ジンコソーラーの2014年第4四半期、通年とも増収増益

ジンコソーラーホールディング株式会社

2015/3/9 13:47

ジンコソーラーの2014年第4四半期、通年とも増収増益

AsiaNet 59727 (0336)

【上海2015年3月5日PRN=共同通信JBN】世界的な太陽光発電(PV)製造大手のジンコソーラーホールディング株式会社(Jinko Solar Holdings Co.,Ltd.、NYSE:JKS)は5日、2014年12月31日までの第4四半期と通年の監査前決算報告書を発表した。

▽2014年第4四半期ハイライト

*第三者機関への太陽光発電製品総出荷容量は838.2メガワット(MW)で、ソーターモジュールが739.2MW、シリコンウエハーが53.1MW、ソーラーセルが45.9MWで構成されている。これは2014年第3四半期の708.2MWから18.4%増、2013年第4四半期の586.3MWからは43.0%の増加となる。ソーラーモジュールの総出荷容量は1078.3MWで、同社のダウンストリーム・プロジェクトで使われた339.1MWが含まれる。

*2014年12月31日時点で、同社は総容量502.6MWの太陽光発電プロジェクトをグリッド接続した。

*総売上高は29億7000万人民元(4億7890万米ドル)だったが、これは2014年第3四半期から16.0%増、2013年第4四半期比35.8%の増加となる。

*太陽光発電プロジェクトの電気収入は8040万元(1300万ドル)で、2014年第3四半期に対して68.6%の増加となる。同社は固定価格買取制度の付加価値税に関連して、1960万元の収益を帳消しにした。太陽光発電プロジェクトからの電気収入は、付加価値税の影響を除外して、2014年第4四半期に19.5%増となる。

*粗利は22.8%で、2014年第3四半期は20.6%、2013年第4四半期は24.7%だった。

*営業利益は2億3660万元(3810万ドル)だった。2014年第3四半期と2013年第4四半期のそれはそれぞれ2億3990万元、2億6230万元だった。

*ジンコソーラーの普通株主に帰属する純益は2億4470万元(3940万ドル)であり、2014年第3四半期は2億8060万元、2013年第4四半期は1億6430万元だった。

*希釈化後の米預託株式(ADS)1株当たりの利益は、2014年第3四半期の8.00元、2013年第4四半期の5.88元に対し3.12元(0.52ドル)だった。

*2014年第4四半期のジンコソーラー普通株主に帰属される非GAAP(米国で一般に認められている会計基準)純益は、2014年第3四半期の3億4200万元、2013年第4四半期の2億2860万元と比較して2億3710万元(3820万ドル)だった。

*2014年第4四半期のADS当たり基本的および希釈化後の非GAAP利益は、それぞれ7.64元(1.24ドル)、6.12元(1.00ドル)だった。

▽2014年通年ハイライト

*ソーラーモジュールの総出荷容量は2943.6MWで、同社ダウンストリーム太陽光発電プロジェクトで使われる520.4MWが含まれていた。

*2014年通年の第三者機関へのソーラー製品出荷容量は、2787.1MWと記録的な容量に達した。これはソーラーモジュールの2423.2 MW、シリコンウエハーの229.6 MW、ソーラーセルの134.3 MWで構成され、2013年通年の1933.1 MWに比べて44.2%増となった。

*2014年12月31日時点で、同社は502.6 MWの太陽光発電プロジェクトをグリッド接続した。

*総売上高は2014年通年に99億8000万元(16億1000万ドル)で、2013年通年の70億8000万元から41.0%増加した。

*太陽光発電プロジェクトから生じた電気収入は2億3760万元(3830万ドル)であり、2013年の7670万元から209.7%増となった。

*2014年通年の粗利は22.4%で、2013年通年は 20.3%だった。

*営業利益は、2013年通年の6億4550万元に対し9億3160万元(1億5010万ドル)だった。

*ジンコソーラー普通株主に帰属する純益は、2014年通年で6億7300万元(1億850万ドル)だった。2013年通年のそれは1億8800万元だった。

*2014年通年の希釈化後のADS1株当たり利益は、2013年通年の7.84元に対して15.44元(2.48ドル)だった。

*2014年通年のジンコソーラー普通株主に帰属する非GAAP純益は8億20万元(1億2900万ドル)であり、2013年通年は4億3230万元だった。

*2014年通年のADS当たりの基本的および希釈化後非GAAP利益は、それぞれ26.04元(4.20ドル)、20.8元(3.36ドル)だった。

ジンコソーラーのカンピン・チェン最高経営責任者(CEO)は次のようにコメントした。

「われわれは、強い基調で2014年度を締めくくることができた。2014年第4四半期の総売り上げは、当社のダウンストリーム事業が使用する339.1MWを含むモジュールの出荷が1078.3MWの新記録となり、前年同期比35.8%増の4億7890万ドルに達した。また通年のソーラーモジュール出荷は2943.6MWになったが、これも当社のダウンストリーム・プロジェクトに使用された520.4MWが含まれている。収益源は拡大し、コストが引き続き向上し、2014年度の純利益は1億ドル以上を達成することができた。急成長する当社のダウンストリーム事業は世界各国でのプレゼンスと業界トップ製品を拡大しており、今後も当社の成長をサポートして、ワンストップのエネルギーソリューション・プロバイダーに成長するという当社目標を目指して努力する」

「当社のダウンストリーム事業は、2014年第4四半期に8040万元に達した太陽光発電プロジェクトの電力売上によって躍進を続けている。同プロジェクトは連続して68.6%の増加を示している。270MWのプロジェクトは同四半期に完了し、その内の150MWはグリッド接続である。これによって、グリッド接続ジンコソーラー発電プロジェクトの総生産能力は503MWになる。グリッド接続のMW数は、年度末における寒い冬と緩慢なグリッド接続プロセスのために当初予想よりも少ないが、2015年前期に約360MWのプロジェクトをグリッド接続することによって、これを補うつもりである。当社のパイプラインは拡大し、グリッド接続のプロジェクト数は増加しており、経営陣は引き続き株主価値を最大限に高める方法でスピンオフ・プロセスを推進していく」

「世界のソーラー需要は原油価格の低迷にも関わらず、2015年に15%から20%伸びると期待されており、われわれは今後も当社の市場プレゼンスを多様化していく。原油はそもそも、主要ソーラー市場において発電よりはむしろ輸送に使われるものであり、われわれは原油価格がソーラーのファンダメンタルズに与える影響は限定的なものであると確信している。さらに、環境に対する懸念の高まりは、多くの主要市場、特に中国におけるソーラー需要への高まりを後押しする要因の1つであることを念頭に置いておくことも大切である」

「2012年貿易問題における米商務省調停の暫定結果は肯定的ではあるものの、われわれは頻発するソーラー貿易摩擦に影響を受けない地域でセルとモジュールの海外生産施設を開設することによって、当社の生産能力を世界各地にさらに分散させることに重点的に取り組んでいく。われわれは当社のリソースを効率的に管理することによって、主要なソーラー市場をリードするソーラー製品サプライヤーとしての地位を強化するのが目標である」

「われわれは2015年2月にモジュール発電ユニットの新記録を達成した。テュフ・ラインランドの上海テストセンターが行った独自試験でジンコソーラーの『Eagle+』60セル多結晶シリコンモジュールの出力は334.5ワット(W)を実現した。これは、2014年12月に当社が記録した306.9Wを更新するものになった。さらに、われわれは統合インテリジェント・ソリューションの開発に専念し、スマートモジュールを日本最大のスマート・コンポーネントPVプロジェクトに提供する」

「われわれは2014年当社のトップ技術、グローバルプレゼンス、金融機関との密接な関係を活用して多くを達成し、当社事業をいっそう発展させた。2015年は当社にとってこれまでにない成功をもたらす年になると確信している」

▽ジンコソーラーについて

ジンコソーラーは太陽光発電産業のグローバルリーダーであり、中国・江西省、淅江省で生産活動を行い、販売およびマーケティング・オフィスは、中国の上海と北京、ドイツ・ミュンヘン、イタリア・ボローニャ、スイス・ツーク、米国・サンフランシスコ、オーストラリア・クイーンズランド、カナダ・オンタリオ、シンガポール、東京、大阪、南アフリカ・ケープタウン、チリ・サンティアゴに置いている。

ジンコソーラーは垂直統合型ソーラー製品のバリューチェーンを構築し、2014年12月31日時点で、年間生産能力はシリコンインゴット、ウエハーの2.5ギガワット(GW)、ソーラーセルの2GW、ソーラーモジュールの3.2 GWを達成した。ジンコソーラーは中国で電力を販売するとともに、ドイツ、イタリア、ベルギー、スペイン、米国、東欧、中国、インド、日本、南アフリカ、南米をはじめとする世界各国・地域の主要PV市場の多様な顧客に同社のソーラー製品を提供している。

詳細はウェブサイトwww.jinkosolar.com を参照。

▽問い合わせ先

中国:

Sebastian Liu

JinkoSolar Holding Co., Ltd.

Tel: +86 21-6061-1792

Email: ir@jinkosolar.com

Christian Arnell

Christensen

Tel: +86-10-5900-1548

Email: carnell@christensenir.com

米国:

Jeff Bloker

Christensen

Tel: +1-480-614-3003

Email: jbloker@christensenir.com

ソース:Jinko Solar Holding Co., Ltd.

JinkoSolar Announces Fourth Quarter and Full Year 2014 Financial Results

PR59727

SHANGHAI, Mar. 5, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

JinkoSolar Holding Co., Ltd. ("JinkoSolar" or the "Company") (NYSE: JKS), a

global leader in the solar PV industry, today announced its unaudited financial

results for the fourth quarter and full year ended December 31, 2014.

Fourth Quarter 2014 Highlights

-Total solar product shipments to the third parties amounted to 838.2 megawatts

("MW"), consisting of 739.2 MW of solar modules, 53.1 MW of silicon wafers and

45.9 MW of solar cells. This represents an increase of 18.4% from 708.2 MW in

the third quarter of 2014 and an increase of 43.0% from 586.3 MW in the fourth

quarter of 2013. Total solar module shipments were 1,078.3 MW, which includes

339.1 MW to be used in the Company's downstream projects.

-As of December 31, 2014, the Company has connected a total of 502.6 MW of

solar power projects to the grid.

-Total revenues were RMB2.97 billion (US$478.9 million), representing an

increase of 16.0% from the third quarter of 2014 and an increase of 35.8% from

the fourth quarter of 2013.

-Electricity revenues from solar power projects were RMB80.4 million (US$13.0

million), representing an increase of 68.6% over the third quarter of 2014. In

the third quarter, the Company reversed the revenue of RMB19.6 million related

to the value-added tax of feed-in-tariffs. Electricity revenues from solar

power projects, excluding the effect of value-added tax, representing an

increase of 19.5% over the third quarter of 2014.

-Gross margin was 22.8%, compared with 20.6% in the third quarter of 2014 and

24.7% in the fourth quarter of 2013.

-Income from operations was RMB236.6 million (US$38.1 million), compared with

income from operations of RMB239.9 million in the third quarter of 2014 and

income from operations of RMB262.3 million in the fourth quarter of 2013.

-Net income attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary

shareholders was RMB244.7 million (US$39.4 million), compared with net income

attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary shareholders of

RMB280.6 million in the third quarter of 2014 and net income attributable to

JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary shareholders of RMB164.3 million in the

fourth quarter of 2013.

-Diluted earnings per American depositary share ("ADS") were RMB3.12 (US$0.52),

compared with diluted earnings per ADS of RMB8.00 in the third quarter of 2014

and diluted earnings per ADS of RMB5.88 in the fourth quarter of 2013.

-Non-GAAP net income attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary

shareholders in the fourth quarter of 2014 was RMB237.1 million (US$38.2

million), compared with non-GAAP net income attributable to JinkoSolar Holding

Co., Ltd.'s ordinary shareholders of RMB342.0 million in the third quarter of

2014 and non-GAAP net income attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s

ordinary shareholders of RMB228.6 million in the fourth quarter of 2013.

-Non-GAAP basic and diluted earnings per ADS were RMB7.64 (US$1.24) and RMB6.12

(US$1.00), respectively, in the fourth quarter of 2014.

Full Year 2014 Highlights

-Total solar module shipments were 2,943.6 MW, which include 520.4 MW to be

used in the Company's downstream solar power projects.

-Total solar product shipments to the third parties for the full year 2014

reached a record high of 2,787.1 MW, consisting of 2,423.2 MW of solar modules,

229.6 MW of silicon wafers and 134.3 MW of solar cells, an increase of 44.2%

from 1,933.1 MW for the full year 2013.

-As of December 31, 2014, the Company has connected 502.6 MW of solar power

projects to the grid.

-Total revenues were RMB9.98 billion (US$1.61 billion) for the full year 2014,

an increase of 41.0% from RMB7.08 billion for the full year 2013.

-Electricity revenues generated from solar power projects were RMB237.6 million

(US$38.3 million), representing a 209.7% increase from RMB76.7 million in 2013.

-Gross margin was 22.4% for the full year 2014, compared with 20.3% for the

full year 2013.

-Income from operations was RMB931.6 million (US$150.1 million), compared with

income from operations of RMB645.5 in the full year 2013.

-Net income attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary

shareholders was RMB673.0 million (US$108.5 million) for the full year 2014,

compared with a net income of RMB188.0 million for the full year 2013.

-Diluted earnings per ADS for the full year 2014 was RMB15.44 (US$2.48),

compared with diluted earnings per ADS of RMB7.84 for the full year 2013.

-Non-GAAP net income attributable to JinkoSolar Holding Co., Ltd.'s ordinary

shareholders for the full year 2014 was RMB800.2 million (US$129.0 million),

compared with non-GAAP net income attributable to JinkoSolar Holding Co.,

Ltd.'s ordinary shareholders of RMB432.3 million for the full year 2013.

-Non-GAAP basic and diluted earnings per ADS for the full year 2014 were

RMB26.04 (US$4.20) and RMB20.8 (US$3.36), respectively.

Mr. Kangping Chen, JinkoSolar's Chief Executive Officer commented, "We closed

out the year on a very strong note. Total revenues during the fourth quarter of

2014 reached US$478.9 million, representing an increase of 35.8% over the same

period in 2013 as module shipments reached a record high of 1,078.3 MW which

includes 339.1 MW designated for our own downstream business. Full year solar

module shipments also reached a record high of 2,943.6 MW, which includes 520.4

MW used in our downstream projects. Revenue streams expanded as costs continued

to improve allowing us to achieve over US$100 million in net income for the

year. Our rapidly growing downstream business, expanding geographic presence

and industry-leading products will continue to support our growth as we work

towards our goal of transforming into a one-stop energy solutions provider."

"Our downstream business continued to gain momentum with electricity revenues

from solar power projects reaching RMB80.4 million in the fourth quarter of

2014, representing an increase of 68.6% sequentially. 270 MW of projects were

completed during the quarter of which 150 MW were connected to the grid. This

brings the total capacity of connected JinkoSolar power projects to 503 MW.

While the number of MW connected to the grid is lower than we initially

anticipated due to a cold winter and a slower grid connection process at the

end of the year , we expect to make up for it by connecting approximately 360

MW of projects  during the first half of 2015. As our pipeline expands and the

number of projects connected to the grid grows, management continues to move

the spin-off process forward in a way that will maximize shareholder value."

"We continue to diversify our market presence as global solar demand in 2015 is

expected to grow by 15-20% despite low oil prices. The price of oil, we

believe, has a limited impact on solar fundamentals as it is primarily used for

transportation rather than power generation in most of the key solar markets.

And it is important to remember that mounting concern over the environment has

been one of the driving factors behind increased solar demand in many key

markets, China in particular."

"While the preliminary results of adjustments from the US Department of

Commerce on the 2012 Trade Case were positive, we remain focused on further

diversifying our production capacity geographically by establishing overseas

production facilities for both cells and modules in regions unaffected by the

frequent solar trade disputes. By managing our resources efficiently, we aim to

strengthen our position as the leading solar product supplier in key solar

markets."

"We achieved new heights of module power output in February 2015 where

independent testing conducted by TUV Rheinland's Shanghai Testing Center showed

that the power output of JinkoSolar's 'Eagle +' 60-cell multi PV modules

reached 334.5 watts - a new record that broke the previous record of 306.9

watts also set by us in December 2014. We are also dedicated to developing

integrated intelligent solutions by providing smart modules to Japan's largest

smart component PV project."

"We accomplished a lot in 2014 by leveraging our industry leading technology,

global presence and deep relationships with financial institutions to grow our

business further. I am confident that 2015 will be an even more successful year

for us."

About JinkoSolar Holding Co., Ltd.

JinkoSolar is a global leader in the solar industry with production operations

in Jiangxi and Zhejiang Provinces in China and sales and marketing offices in

Shanghai and Beijing, China; Munich, Germany; Bologna, Italy; Zug, Switzerland;

San Francisco, the United States; Queensland, Australia; Ontario, Canada;

Singapore; Tokyo and Osaka, Japan; Cape town, South Africa; and Santiago, Chile.

JinkoSolar has built a vertically integrated solar product value chain, with an

annual capacity of 2.5GW for silicon ingots and wafers, 2 GW for solar cells,

and 3.2 GW for solar modules, as of December 31, 2014. JinkoSolar sells

electricity in China and distributes its solar products to a diversified

customer base in the global PV market, including Germany, Italy, Belgium,

Spain, the United States, Eastern Europe, China, India, Japan, South Africa,

South America and other countries and regions.

To find out more, please see: www.jinkosolar.com.

Safe-Harbor Statement

This press release contains forward-looking statements. These statements

constitute "forward-looking" statements within the meaning of Section 27A of

the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities

Exchange Act of 1934, as amended, and as defined in the U.S. Private Securities

Litigation Reform Act of 1995. These forward-looking statements can be

identified by terminology such as "will," "expects," "anticipates," "future,"

"intends, "plans," "believes," "estimates" and similar statements. Among other

things, the quotations from management in this press release and the Company's

operations and business outlook, contain forward-looking statements. Such

statements involve certain risks and uncertainties that could cause actual

results to differ materially from those in the forward-looking statements.

Further information regarding these and other risks is included in JinkoSolar's

filings with the U.S. Securities and Exchange Commission, including its annual

report on Form 20-F. Except as required by law, the Company does not undertake

any obligation to update any forward-looking statements, whether as a result of

new information, future events or otherwise.

For investor and media inquiries, please contact:

In China:

Sebastian Liu

JinkoSolar Holding Co., Ltd.

Tel: +86 21-6061-1792

Email: ir@jinkosolar.com

Christian Arnell

Christensen

Tel: +86-10-5900-1548

Email: carnell@christensenir.com

In the U.S.:

Jeff Bloker

Christensen

Tel: +1-480-614-3003

Email: jbloker@christensenir.com

SOURCE  Jinko Solar Holding Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中