賃貸住宅商品ラインアップ拡充 高級賃貸住宅商品「セジュールオッツαJT」発売

2015/04/06

大和ハウス工業株式会社

代表取締役社長 大野直竹

大阪市北区梅田3-3-5

賃貸住宅商品ラインアップ拡充

高級賃貸住宅商品「セジュールオッツαJT」発売

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2015年4月7日(火)より、高級賃貸住宅商品「セジュールオッツαJT(アルファジェイティ)」を発売し、賃貸住宅商品のラインアップを拡充します。

 当社は、2006年に3階建賃貸住宅商品「セジュールオッツ」を発売し、これまでにシリーズ累計約86,000戸(※1)を販売しました。

 今回発売する「セジュールオッツαJT」は、高遮音床仕様「サイレントハイブリッドスラブ50(SILENT HYBRID SLAB50)」を標準採用し、外観の一部にタイルを張り高級感をもたせた商品です。

 また、都市部狭小・変形地にも効率よく対応できる工法を採用することで、土地オーナー様の土地活用ニーズにフレキシブルに対応できます。

 本年1月1日からの相続税非課税枠の縮小に伴い、賃貸住宅の建設需要が高まる中、土地オーナー様への幅広い土地活用の提案と、ご入居者からも選ばれる賃貸住宅を提案するべく、本商品を発売することとなりました。

※1.2015年2月末時点。

●「セジュールオッツαJT」 ポイント

 1.高級コンドミニアムを感じさせる外観

 2.重量鉄骨を柱・梁等に採用した強い躯体

 3. 業界トップクラスの遮音効果を標準採用

●商品特長

1.高級コンドミニアムを感じさせる外観

 当社オリジナル外壁「DCシステムウォール」をベースとし、エントランスや建物正面部に重厚感をもたせるため、陰影が美しいタイルを採用しました。また、親水効果の高いタイルを採用することで、末永く建物の美しさを保ちます。

 タイルのもつ重厚感が建物の存在感を高め、海外のリゾート地にあるコンドミニアムの様な高級感ある外観を作り上げます。

2.重量鉄骨を柱・梁等に採用した強い躯体

 「セジュールオッツαJT」では、1階に柱幅80mm・肉厚6mmの重量鉄骨柱(※2)を標準装備。主要な柱材を20mm大きくすることで、従来の当社3階建賃貸住宅商品と比べて、約20%耐力が向上しました。また、1階外壁部に二重耐力壁を採用することで、居室の開口部をより大きくとることができ、広々とした居室空間の提案や、狭小・変形敷地などの土地活用ニーズにも柔軟に対応できます。

※2.当社では、鋼材の板厚が6mm未満の場合は「軽量鉄骨」、6mm以上の場合は「重量鉄骨」としています。

3. 業界トップクラスの遮音性能を標準採用

 2012年に発売した高遮音床仕様「サイレントハイブリッドスラブ50」(※3)と、隣接する住まいの音への配慮を考え、独自開発した高遮音界壁(※4)を標準採用しました。床と壁に業界トップクラスの遮音性能を標準採用することにより、プライベートを守るためのクオリティを提供し、ご入居者の満足度を向上させ、さらなる入居率の向上を図ります。

※3.高強度プレキャストコンクリート(設計基準強度60N/mm)の床版を採用し、子どもの飛び跳ねなどの重量床衝撃音に対する遮断性能である「LH-50」と、食器の落下音などの軽量床衝撃音に対する遮断性能「LL-40」の性能を実現した遮音床。LH・LLともに数値が低いほど、衝撃音の聞こえ方は小さくなります。数値が10下がれば、聞こえ方は約半分になります。

※4.一般的な集合住宅の界壁遮音性能「D-40」に対して、当社の界壁ランクは2ランク上回る「D-50」を実現しました。D値は、空気伝播音の遮音等級。値が大きい程高い性能を示します。数値が10上がると、聞こえ方は約半分になります。値はプランや諸条件によって異なることがあります。

●商品概要

名  称:「セジュールオッツαJT(アルファジェイティ)」

       ※「α」はサイレントハイブリッドスラブ50を意味し、

        「J」は重量鉄骨、「T」はタイルを表しています。

発 売 日:2015年4月7日

販売地域:全国

販売価格:47万円/坪~

販売目標:年間5,000戸

構    造:鉄骨造3階建

お客様お問合せ先:大和ハウス工業株式会社 集合住宅事業推進部CRセンター

        TEL:0120-933-080

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中