「RubyWorld Conference 2015」 11/12(木)-13(金)開催、参加登録受付中!10/16(金)まで

2015年11月8日

RubyWorld Conference 開催実行委員会

「RubyWorld Conference 2015」 11/12(木)-13(金)開催、参加登録受付中!10/16(金)まで

RubyWorld Conferece開催実行委員会では、プログラミング言語「Ruby」の国内最大のビジネスカンファレンス「RubyWorld Conference 2015」を下記の日程で開催いたします。

 今年で7回目となるRubyWorld Conferenceは、これまで同様に先進的な利用事例や最新の技術動向、開発者教育の状況などの情報を発信することで、「Rubyのエコシステム(生態系)」を知ることが出来る場として皆さんを招待いたします。

-RubyWorld Conference 2015 (開催概要)-

■日         時:11月12日(木) 10:30~20:45、13日(金) 10:00~16:10

■会         場:島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」(島根県松江市)

■主         催:RubyWorld Conference開催実行委員会

               [構成団体](一財)Rubyアソシエーション/島根県/松江市/国立大学法人島根大学/

                (独)松江工業高等専門学校/(独)ジェトロ松江貿易情報センター/

                 (公財)しまね産業振興財団/(一社)島根県情報産業協会/

                         しまねOSS協議会/経済産業省 中国経済産業局

■入   場   料:5,000円/名 (参加登録が必要です。詳しくは、ホームページをご覧ください。)

                ⇒http://2015.rubyworld-conf.org/ja/

■基調講演者:まつもとゆきひろ(一般財団法人Rubyアソシエーション理事長)

       Linda Liukas氏(「Rails Girls」創設者)

○プログラム公開いたしました!

(選定された一般発表者)

・Zachary Scott(shutterfly)

『mrubyでクロスプラットフォームのCLIアプリを作ること』

・廣田 哲也(株式会社シーイーシー)

『IoTへのRuby/mruby適用試行』

・鈴木 崇文(ミラクル・リナックス株式会社)

『mrubyによる監視システムの拡張機能の提供』

・近藤 宇智朗(GMOペパボ株式会社)

『Ruby way OpenStack-ペパボにおけるOpenStack基盤開発でのRuby活用について』

・冨田 昌宏(株式会社富士通システムズ・イースト)

『非Railsアプリケーションのマルチデーターベース対応と高速化の取り組み』

・吉谷 愛(フロイデ株式会社)

『地方の零細派遣会社を、Rubyを武器にソフトウェアハウスにかえる』

・三牧 弘司(SCSK九州株式会社)

『mruby組込みシステム開発の勘所~ETロボコンへのmruby適用事例~』

・Tsehau Chao(5xRuby Ltd)

『Building Ruby on Rails applications with the Taiwan Government台湾官公庁におけるRuby on Railsを導入する事例』

・竹内 真樹(ウィンワークス株式会社)

『Rubyによる組合せ最適化』

・相澤 歩(東京理科大学 専門職大学院 イノベーション研究科 技術経営専攻)

『Rubyを武器にする技術経営』

・Mu-Fan Teng(5xRuby Ltd)

『My experience of Ruby education in Taiwan』

・安川 要平(ヤスラボ)

『Continuous Translation System:Railsガイドを支える継続的翻訳システム』

〇参加登録受付中! 10月16日(金)まで⇒http://2015.rubyworld-conf.org/ja/entry/

【お問い合わせ】RubyWorld Conference 開催実行委員会 事務局 / 担当:江角

                    TEL:080-5758-7725 / E-mail:2015@rubyworld-conf.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中