世界の大手酒類メーカー、有害な飲酒削減への約束を再確認

責任ある飲酒国際連盟(IARD)

2015/11/4 10:33

世界の大手酒類メーカー、有害な飲酒削減への約束を再確認

AsiaNet 62404

ケープタウン(南アフリカ)、2015年11月3日/PRニュースワイヤー/--

アルコール飲料の責任ある小売に関する国際的な指針を策定

責任ある飲酒国際連盟(International Alliance for Responsible Drinking、以下IARAD)は、2015年11月3日、アフリカの世界小売業者会議(World Retail Congress)にて「アルコール飲料の責任ある小売に関する指針(Guiding Principles for Responsible Retailing of Beverage Alcohol)」( http://bit.ly/RetailCommitment )の立ち上げを発表しました。

アルコールの有害な使用を削減する長年の取り組みを強化、拡大したいという共通の願いから、ビール、ワイン、スピリッツの世界大手メーカーは、一連の積極的な包括的コミットメントに署名しました。5つの重要分野で適用されるこれらの的を絞った行動は、以下を目的として、5年間(2013年~2017年)にわたり実施されます:

・未成年者の飲酒の削減

・マーケティング行動基準の強化と拡大

・消費者情報及び責任ある製品革新の提供

・飲酒運転の削減

・有害な飲酒削減のための小売業者からの支援の確保

公衆衛生の専門家の意見に同意したこれらの製造業者のコミットメント ( http://www.producerscommitments.org/ )への署名者は、安全な飲酒環境を促進し有害なアルコール使用を防止する取り組みへの小売業者の関与が不可欠であり、単独行動よりも協力することが効果的だと確信しています。この「アルコール飲料の責任ある小売に関する指針」は、小売業者と製造業者がともに支持する基準を設定し、世界中に責任ある小売を促進するため、協力のもとに策定されました。大手小売業者は、すでに複数の政策を採用し、責任ある小売を促進する措置を取っており、多くの製造業者は、年齢確認の要求や給仕トレーニングなどの責任ある小売イニシアチブを支援しています。

IARDのCEOであるアン・キーリング氏は、このイニシアチブに関して次のように説明しています。「ステークホルダーは皆、アルコールに起因する有害の削減に向けて確実に貢献できるよう、消費者との最初の接点としての小売業者が酒類メーカーと協力することが必要だと認識しています。これらの指針は、小売領域の多様性および小売行動や確立を国際的に認め、安全な飲酒を継続して促進するため、共通の課題と国家的状況に対処することを目的としています。」

今回のプログラムの立ち上げでは、IARDスポンサー企業のマネージングディレクター達によって製造業者のコミットメントが紹介され、責任ある小売に関する指針が提示されました。政府、小売業者・小売業協会、アルコール産業の代表者などの各ステークホルダーグループの代表者によるパネルディスカッションでは、アルコールの害の削減に向け、各グループが実行可能な積極的で特別な貢献が検討されました。

アルコール飲料の責任ある小売に関する約束と指針について

この小売に関する指針は、業界の共通基準を反映しており、世界的な責任ある小売の奨励を目的としています。小売業者からの支援を得たビール、ワイン、スピリッツの世界大手メーカーによる合意のもと、これらの指針は、責任あるアルコール販売確立に向けた製造業者および小売業者による取り組みを促すことを目指しています。

このコミットメントに関する詳細情報等はbit.ly/RetailCommitment ( http://bit.ly/RetailCommitment )でご覧になれます。

責任ある飲酒国際連盟(IARD)について

IARDは非営利組織で有害飲酒という世界の公共保健問題への対処と責任ある飲酒の促進に専念しています。3大非感染性疾患(NCD)のリスク要因としての有害飲酒を減らすことは、WHOのNCDに関する世界行動計画、NCDの予防と管理に関する国連の政治宣言が示すように、世界の政府にとって優先事項です。IARDはWHOのアルコールの有害使用を減らすための世界戦略と加盟国が製造会社のために特定した建設的役割の実行をサポートしています。

「コミットメント」に署名した12社:アンハイザー・ブッシュ・インベブ、アサヒホールディングス、バカルディ、ビーム・サントリー、ブラウンフォーマン・コーポレーション、カールスバーグ、ディアジオ、ハイネケン、キリンホールディングス、モルソン・クアーズ、ペルノ・リカール、SABMミラー。

詳細は下記までお問合せて下さい:

担当者:Isabella Platon

連絡先電話: +32-471-611-373

iplaton@iard.org

http://producerscommitments.org

情報源:責任ある飲酒国際連盟(IARD)

(日本語リリース:クライアント提供)

Leading Global Alcohol Producers Reaffirm Commitment to Reduce Harmful Drinking

PR62404

CAPE TOWN, Nov. 3 / PRNewswire=KYODO JBN / --

     Global launch of the Guiding Principles for Responsible Retailing of

Beverage Alcohol

    The International Alliance for Responsible Drinking (IARD) is pleased to

announce the launch of the Guiding Principles for Responsible Retailing of

Beverage Alcohol [http://bit.ly/RetailCommitment ] at the World Retail Congress

- Africa on 3 November 2015.

    Motivated by a shared desire to strengthen and expand their long-standing

efforts to reduce the harmful use of alcohol, leading global producers of beer,

wine, and spirits have signed a series of collective, proactive commitments.

These targeted actions, applicable in five key areas, and implemented over a

five-year period (2013-2017), aim to:

    - Reduce Underage Drinking

    - Strengthen and Expand Marketing Codes of Practice

    - Provide Consumer Information & Responsible Product Innovation

    - Reduce Drinking and Driving

    - Enlist the Support of Retailers to Reduce Harmful Drinking

    In agreement with public health experts, signatories to these Producers'

Commitments [http://www.producerscommitments.org ] believe it is essential to

involve retailers in efforts to promote safe drinking environments and prevent

harmful use of alcohol, and that working together is more powerful than working

alone. The Guiding Principles for Responsible Retailing of Beverage Alcohol

were developed in collaboration, to set a standard that both retailers and

producers support, and encourage responsible retailing worldwide. Leading

retailers have already adopted policies and undertaken measures to promote

responsible retailing, and many producers support responsible retailing

initiatives such as proof-of-age requirements and server training.

    Commenting on the initiative, Ann Keeling, CEO of IARD, explains, "All

stakeholders recognize the need to ensure that retailers, as the first point of

contact with consumers, are working collaboratively with producers of beverage

alcohol to ensure we are contributing to the reduction of alcohol-related harm.

These Guiding Principles acknowledge the diversity of the retail sphere and

significant differences in retailing practices or establishments

internationally, and aim to address common issues and national contexts to

continue to promote safe drinking."

    The launch program featured an introduction of the Producers' Commitments

from Managing Directors of IARD sponsor companies and a presentation of the

Responsible Retailing Principles. A panel discussion, featuring representatives

from each stakeholder group - government, retailers and retail associations,

and alcohol industry representatives - explored the particular, positive

contribution each can make to reducing alcohol-related harm.

    About the Commitments and the Guiding Principles for Responsible Retailing

of Beverage Alcohol

    The retail guiding principles reflect a common industry standard and are

intended to encourage responsible retailing worldwide. Agreed by leading global

beer, wine, and spirits producers with support from retailers, these principles

are intended to encourage both producers and retailers alike to do their part

to ensure the responsible sale of alcohol.

    More information about this commitment, and others, can be found at

bit.ly/RetailCommitment [http://bit.ly/RetailCommitment ].

    About the International Alliance for Responsible Drinking (IARD)

    IARD is a not-for-profit organization dedicated to addressing the global

public health issue of harmful drinking and promoting responsible drinking. As

a contributing risk factor for three major non-communicable diseases (NCDs),

reducing harmful drinking is a priority for the world's governments, as set out

in the WHO Global Action Plan on NCDs and the UN Political Declaration on the

Prevention and Control of NCDs. IARD supports implementation of the WHO Global

Strategy to Reduce the Harmful Use of Alcohol and the constructive role Member

States have identified for producers.

    The 12 signatories of the Commitments are:  Anheuser-Busch InBev, Asahi

Group Holdings,  Bacardi, Beam Suntory, Brown-Forman Corporation, Carlsberg,

Diageo, Heineken, Kirin Holdings Company, Molson Coors, Pernod Ricard, and

SABMiller.

    For more information, please contact:

    Contact name: Isabella Platon

    Contact number: +32-471-611-373

    iplaton@iard.org  

    http://producerscommitments.org

    SOURCE: International Alliance for Responsible Drinking  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中