総務省「異能(Inno)vation」プログラム ICT技術開発課題に挑戦する個人の公募

2015-05-15

株式会社角川アスキー総合研究所

総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業 SCOPE 独創的な人向け特別枠 「異能(Inno)vation」プログラム ICT技術開発課題に挑戦する個人の公募 平成27年度事務局開始

株式会社角川アスキー総合研究所(東京都文京区西片 代表取締役社長 角川歴彦)は、

平成27年5月15日より総務省が本年度実施する「異能(inno)vationプログラム」

の実施機関としてプログラム事務局を運営致します。

本年度は、昨年スーパーバイザーの伊藤穣一氏、外村仁氏をプログラムアドバイザーと

して提案全体に対する概括的なアドバイスをしていただきます。

新たなスーパーバイザーとして中須賀真一氏(東京大学大学院 航空宇宙工学専攻教授)

と三池崇史氏(映画監督)を迎えました。

自薦、他薦による多くの技術課題、そして協力・協賛企業とのコラボ等、本年度は、

どんな異能な人が集まるか楽しみです。

・「異能(Inno)vation」ウェブページ

 http://www.inno.go.jp

・公募期間

 平成27年5月15日(金)から平成27年6月25日(木)

VNR-ch:http://www.vnr-ch.com/releases/detail/20630

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

異能vation

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中