールとデータストレージの方式を切り離し、複数のコンテンツ・レポジトリーにおいてドキュメント・レベルでのセキュリティー管理を可能にする初のソリューションである。このソリューションによって、従業員は自らのクラウドサービスをセキュアに利用でき、従業員やIT部門は特定のコンテンツ・レポジトリーに縛り付けられることはない。ドキュメントを新しいレポジトリーに移動させる必要もなく、パーソナルクラウド・サービスに保存されていてもセキュリティーを確保する。「Bring-your-own-storage(私的ストレージの業務利用)」はbring-your-own-device(BYOD、私的デバイスの業務利用)とともに、企業がITのコンシューマライゼーションの現状を従業員の利便性のために活用できる強力な選択肢となる。

セキュリティー・コントロール層をデータ層と切り離す技術は、MobileIronが2014年に「Secure Virtual File Management System」として米国特許8,863,297、8,863,298、8,863,299を取得したものである。

▽CSSはパーソナルクラウドをセキュアにする

MobileIronのパーソナルクラウド・セキュリティー・イニシアチブの第1段階は2014年10月に公表され、MobileIron Docs@Workモバイルアプリケーションを通じてクラウドベースのコンテンツ・レポジトリーへのネイティブ・アクセスを提供した。

第2段階である新たなCSSは以下の5つのコア能力によって、レポジトリーに保存されたドキュメントを保護する。

*暗号化と鍵管理:CSSは業務ドキュメントが個人向けクラウドに保存される際にそれを暗号化し、企業は不正使用を防止するポリシーを設定することができる。

*データ漏洩防止(DLP)コントロール:CSSによって企業はドキュメント有効期限ポリシーを設定し、デバイス上にある特定のドキュメントを選択的に消去することが可能となる。CSSは、これらのドキュメントのアップロード、ダウンロード、編集、共有のコントロールも可能にする。例えば、価格リストを30日ごとに更新する必要があるならば、CSSは期限切れのドキュメントを確実にデバイスから自動消去し、その後新しいドキュメントで更新することができる。

*セキュアな共有:従業員はパーソナルクラウド・アプリのネイティブ共有機能を利用し、CSSによってセキュリティーが確保されたドキュメントを許可された従業員と共有することができる。これらのドキュメントは共有されても暗号化されており、許可されたデバイス上の許可されたユーザーだけが暗号解読できる。

*アクティビティー追跡:CSSは、どの業務ドキュメントがアクセスされ、いつアクセスされ、誰がアクセスし、どのデバイスを使ったかを明らかにする。CSSはポリシー順守状態も追跡する。このアクティビティー・リポートは組織のコンプライアンス戦略をサポートする。

*EMM統合:CSSは、MobileIron EMMプラットフォームと統合されるため、組織全体でユーザー、グループ、デバイスの一貫した見え方が維持される。また、CSSはiOS、Android向けのMobileIron Docs@Workアプリに統合され、デバイス上でコンテンツ・セキュリティーポリシーを強化する。

MobileIronのコンテンツ・セキュリティー戦略の詳細はウェブサイトhttps://www.mobileiron.com/ja/products/platform-architecture/content-security-service を参照。

▽MobileIronについて

MobileIronは、世界中の企業のモバイルファースト(Mobile First)を実現する基盤を提供している。詳細はウェブサイトhttp://www.mobileiron.com/ja を参照。

ソース:MobileIron

▽問い合わせ先

Sara Day, MobileIron

sara@mobileiron.com

+1-650-336-3123

モバイルアイアン・ジャパン

広報担当:中村

03-6205-3425

japan@mobileiron.com

モバイルアイアン広報担当

株式会社井之上パブリックリレーションズ 横田、佐藤

03-5269-2301

mobileiron@inoue-pr.com

MobileIron Introduces the First Mobile Security Solution to Protect Enterprise Content in the Personal Cloud

PR59350

MOUNTAIN VIEW, Calif., Feb. 18, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

New Content Security Service Delivers Phase Two of MobileIron's Initiative to

                           Secure the Personal Cloud

    MobileIron (NASDAQ: MOBL), the leader in enterprise mobility management

(EMM), today introduced the MobileIron Content Security Service

(https://www.mobileiron.com/products/content-security-service) (CSS),

delivering Phase Two of the company's initiative to secure the personal cloud (

https://www.mobileiron.com/en/company/press-room/press-releases/mobileiron-secures-personal-cloud-solve-most-persistent-data-loss

).

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140923/147891

    The personal cloud is the most persistent data loss threat to the

enterprise today because employees often use their own cloud services to store

work documents. CSS is the first solution to address this prevalent example of

"Shadow IT" by providing both the document-level security and the tight

integration into an EMM platform necessary to protect enterprise content across

popular personal cloud services.

    "Employees often bypass restrictive IT policies to use their preferred

consumer apps for work, unintentionally putting corporate data at risk," said

Chris Hazelton, Research Director for Enterprise Mobility at 451 Research.

"It's about familiarity, access, and awareness. 39% of U.S. workers use

consumer apps for business because they use them in their personal life. IT

needs to secure data regardless of where it is stored and used. Moving security

from the device to the document level allows IT to reduce the risk of data loss

even in the personal cloud."

   "Corporate document security, by effective use of encryption and DLP

policies, are high value governors for creating and maintaining content

security. It makes for good corporate sense, in more ways than one, to protect

data against infiltration and unwanted exposure," said R. Keeton, Messaging,

Mobility & Collaboration, Thompson & Knight LLP. "Flexibility is key to

creating a pliable content security infrastructure that is capable of adapting

to the rapidly changing needs of the organization."

    "Mobile First CIOs realize that many employees store work documents in the

personal cloud and that saying 'no' doesn't change their behavior," said Ojas

Rege, VP Strategy MobileIron. "Our mission at MobileIron has always been to

allow employee choice without compromising enterprise security. The MobileIron

Content Security Service transforms the personal cloud from an IT nightmare to

a powerful tool for employee productivity."

    MobileIron First to Separate Security from Storage

    The challenge with traditional content security solutions is that they

functionally link security and storage. This requires the migration of work

documents to a new content storage repository in order to enforce security

policies, which increases complexity by creating more repositories for the

enterprise to manage.

    The MobileIron Content Security Service is the first solution to separate

security controls from data storage methods and allow security to be managed at

the document-level across multiple content repositories. It allows employees to

securely use their own cloud services without locking employees or IT into

specific content repositories. Documents do not have to be migrated to a new

repository and are secure even when stored in a personal cloud service.

"Bring-your-own-storage" now joins bring-your-own-device (BYOD) as a powerful

way for enterprises to leverage the ongoing consumerization of IT for the

benefit of their employees.

    This ability to separate the security/control plane from the data plane is

described in US Patents 8,863,297, 8,863,298, and 8,863,299 for "Secure Virtual

File Management System" which were granted to MobileIron in 2014.

    CSS Secures the Personal Cloud

    Phase One of MobileIron's personal cloud security initiative was launched

in October 2014 to provide native access to cloud-based content repositories

through the MobileIron Docs@Work mobile application.

    Phase Two, the new CSS, protects the documents stored in those repositories

with five core capabilities:

    -- Encryption and key management: CSS enables the encryption of work

       documents when they are stored in the personal cloud, allowing the

       enterprise to set policies that prevent unauthorized use.

    -- Data loss prevention (DLP) controls: CSS allows the enterprise to set

       document expiration policies and selectively wipe specific documents on

       a device. CSS also allows control of the uploading, downloading,

       editing, and sharing of those documents. For example, if a pricelist

       must be updated every 30 days, CSS is designed to ensure that the

       expired document is automatically wiped from the device, which is then

       updated with the new one.

    -- Secure sharing: Employees can use the native sharing features of their

       personal cloud apps to share the documents secured by CSS with other

       authorized employees. These documents are encrypted even when shared so

       that only an authorized user on an authorized device will be able to

       decrypt them.

    -- Activity trail: CSS is designed to provide visibility into which work

       documents have been accessed, when they were accessed, who accessed

       them, and using what device. CSS also tracks policy enforcement

       actions. This activity reporting supports the compliance strategy of

       the organization.

    -- EMM integration: CSS integrates with the MobileIron EMM platform to

       maintain a consistent view of users, groups, and devices across the

       organization. CSS also integrates with the MobileIron Docs@Work app on

       iOS and Android to enforce content security policies on the device.

    For more details on MobileIron's content security strategy, please visit:

https://www.mobileiron.com/products/content-security-service.

    About MobileIron

    MobileIron provides the foundation for companies around the world to

transform into Mobile First organizations. For more information, please visit

www.mobileiron.com.

    SOURCE: MobileIron

    CONTACT: Sara Day, MobileIron,

    sara@mobileiron.com,

    +1-650-336-3123

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中