シャネル-CE.R.I.E.S.リサーチアワード:2名の受賞者決定、先駆的研究を支援

シャネル

2015/9/4 10:25

シャネル-CE.R.I.E.S.リサーチアワード:2名の受賞者決定、先駆的研究を支援

AsiaNet 61674

パリ、2015年9月3日/PRニュースワイヤーシャネル

シャネル・リサーチ・アンド・テクノロジー(CHANEL Research and Technology)は、シャネル-CE.R.I.E.S.リサーチアワードの最新受賞者2名を発表しました。2014年度の受賞者のジュリア・セグレ医学博士(アメリカ)と2015年度の受賞者の西村栄美・医師・医学博士(日本)が2015年の受賞者です。

http://photos.prnewswire.com/prnh/20150721/238742 )

http://photos.prnewswire.com/prnh/20150721/263306 )

毎年恒例となっている本アワードの狙いは、基礎研究または臨床研究の業績をあげている研究者の業績を称え、その継続的な研究活動を奨励することです。研究分野は、皮膚の生理学や生物学研究や環境要因への反応性に関係するものです。

シャネル・リサーチ・アンド・テクノロジーのシニア・バイスプレシデントであるクリスチャン・マエ氏は次のようにコメントしています。「1996年にシャネル-CE.R.I.E.S.リサーチアワードを設定して以来、新しい研究成果を共有し、皮膚への理解を深め、画期的な皮膚研究プロジェクトを支援することが我々の目的です。最新の受賞者はまさにその良い例であり、彼らの先駆的な研究を支援することを誇らしく思っています。」

皮膚の個性の解明に役立つ、健常な皮膚微生物群の研究

ジュリア・セグレ医学博士は、アメリカメリーランド州のベセスダにあるアメリカ国立衛生研究所で主任研究員の役職にあります。彼女の研究は、皮膚の微生物叢および健常な皮膚を維持する上でのバクテリア、菌類、ウイルスの役割を理解することを主眼としています。

毎年受賞者を選出しているCE.R.I.E.S.科学諮問委員会の議長であるバーバラ・ギルクレスト教授は次のように説明しています。「セグレ教授のプロジェクトでは、強力なDNA配列決定法を健常なボランティアから採取した皮膚標本に応用することで、乾燥・湿潤・皮脂の多い複数の身体部位の常在細菌などの微生物の特徴を明らかにできます。2年間これらボランティアからの標本を繰り返し抽出することで、その種がどう変化していくのかを明らかにする予定です。彼女の研究は、人間が、身体機能に大きく影響する何兆個もの皮膚や腸の微生物とある種の平衡状態を保っているという最近の見解を反映したものです。」

セグレ教授は次のようにコメントしています。「確かに、私の研究は、各人の皮膚の個性によって私達の体に生息するバクテリアの菌株が決まってくることを実証しています。シャネル-CE.R.I.E.S.アワードによる研究助成金で、時間をかけてこの微生物の個性というものをさらに研究することができます。優れた皮膚基礎研究として選んで頂いたことを誇りに思います。」

セグレ教授のプロジェクトは、個別の美や皮膚のニーズを対象とした革新的な美容研究へと構築されていくことが期待されます。

革新的な細胞研究は、皮膚の老化の兆候を遅らす新しい方法につながる可能性があります。

西村栄美医学博士は、日本の東京医科歯科大学難治疾患研究所の幹細胞医学分野の教授として研究室を主催しています。彼女の研究の目的は、皮膚の老化のメカニズムの解明と皮膚の再生と若返りへの応用です。

ギルクレスト教授は次のように説明しています。「西村教授のプロジェクトは、いわゆる皮膚の毛包幹細胞の運命を追跡し、環境ストレスへの反応や環境老化を究明するために高度な遺伝子技術や画像解析技術を駆使するものです。」

西村教授は次のように述べています。「この賞は私にとって大変光栄であるとともに、大きな励みとなります。新しい科学的発見に至るまでの過程は必ずしも平坦ではありませんが、この賞は、皮膚の真理探究に向けてさらに邁進するようを促してくれます。」

西村教授のプロジェクトは、美容皮膚科学分野に応用されれば、老化の典型的な兆候を遅らせるための新しい予防手段につながる可能性があります。

シャネル-CE.R.I.E.S. リサーチアワード

シャネル-CE.R.I.E.S. リサーチアワードの4万ユーロの賞金はシャネル・リサーチ・アンド・テクノロジーの支援によります。毎年2月にhttp://research-technology.chanel.com/research-awards で募集が開始されます。

過去のシャネル-CE.R.I.E.S.アワード受賞者

2013年 ロバート L モドリン教授(アメリカ・ロサンゼルス)

2012年 マーチン レッケン教授・博士(ドイツ・テュービンゲ)

2011年 ジョーク A バウストラ博士(オランダ・ライデン)

2010 年 ホワード Y チャン教授・博士(アメリカ・スタンフォード)

2009年 サビーネ ヴェルナー博士(スイス・チューリッヒ)

2008年 ポール A カバリ教授・博士(アメリカ・スタンフォード)

2007年 リチャード L ガロ教授・博士(アメリカ・サンディエゴ)

2006年 アーウィン マクリーン博士(イギリス・スコットランド)

2005年 天谷雅行教授(日本・東京)

2004年 トーマス シュヴァルツ教授(ドイツ・テュービンゲン)

2003年 アンジェラ M クリスティア―ノ博士(アメリカ・ニューヨーク)

2002年 デニス R ループ博士(アメリカ・ヒューストン)

2001年 フィオーナ M ワット博士(イギリス・ロンドン)

2000年 マイケル カリン博士(アメリカ・サンディエゴ)

1999年 ジョナサン リーズ教授(イギリス・エディンバラ)

1998年 ヤーン クルットマン教授(ドイツ・デュッセルドルフ)

1997年 イェンス  ミカエル シュレーダー博士(ドイツ・キール)

1996年 高島 明教授・博士(アメリカ・ダラス)

(日本語リリース:クライアント提供)

The CHANEL-CE.R.I.E.S. Research Award Honours Two Leading Scientists and Supports Pioneering Studies on Healthy Skin

PR61674

PARIS, Sept. 3, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

     CHANEL Research and Technology announces the latest two winners of the

CHANEL-CE.R.I.E.S. Research Award: Julia Segre Ph.D (USA) receives the 2014

Award and Emi Nishimura M.D., Ph.D. (Japan) is nominated as the 2015 Award

recipient.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150721/238742 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150721/263306 )

    This annual Award is intended to honour the accomplishments of a scientific

researcher with a proven track record in fundamental or clinical research work

and to encourage his or her continued research activity. The field of research

concerns the physiology or biology of healthy skin and/or its reactions to

environmental factors.

    "Ever since we created the CHANEL-CE.R.I.E.S. Research Award in 1996, our

aim has been to support ground-breaking skin research projects, aiming to

enrich our understanding of the skin with new findings made available to all,"

comments Christian Mahei, Senior Vice President, CHANEL Research & Technology.

"Our most recent laureates are proof of this aim and we are proud to support

their trail-blazing work."

    Research into healthy skin microbial communities to throw light on skin

individuality

    Julia Segre Ph.D. holds the position of Senior Investigator at the National

Human Genome Research Institute in Bethesda, MD, USA. Her research focuses on

understanding the skin's microbiome and the role of surface bacteria, fungi,

and viruses in the maintenance of healthy skin.

    "Professor Segre's project will apply powerful DNA sequencing techniques to

skin swabs obtained from healthy volunteers to characterize resident bacteria

and other microbes at multiple dry, moist and sebum-rich body sites," explains

Professor Barbara Gilchrest, President of the CE.R.I.E.S. Scientific Advisory

Board which selects the annual Awardees. "By repeatedly sampling these

volunteers for two years, she will also determine whether these species vary

over time. Her work reflects the very recent appreciation that human beings

exist in equilibrium with trillions of microbes on the skin and in the

intestine that strongly influence body function."

    "Indeed, my work has demonstrated that individuality refines and selects

the strains of bacteria that reside on our bodies," comments Professor Segre.

"The research grant supported by the CHANEL-CE.R.I.E.S. Award will enable us to

further explore this microbial individuality over time. I am honoured to be

selected as the recipient of the Award which recognises excellence in skin

research."

    Professor Segre's project will pave the way for innovative cosmetic

research targeting individual beauty and skin needs.

    Innovative stem cell research may lead to new ways of delaying signs of

skin aging

    Emi Nishimura M.D., Ph.D. is Professor and Chair, Department of Stem Cell

Biology, Medical Research Institute at the Tokyo Medical and Dental University

in Japan. Her work aims to further elucidate the mechanisms of skin aging and

their application to skin regeneration and rejuvenation.

    "Professor Nishimura's project will employ sophisticated genetic and

imaging techniques to monitor the fate of so-called stem cells in skin and hair

follicles and to determine their response to environmental stress and aging,"

explains Professor Gilchrest.

    "The Award is not only a great honour for me, but also extremely

encouraging," states Professor Nishimura. "The path leading to new scientific

discoveries is not always an easy one. The Award encourages me to continue,

striving towards new ways of further deepening our universal understanding of

the skin."

    Applied to the field of cosmetic science, Professor Nishimura's project may

lead to new preventative measures to delay the classic signs of aging.

    CHANEL-CE.R.I.E.S. Research Award

    The CHANEL-CE.R.I.E.S. Research Award of 40,000EUR is supported by CHANEL

Research and Technology. Applications open in February each year on:

http://research-technology.chanel.com/research-awards

     Previous CHANEL-CE.R.I.E.S. Award Winners

     2013: Robert L. Modlin, M.D., Los Angeles, USA

     2012: Martin Rocken, M.D., Ph.D., Tuebingen, Germany

     2011: Joke A. Bouwstra, Ph.D., Leiden, Netherlands

     2010: Howard Y. Chang, M.D., Ph.D., Stanford, USA

     2009: Sabine Werner, Ph.D., Zurich, Switzerland

     2008: Paul A. Khavari, M.D., Ph.D., Stanford, USA

     2007: Richard L. Gallo, M.D.,Ph.D., San Diego, USA

     2006: Irwin McLean Ph.D., DSc, FRSE, Scotland, UK

     2005: Masayuki Amagai, M.D. Tokyo, Japan

     2004: Thomas Schwarz, M.D. Kiel, Germany

     2003: Angela M. Christiano, Ph.D., New York, USA

     2002: Dennis R. Roop, Ph.D., Houston, USA

     2001: Fiona M. Watt, D. Phil., London, UK

     2000: Michael Karin, Ph.D., San Diego, USA

     1999: Jonathan Rees, M.D., Edinburgh, UK

     1998: Jean Krutmann, M.D., Duesseldorf, Germany

     1997: Jens-Michael Schroder, Ph.D., Kiel, Germany

     1996: Akira Takashima, M.D., Ph.D., Dallas, USA  

Source: CHANEL

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中