テラデータ、2015年DWHおよびデータ分析管理向けマジック・クアドラントで「リーダー」ポジションを獲得

日本テラデータ

2015/2/27 11:05

テラデータは、2015年2月12日にアナリストのMark A. Beyer氏および Roxane Edjlali氏により発行された、ガートナーの"Magic Quadrant for Data Warehouse and Data Management Solutions for Analytics 2015年"において、リーダーとして位置付けられました。

2015年2月27日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、ガートナーの2015年 "Magic Quadrant for Data Warehouse and Data Management Solutions for Analytics"で「リーダー」ポジションを獲得

― テラデータのビジョンの完成度と実現能力を評価 ―

[2015年2月17日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 米国オハイオ州デイトン発 ― テラデータは、2015年2月12日にアナリストのMark A. Beyer氏および Roxane Edjlali氏により発行された、ガートナーの"Magic Quadrant for Data Warehouse and Data Management Solutions for Analytics 2015年"※において、リーダーとして位置付けられました。ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱うテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、ガートナーの最新レポートにおいて評価されたデータベース・ベンダー17社のうちの1社です。ベンダー各社は、ビジョンの完成度と実現能力に基づいて評価されています。

 「ガートナーの最新Magic Quadrant(マジック・クアドラント)において、テラデータがリーダーに評価されたことを嬉しく思います。弊社のビジョンと実現能力におけるリーダーシップは、ガートナーが提唱するロジカル・データウェアハウスを初めて実現した分析エコシステム、Teradata Unified Data Architectureのソート・リーダーシップと成熟度に反映されています」とテラデータのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるBob Fairは述べています。「弊社は一貫して、最も重要なイノベーション、最適な選択肢、また最高の価値を顧客企業に提供し続けており、だからこそ顧客企業はテラデータへの投資を続けてくださっているのです」

 企業がより複雑なデータやベンダーからの過剰な売り込みに直面するにつれ、ベンダーのビジョンと実現能力がデータベースのコンサルティングとプラットフォームに対する投資の有用な判断基準になると私たちは考えています。テラデータでは、弊社のビジョンと実現能力をフラッグシップ・ソリューションであるUnified Data Architectureに統合し、Teradata Aster、Hadoopポートフォリオ、またビッグデータ分析サービスを展開しています。また、弊社の比類のないコンサルティングおよびプロフェッショナル・サービスは、信頼できるアドバイザーとしてテラデータを特徴付けるものであり、ビジョンと実現能力におけるリーダーシップを明確に反映していると私たちは信じています。

関連リンク:

・Gartner MQレポートの全文は、こちらからご覧ください。

https://site.teradata.com/Microsite/Gartner_Magic_Quadrant_Data_Mgmt_Analytics/

・ガートナーが提唱するロジカル・データウェアハウス

https://www.gartner.com/doc/2057915/understanding-logical-data-warehouse-emerging

・Teradata Unified Data Architecture

http://jpn.teradata.jp/product/unified-data-architecture/

・Think Big社(テラデータのHadoop およびビッグデータ・コンサルティング会社): データ・サイエンスとエンジニアリングの専門

http://thinkbig.teradata.com/about/

以上

# # #

・日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース

http://jpn.teradata.jp/press/2015/20150227.html

・本プレスリリースの原文: Teradata News Room

http://www.teradata.com/News-Releases/2015/Teradata-Named-a-Leader-in-2015-Magic-Quadrant-for-Gartner-Data-Warehouse-and-Data-Management-Solutions-for-Analytics/

# # #

◆  Magic Quadrant(マジック・クアドラント)について 

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではなく、テクノロジーの利用者に最も高いレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を解説したものではありません。ガートナーは、本リサーチでの明示または黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

◆ Teradata Corporationについて

テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。

http://www.teradata.com/

◆ 日本テラデータについて

日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

http://www.teradata.jp/

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中