長期宇宙環境飼育がメダカの遺伝子に及ぼす影響

新潟大学

2015/10/13 14:09

2015年10月13日

新潟大学

長期宇宙環境飼育がメダカの遺伝子に及ぼす影響 -宇宙飛行士が長期間にわたって,健康に宇宙滞在できる技術の開発・実現のために-

 宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟においてメダカの幼魚を2ヶ月間飼育した後に軌道上から回収したメダカの6 種類の臓器サンプルから、5,345 遺伝子の働き方を地上メダカと比較解析しました。宇宙環境下で飼育したメダカでは、地上のメダカに比べて発現が大きく変化する遺伝子が複数見つかりました。眼や脳では宇宙飼育で発現が変化した遺伝子は少なかったのに対して、精巣・卵巣や腸では発現が変化する遺伝子が多数見つかるなど、臓器が異なると宇宙での遺伝子の働き方が大きく異なりました。

 一方、宇宙飼育メダカのどの臓器でも共通して変化する遺伝子が10 個見つかりました。これらには免疫や酸化ストレスに関わるとされる遺伝子が多く含まれ、ヒトにおいてもストレスを受けた時に働く遺伝子であったことから、宇宙では水中の魚も哺乳類と同様のストレス応答をしていることが分かりました。

 今後、これらの遺伝子の発現変動がどのようにして発生するのかメダカを用いて研究することによって、宇宙飛行士が長期間にわたって健康に宇宙滞在できる技術の開発・実現につながると期待されます。

 本研究成果は、2015 年10 月 1 日に米科学雑誌「PLOS ONE」誌に掲載されました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中