Kepwareが日本にオフィスを開設

Kepware Technologies

2015/7/15 09:30

Kepwareが日本にオフィスを開設

AsiaNet 61139(0895)

【ポートランド(米メーン州)2015年7月14日PRN=共同通信JBN】

*米メーン州ポートランドのソフトウエア会社が東京に初の国際オフィスを開設

オートメーション向け通信に特化するソフトウエア開発企業Kepware(R)Technologies(ケプウェア、http://www.kepware.com )は14日、東京にオフィスを開設すると発表した。Kepwareはすでに販売提携会社を通じて100カ国以上に展開しているが、国際拠点はこれが初めてとなる。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130402/NE86794LOGO

オフィスは東京都千代田区のパシフィックセンチュリープレイスの8階に入居する。Kepwareの国際販売ディレクター(アジア太平洋・中東・アフリカ担当)のリーム・レー(Liem Le)氏が統括する東京オフィスは、ビジネス展開と提携関係作りに専念する。

Kepwareのブレット・オースティン社長は「東京オフィスの開設を喜びを持って発表する。Kepwareにとって今後数年間の主な戦略は、グローバル市場で基盤を広げ、地域に合ったソフトウエア・ソリューションを提供することである。日本を足掛かりにして、この地域の顧客や提携会社と今まで以上に親密に交流し、関係を強め、将来の発展を支援していきたい」と語った。

Kepwareは7月15日にTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで記者会見を開き、新しいオフィスについて説明する。記者会見にはKepwareの優先提携企業の関東エルエンジニアリング(KLEC、http://www.klec.co.jp/en/ )も参加する。KLECはKepwareのすべてのソフトウエア・ソリューションの販売促進、供給、サービスを手掛けている。

KLECの金鉄昊(キム・チョルホ)代表取締役は「Kepwareの主力製品のKEPServerEXは、OPCとITを中心とした通信プロトコルを活用し、世界の産業オートメーション業界で中核的なコミュニケーション・プラットフォームに成長した。Kepwareのパートナー企業として日本市場に同社製品を供給するのはわが社の誇りである。またKepwareの世界ビジネスの成長に貢献できることは大変な名誉であり、同社の東京オフィスと協力できることに期待している」と述べた。

東京オフィスについての詳しい情報はwww.kepware.com/japan まで。

▽Kepware,Inc.について

Kepware Technologiesは米メーン州ポートランドに本社を置く株式非公開のソフトウエア開発企業である。Kepwareは企業がさまざまなオートメーション機器およびソフトウエアのアプリケーションに接続することを支援する一連のオートメーション・ソリューションを提供する。Kepwareは製造、石油・天然ガス、ビルディングオートメーション、電気・公益事業などを含む世界のさまざまな垂直市場の幅広い顧客に対し、油田の作業現場から油井、風力発電ファームに至るサービスを提供する。Kepwareは1995年に創立され、そのソフトウエア・ソリューションは現在100カ国以上で販売され、数千の企業の事業および意思決定の向上を支援している。詳細はウェブサイトwww.kepware.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Ryan Lilly

rlilly@matternow.com

+1-978-518-4533

www.matternow.com

ソース:Kepware Technologies

Kepware Opens Office in Japan

PR61139

PORTLAND, Maine, July 14, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

       -- Tokyo location marks first international office for Portland,

                           Maine-based software company

Kepware(R) Technologies (http://www.kepware.com ), a software development

company focused on communications for automation, today announced the opening

of its Tokyo, Japan office. While the company has a solid foothold in more than

100 countries through channel partners, this marks the first international

location for Kepware.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130402/NE86794LOGO

The office is located at 8F Pacific Century Place in the Chiyoda district of

Tokyo, and led by Liem Le, International Sales Director, Asia Pacific, Middle

East, and Africa (AP MEA), Kepware. The Tokyo office will focus on business

development opportunities and building partner relationships.

"We are excited to announce the launch of our Tokyo office," said Brett Austin,

President, Kepware. "Expanding Kepware's presence in global markets and

delivering regionalized software solutions are major initiatives over the next

few years. With our Japan location, we will be able to interact more closely

with both our customers and partners in the area, strengthening those

relationships and supporting future growth."

Kepware's Preferred Distributor in Japan, Kanto L-Engineering Co.

(http://www.klec.co.jp/en/ ) (KLEC), will join the company during a press

conference on July 15th at the TKP Tokyo-eki Yaesu Conference Center to discuss

details about the new location. KLEC promotes, distributes, and provides

support for all software solutions across Kepware's product portfolio.

"Kepware's flagship product, KEPServerEX, leverages OPC and IT-centric

communication protocols, making it the world's leading communications platform

for the industrial automation industry," said Choulho Kim, President, KLEC. "We

are proud to partner with Kepware and provide distribution to the Japanese

market. It is a great honor for us to be able to contribute to the expansion of

Kepware's global business, and we look forward to working closely with the

Tokyo office."

For additional information about the Tokyo office, please visit

www.kepware.com/japan.

About Kepware, Inc.

Kepware Technologies is a private software development company headquartered in

Portland, Maine. Kepware provides a portfolio of software solutions to help

businesses connect diverse automation devices and software applications. From

plant floor to wellsite to windfarm, Kepware serves a wide range of customers

in a variety of vertical markets including Manufacturing, Oil & Gas, Building

Automation, Power & Utilities, and more. Established in 1995 and now

distributed in more than 100 countries, Kepware's software solutions help

thousands of businesses improve operations and decision making. Learn more at

www.kepware.com.

Media Contact:

Ryan Lilly

rlilly@matternow.com

+1-978-518-4533

www.matternow.com

SOURCE: Kepware Technologies

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中