IFRAがフレグランス安全性プログラムの実施規則に48回目の修正

IFRA

2015/7/31 11:47

IFRAがフレグランス安全性プログラムの実施規則に48回目の修正

AsiaNet 61353 (0981)

【ブリュッセル2015年7月31日PRN=共同通信JBN】IFRA(International Fragrance Association、国際香粧品香料協会)はこのほど、業界で進められている安全性プログラム(注2)の一環として IFRA Code of Practice(IFRA実施規則、注1)の48回目となる修正を公表した。

修正は以下の通り。

1、皮膚感作性QRA(量的リスク評価)に基づく3つの新しい基準

2、皮膚感作性QRAに基づき修正された最大限実用レベルの1つの修正基準

3、安全性評価に対する不十分なデータによって利用を禁止する2つの新しい基準

4、光毒性含有物4種とすべての光毒性基準の適用範囲に関する説明を合わせ利用する修正政策。皮膚以外と偶発的皮膚接触製品に対する制限レベルに関するメチルオイゲノールの修正基準

5、メチルオイゲノール基準と調和する種類(皮膚以外、偶発的皮膚接触製品)を記述する言葉に関するエストラゴールの修正基準

6、説明のため修正されたいくつかの基準

7、新しいCAS (Chemical Abstracts Service) ナンバーを付加したことに起因する3つの修正基準

8、基準のためのシステム作りを意図した評価を取り入れことに関して、今年の修正はそれ相応オの修正が施され、(IFRA実施規則開始以来)40年余りとなってより一層一貫性があり、ユーザーフレンドリーになった

48回修正の詳細は、基準導入の付則およびガイダンスを含めて、ウェブサイトhttp://www.ifraorg.orgのIFRA基準(IFRA Standards)セクションで閲覧できる。

IFRA Code of Practiceの基準に準拠することは、IFRA会員組織に所属するすべてのIFRA会員社の義務である。

(編集者注)

(注1)IFRA Code of Practice

このコードは、すべてのフレグランス材料の製造と処理、あらゆる種類のアプリケーションに適用され、IFRA基準一式をカバーしている。IFRA Code of Practiceを順守することは、IFRAの会員(直接もしくは同様の各国組織のいずれかを通じて)であるすべてのフレグランス供給会社の必須(前提)条件である。クライアント会社(化粧品・家庭用品生産者を含む)は、同社フレグランスがコードに規定されたIFRA基準に準拠するよう望まれる。

(注2)フレグランス業界の安全性プログラムは、フレグランス材料をテストするため設立され、人体と環境に与える可能性に関する調査研究に基づいて、「安全利用レベルを設定するかその利用を禁止する。安全性プログラムは現在、選択されたフレグランス材料の利用を制限もしくは禁止する191項目の基準が含まれる。

ソース:IFRA

IFRA Announces 48th Amendment to Standards

PR61353

BRUSSELS, July 31 /PRN=KYODO JBN/ --

IFRA (International Fragrance Association) has officially issued the 48th

Amendment to the IFRA Code of Practice* as part of the industry's ongoing

safety program**.

The Amendment consists of:

1. Three new Standards based on the dermal sensitization QRA (Quantitative Risk

Assessment).

2. One revised Standard, based on the dermal sensitization QRA, with a

corrected maximum pragmatic use level.

3. Two new Standards prohibiting use due to insufficient data for safety

assessment.

4. Revised policy on combined use of four phototoxic ingredients and

clarification on the application scope of all phototoxicity Standards.

Revised Standard on Methyl eugenol on the restriction level for non-skin,

incidental skin contact products.

5. Revised Standard of Estragole on the language describing the categories

(non-skin, incidental skin contact products) to harmonize with the Methyl

eugenol Standard.

6. Several Standards revised for clarification.

7. Three revised Standards due to the addition of new CAS Numbers.

8. There is a degree of emphasis in this year's Amendment on introducing

measures designed to make the system of Standards, now more than 40 years old,

more consistent and user friendly.

Full details of the 48th Amendment, including annexes and guidance on

implementing the Standards can be found on the IFRA Standards section of the

website: http://www.ifraorg.org

The compliance with the Standards of the IFRA Code of Practice is mandatory for

all IFRA member companies belonging to an IFRA member association.

Notes to Editors:

*The IFRA Code of Practice  

The Code applies to the manufacture and handling of all fragrance materials,

for all types of applications and covers the full set of IFRA Standards.

Abiding by the IFRA Code of Practice is a prerequisite for all fragrance

supplier companies that are members of IFRA (either directly or through

national associations). The majority of client companies (including producers

of toiletries and household products) expect their fragrances to comply with

IFRA Standards as set out in the Code.

**Fragrance industry Safety Program

The fragrance industry's safety program is founded on testing fragrance

materials and either establishing 'Safe Use Levels', or prohibiting their use,

based on studying their potential effects on people and the environment.

Currently the safety program contains 191 'Standards', which restrict, or

prohibit, the use of selected fragrance materials.

Source: IFRA

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中