4組織がdigital A9 motorway test bedで初の安全アプリを公開

ノキアネットワークス

2015/11/10 18:15

4組織がdigital A9 motorway test bedで初の安全アプリを公開

AsiaNet 62488(1462)

【ミュンヘン2015年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*「digital A9 motorway test bed」の初プロジェクトは道路の安全と交通制御の向上が目的

*リアルタイム・テクノロジーを使ってモバイル・ネットワークをアップグレード

コンチネンタル(Continental)、ドイツテレコム(Deutsche Telekom AG)、フラウンホーファー研究所(Fraunhofer ESK)、ノキアネットワークス(Nokia Networks)は10日、アレクサンダー・ドブリント連邦交通相出席の下、LTE cellularネットワークを使って車両間のリアルタイム通信の実証実験を行った。これは「Innovation Charter for the digital A9 motorway test bed(デジタルA9モーターウエー試験台向けのイノベーション憲章)」の初プロジェクトの実証実験となった。

Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151109/285179

Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151109/285180

今回の実験は、車両がアウトバーンでドイツテレコムのLTEネットワークを使い、どのようにしてハザード情報を共有できるかを実証した。今回のプロジェクトでは極めて短い時間の送信が不可欠であり、ドイツテレコム・ネットワークの1つのセクションにはノキアネットワークスの革新的なMobile Edge Computingテクノロジーが装備され、フラウンホーファー研究所が開発した位置情報決定テクノロジーによって機能向上が図られた。この組み合わせによって、2車両間のシグナル通信時間を初めて20ミリセカンド以下にすることが可能となった。このテクノロジーをコンチネンタルが開発した車載エレクトロニクス・インターフェースと一体化させることによって、運転を安全かつ快適にすることを目指すさまざまなアプリケーションが開発できる。

アレクサンダー・ドブリント連邦交通・デジタルインフラ相は「『digital A9 motorway test bed』によって、われわれは産業や研究向けの技術中立的な製品を開発してきた。革新的な企業はアウトバーンの現実の状況下でのオートメーション化およびネットワーク化された運転を試すことができる。われわれは実際に研究室を道路に持ち込んでいる。これは、5Gに近い性能を備えた高速cellular接続を通じた車両間の通信の最初の実証実験である。これによって、われわれは道路上におけるデジタル・リアルタイム時代に向けて大きく飛躍した。これは通行をドライバーにとってより予測可能にするとともに、交通渋滞と事故を防ぐことに寄与する。今回のプロジェクトは、ドイツがデジタル世界におけるMobility 4.0への道を開いていることを明確に示している。われわれは、『ドイツのアウトバーンでテストされた』評価が標準規格として国際的に認められることを目指している」と語った。

ドイツテレコムのティム・ホッテゲス最高経営責任者(CEO)は「デジタル・モビリティーは高速の全国通信ネットワークを必要としている。われわれは欧州をリードする通信プロバイダーになることを目指しており、このために新しい規格の開発において先行している。われわれが『digital A9 motorway test bed』に参加したのは、運転を安全にし、交通事故死亡者数を大幅に減らすことに寄与したいためである」と語った。

コンチネンタルのInterior Divisionの戦略&イノベーション責任者であるラルフ・レニンガー氏は「コンチネンタルは、インターネットが車両の向上に役立つことを明確に認識している。この考えを裏付ける原理は明白である。車両は周囲の状況と他の道路利用者の行動を理解すれば、車両のエネルギー消費が減少し、交通事故死亡者数も減少する。他の車両をはじめ道路および通信インフラとのリアルタイム通信によって、車両はドライバーの目や車両センサーのいずれも感知できない状況に対応することが可能となる」と語った。

ノキアネットワークスのカトリン・ブバック最高戦略責任者は「われわれは第5世代のモバイル通信テクノロジーの開発に向かってまい進しており、ドイツテレコムを含む当社の顧客はIndustry 4.0およびインターネット・オブ・シングス(IoT)を踏まえた将来の利用ケースに備えることができる。自動車セクターのデジタル化は、とりわけドイツでは重要な役割を果たしている。この分野の通信は実用的なリアルタイムで機能しなければならない。ノキアが中心となって開発したMobile Edge Computingによって、われわれはすでに5Gの構成要素を最新のLTEネットワークに組み込み、さまざまな新アプリケーションをサポートしている。このように、われわれは未来に向けて運転を安全にするための役割を果たしている」と語った。

フラウンホーファー研究所所長であるルディ・クノール工学博士は「信頼できるネットワークはすべての道路利用者の安全を大幅に向上させる。アプリケーションに重点を置いたわれわれの研究によって、われわれは信頼できる車両ネットワーキングの迅速な開発で業界を支援している。特に、関係車両が運転上のヒントを仲立ちする協調的な運転支援システムにおいて、堅ろうで持続的なリアルタイム通信が不可欠である」と語った。

今回のテクノロジーに関する情報

このプロジェクトは、A9 motorway test bedのセクションにあるドイツテレコムの既存LTEネットワークをノキアネットワークスのMobile Edge Computingテクノロジーによって機能向上することが含まれている。LTEベースの基地局はプラグイン・モジュール(クラウドレッツ=cloudletsとして知られている)によってアップグレードされた。このクラウドレッツは、情報がクラウドによるモバイル・ネットワークを通じてデータを送信するのではなく、セル内部で直接ルーティングを実現する。これによって、エンドツーエンド遅延が大幅短縮され、20ミリセカンド以下に抑えられることになる。新しいテクノロジーを使用しなければ、LTEネットワークおよび中央クラウドを通じた2車両間のシグナルの送信は最高の条件下のシナリオでも100ミリセカンドかかり、不利な条件下では数百ミリセカンドが必要となる。モバイル・ネットワーク経由の道路安全アプリケーションはこの高速データ送信のおかげで初めて可能となった。

試験車両には車両システムに接続された車載ユニットが搭載され、無線モジュールを経由したLTEネットワークと通信する。コンチネンタルは、CANバスとタブレット・アプリケーション・ソフトウエアを通じて車両のオンボード・システムのインターフェースを提供する。フラウンホーファー研究所はGeoServiceソフトウエアを開発し、車両の位置データがLTE基地局に記録され、それを直接処理することを実現した。モバイル基地局のジオサービスによって、インシデント警告は関係地域にあるすべての車両にリアルタイムで送信される。

▽報道関係問い合わせ先

Nokia Networks

Bernhard Fuckert

Media Relations

Phone: +49-162-2836967

E-mail: bernhard.fuckert@nokia.com

Fraunhofer Institute for Embedded Systems and Communication Technologies ESK

Susanne Baumer

PR & Marketing

Phone: +49 89 547088-353

E-mail: susanne.baumer@esk.fraunhofer.de

Deutsche Telekom AG

Christian Fischer

Corporate Communications

Phone: +49-228-181-94463

E-mail: christian.fischer03@telekom.de

Continental

External Communications Interior Division

Sebastian Fillenberg

Phone: +49-6196-87-3709

E-mail: sebastian.fillenberg@continental-corporation.com

ソース:Nokia Networks

Continental, Deutsche Telekom, Fraunhofer ESK, and Nokia Networks Showcase First Safety Applications at "Digital A9 Motorway Test Bed"

PR62488

MUNICH. November 10 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    - First project at the "digital A9 motorway test bed" aims to improve road

safety and traffic control

    - Upgrades the mobile network using real-time technology

    Continental, Deutsche Telekom AG, Fraunhofer ESK, and Nokia Networks today

demonstrated real-time communication between vehicles via the LTE cell network,

in the presence of Federal Minister of Transport Alexander Dobrindt. This was a

demonstration of the first project arising from the "Innovation Charter for the

digital A9 motorway test bed".

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151109/285179 )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151109/285180 )

    The exercise demonstrates how vehicles on the motorway can share hazard

information using the LTE network of Deutsche Telekom. As extremely short

transmission times are vital for this purpose, a section of the Deutsche

Telekom network was equipped with innovative Mobile Edge Computing technology

from Nokia Networks, and upgraded with position-locating technology developed

by Fraunhofer ESK. This combination will, for the first time, permit signal

transport times between two vehicles of less than 20 milliseconds. Combining

the technology with the vehicle electronics interface developed by Continental

gives rise to a number of different applications aimed at making driving safer

and more comfortable.

    Alexander Dobrindt, the German Federal Minister of Transport and Digital

Infrastructure, commented: "With the 'digital A9 motorway test bed', we have

created a technology-neutral offering for industry and research. Innovative

companies can trial automated and networked driving in real-life conditions on

the motorway. We are, in a very real sense, bringing the laboratory to the

road. This is the first demonstration of car-to-car communication via a

high-speed cellular connection with near-5G performance. With it, we are taking

the leap into the digital real-time age on the road. This will make traffic

more predictable for drivers and will help prevent traffic jams and accidents.

The project highlights the fact that Germany is paving the way for Mobility 4.0

in the digitalized world. Our ambition is to make the rating 'tested on German

Autobahn' internationally recognized as a standard."

    Tim Hottges, CEO, Deutsche Telekom, added: "Digital mobility requires a

fast nationwide telecommunications network. We aspire to be the leading

European telecommunications provider and that is why we are at the forefront

when it comes to developing new standards. We are taking part in the "digital

A9 motorway test bed" because we want to make driving safer and help to

significantly reduce the number of traffic fatalities."

    Ralf Lenninger, Head of Strategy and Innovation in Continental's Interior

Division, said: "At Continental, we understand clearly that the Internet helps

to improve the vehicle. The principle behind it is simple: the more a vehicle

knows about the surroundings and the behavior of other road users, the lower

its energy consumption and the fewer the traffic fatalities. Real-time

communication with other vehicles and with the road and communications

infrastructure allows vehicles to respond to situations that neither the

driver's eyes nor the vehicle's sensors can identify."

    Kathrin Buvac, Chief Strategy Officer, Nokia Networks, added: "We are

driving forward the development of fifth-generation mobile communications

technology so that our customers - including Deutsche Telekom - are equipped

for future use cases in the light of Industry 4.0 and the Internet of Things.

Digitalization of the automotive sector plays an important role - especially in

Germany. Communication in this field must function practically in real-time.

With Mobile Edge Computing, which was developed chiefly by Nokia, we are

already integrating elements of 5G into modern LTE networks and are supporting

a number of new applications. In this way, we are playing our part in making

driving safer for the future."

    Professor Dr.-Ing. Rudi Knorr, director of the Fraunhofer ESK institute,

also contributed this comment: "Reliable networking will increase safety

considerably for all road users. With our application-focused research, we are

assisting industry in the rapid development of reliable vehicle networking. In

particular in cooperative driver assistance systems - in which the vehicles

involved broker driving suggestions - robust, real-time constant communication

is vital."

    Information about the technology

    The project involved upgrading Deutsche Telekom's existing LTE network of

at sections of the A9 motorway test bed with Mobile Edge Computing technology

from Nokia Networks. The LTE base stations were upgraded with plug-in modules

(known as "cloudlets"). These cloudlets ensure that information is directly

routed within the cells, instead of transporting data through the mobile

network via the cloud. This means that end-to-end latency can be cut

dramatically, to 20 milliseconds and below. Without the new technology,

transmission of signals between two vehicles via LTE networks and the central

cloud can take a hundred milliseconds in the best-case scenario, and as much as

several hundred milliseconds in unfavorable conditions. Road safety

applications via mobile networks are only possible thanks to this fast data

transmission.

    The test vehicles contain an on-board unit, which is connected to the

vehicle systems and communicates with the LTE network via a wireless module.

Continental supplies the interface to the cars' on-board systems via the CAN

bus and the tablet application software. Fraunhofer ESK developed the

GeoService software, which ensures that the vehicles' position data is recorded

and processed directly at the LTE base station. The geo service at the mobile

base stations allows that incident warnings can be sent practically in

real-time to all vehicles in the relevant area.

    Press contacts

    Nokia Networks

    Bernhard Fuckert

    Media Relations

    Phone: +49-162-2836967

    E-mail: bernhard.fuckert@nokia.com

    Fraunhofer Institute for Embedded Systems and Communication Technologies

ESK

    Susanne Baumer

    PR & Marketing

    Phone: +49 89 547088-353

    E-mail: susanne.baumer@esk.fraunhofer.de

    Deutsche Telekom AG

    Christian Fischer

    Corporate Communications

    Phone: +49-228-181-94463

    E-mail: christian.fischer03@telekom.de

    Continental

    External Communications Interior Division

    Sebastian Fillenberg

    Phone: +49-6196-87-3709

    E-mail: sebastian.fillenberg@continental-corporation.com

    SOURCE: Nokia Networks

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中