Teradata QueryGrid、最高クラスの分析テクノロジーの選択肢を拡大

日本テラデータ

2015/4/27 13:03

ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーションは、異なる分析システムに分散したデータを分析する企業を支援するため、Teradata QueryGridテクノロジーを大幅に拡張した6つの新機能および強化機能を発表しました。

2015年4月27日

日本テラデータ株式会社

Teradata QueryGrid、最高クラスの分析テクノロジーの選択肢を拡大

― 強化されたQueryGridがHadoopディストリビューションの選択肢を拡大し、アーキテクチャの柔軟性、分析の拡張性を実現 ―

[2015年4月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 オランダ アムステルダムおよび米国カリフォルニア州サンディエゴ発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、異なる分析システムに分散したデータを分析する企業を支援するため、Teradata QueryGridテクノロジーを大幅に拡張した6つの新機能および強化機能を発表しました。これにより、分析エコシステム全体でデータの処理をシームレスに集約することが可能となります。

 独自に設計されたTeradata QueryGridは、双方向のデータ移動やプッシュダウン処理によって複数の分析エンジンに格納されているデータの性能を利用・活用し、ビジネス分析を強化します。これにより、ビジネスユーザーは、手動でのデータ移動や、新しい言語を習得する必要がなくなり、異なる種類のデータから構成された複雑な質問に取り組む労力から解放されます。

 Teradata QueryGridにより、ユーザーは、特殊なツールやIT部門のサポートなしで、異なるシステムを横断してシームレスにセルフサービスでデータや分析処理にアクセスできるようになります。オープンソース・テクノロジーが最高クラスのエンタープライズ用途の分析環境として主要な構成要素になろうとしている今日において、これは大変重要なことです。

 現在提供しているQueryGridの機能の拡張として、今回「QueryGrid for Teradata-to-MapR」、 「Teradata-to-Cloudera Distribution for Hadoop」、「Aster-to-Cloudera Distribution for Hadoop」を発表します。また、「QueryGrid for Teradata-to-Teradata」と「Teradata-to-Hortonworks Data Platform」のサポートおよびグローバル提供についても発表します。さらに、既存の「Teradata-to-Hortonworks Data Platform」を強化し、以前発表した「Teradata-to-MapR」の発売日も決定しました。

 異なるプラットフォームから構成されたデータと分析を組み合わせるメリットは、ベンダー独自のものかオープンソースかに関係なく、様々な業界で有効です。顧客事例を紹介します。データ主導型の製造業は、最高品質で故障率が低い製品を製造し、競合他社に対する優位性を求めています。生産品質を最大限高めるため、ビジネスアナリストは現場で使用される製品から生成される変化の激しい多構造化センサーデータと、生産データ、業務データ、顧客サービスデータを組み合わて分析する必要があります。多くの場合、異なる種類のデータは別々のシステムに格納されています。Teradata QueryGridは、あらゆるデータソースを横断して、高度な分析に容易にアクセスし、実行することを可能にします。そして、そこから得た洞察(インサイト)により、ビジネスアナリストは、製品の故障をなくし、売上を向上させ、生産技術を改善することができます。

 「Teradata-to-Cloudera」、「Aster-to-Cloudera」、「Teradata-to-Teradata」、「Teradata-to-Hortonworks」の4種類のTeradata QueryGridテクノロジーは、グローバルですでに提供を開始しています。「Teradata-to-Asterテクノロジー」と「Teradata-to-MapRテクノロジー」に関しては、第2四半期の後半までに提供を開始する予定です。

●関連リンク:

1. Teradata QueryGridが実現するアクションにおける分析

http://www.teradata.com/Resources/White-Papers/Analytics-in-Action-with-Teradata-QueryGrid/

2. Teradata QueryGridが可能にするデータ・ファブリック

http://www.teradata.com/Resources/Videos/Data-Fabric-enabled-by-Teradata-QueryGrid/

3. 調和のとれた集約 ー Teradata Magazine 記事

http://www.teradatamagazine.com/v14n02/Tech2Tech/Harmonious-Orchestration/

4. Teradata QueryGridソリューション 連載コミック

http://assets.teradata.com/resources/ebooks/101014-QueryGrid-eBook/FLASH/

以上

# # #

・日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース

http://jpn.teradata.jp/press/2015/20150427_2.html

・本プレスリリースの原文: Teradata News Room

http://www.teradata.com/News-Releases/2015/Teradata-QueryGrid-Expands-Customer-Choice-for-Best-of-Breed-Analytic-Technologies/

# # #

◆ Teradata Corporationについて

テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。

http://www.teradata.com/

◆ 日本テラデータについて

日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

http://www.teradata.jp/

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中