世界初! 4K映像・音声データとLANデータを同時伝送できる光伝送器を発売

2015年4月7日

富士ゼロックス株式会社

世界初! 4K映像・音声データとLANデータを同時伝送できる光伝送器を発売

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、映像コミュニケーションへの新たな価値提供につながる4K映像データ・音声データ・LANデータを同時に、800mの長距離にわたって伝送可能な「4K HDMI・IP光伝送器」を世界で初めて注1開発、5月15日より発売いたします。

「4K」映像はフルハイビジョン(2K)の4倍の高解像度ゆえデータ量が多く、音声データも含めて伝送可能距離が短い、データを圧縮すると映像遅延が発生しリアルタイム性が損なわれるなどの課題がありますが、「4K HDMI・IP光伝送器」は高精細な映像データを圧縮することなく光信号に変換し光ケーブルで伝送する方式で、30フレーム/秒の4K映像データを1フレームのタイムラグもなく伝送できます。

4K映像データ・音声データと同時にLANデータ(1000BASE-T)も通信可能な世界初の光伝送器であり、映像機器とネットワーク対応機器を組み合わせたシステム構築が光ケーブル1本で可能となりました。例えば、デジタルサイネージでの活用では双方向コミュニケーションのためのタッチパネル操作などに必要な制御信号を4K映像データと同時に通信できることで、LANデータ通信のための配線コストも削減できます。

当社が複合機向けに独自開発した面発光型半導体レーザー素子VCSEL(ヴィクセル)注2技術を応用した光ファイバーによるデータ伝送技術で、4K映像・音声データ、LANデータを同時に800mまで長距離伝送を実現しました。

用途としては、駅や空港、街頭のデジタルサイネージをはじめ、工場内の監視システム、教育現場でのタブレットを活用したアクティブラーニング、病院での手術映像の院内共有など、さまざまなコミュニケーションシーンを想定しています。

近年、フルハイビジョン(2K)の4倍の解像度を持つ「4K」映像に対応するテレビやカメラが登場し、これまでよりも臨場感のある高精細映像の視聴が可能となっており、さまざまな用途での「4K」映像の活用が期待されています。

高精細な映像でシステムが容易に構築できる映像光伝送器のニーズは高まっていくと予想され、「4K HDMI・IP光伝送器」はそのようなニーズに応えるとともに、映像コミュニケーションの可能性を広げる新たなソリューションを提供します。

注1:4K HDMI信号を800m長距離伝送可能かつ同時にLAN通信(1000BASE-T)ができるHDMI規格認証を取得した機器として(2015年3月31日現在 当社調べ)

注2 : VCSEL=Vertical Cavity Surface Emitting Laser (垂直共振器面発光レーザー)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付ファイル

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中