エアチャイナが北京-モントリオール-ハバナ線を年内に就航へ

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/12/2 17:24

エアチャイナが北京-モントリオール-ハバナ線を年内に就航へ

AsiaNet 62726 (1568)

【北京2015年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は2015年12月27日、北京-モントリオール-ハバナ線の運航を開始する。北京-モントリオール線は9月29日に就航しており、この路線を南にハバナまで延長する。この延長により、乗客は短時間のモントリオール立ち寄りの後、ロマンチックなラテンアメリカの魅力を持つ「カリブ海の宝石」まで旅を続ける。

中国とキューバの経済・通商関係は近年、ますます緊密になった。エアチャイナの北京-モントリオール-ハバナ線は中国とキューバの新たな連絡路となるだけでなく、両国間の経済・通商・文化協力をさらに促進し、特にキューバの観光を後押しするだろう。新路線は中国-キューバ間の初の航空路となり、中国や他のアジア地域とキューバの間の旅行をずっと楽にし、キューバやカリブ海諸国の旅行者にエアチャイナで北京に飛び、他地域へ乗り継げる便利な選択肢を提供する。

北京-モントリオール-ハバナ線は中南米地域の運航範囲を広げるエアチャイナの具体的な行動である。エアチャイナは2015年に北京をハブとする世界的な路線網を強化し、米州への進出を拡大した。新路線はエアチャイナが運航する米州の行き先をニューヨーク(JFK、ニューアーク)、ワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン、バンクーバー、モントリオール、ハワイ、サンパウロ、ハバナの計10地点とした。エアチャイナは現在、北米、中米、南米を結ぶ週140便以上を運航している。快適な機内環境と行き届いたサービスは真に楽しい旅行経験を乗客に約束する。

▽フライトについて

北京-モントリオール-ハバナ線のCA879/CA880便は火、金、日曜の週3回運航する。往路は北京発14時00分、モントリオール着13時40分、ハバナ着20時15分。復路はハバナ発09時00分、モントリオール着12時30分、北京着翌日17時30分。運航機材は世界の商用旅行者に非常に評判が良いボーイング777-300ERを利用する。ファーストクラスとビジネスクラスはフルフラットシートとセントラルバーを完備している。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

ソース:Air China

Air China to start Beijing - Havana - Montreal service

PR62726

BEIJING, Dec. 2, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Air China will start Beijing - Montreal - Havana service on December 27, 2015,

a southward extension to Havana of the carrier's Beijing - Montreal service

already started on September 29. With the extension, passengers make a short

stopover in Montreal and then continue their journey to the "Jewel of the

Caribbean" for its romantic Latin American charms.

In recent years, the economic and trade ties between China and Cuba have become

increasingly close. Air China's Montreal - Havana - Beijing service will not

only become a new link between China and Cuba, but also further the economic,

trade and cultural cooperation between the two countries, giving a further

boost to Cuba's tourism in particular. The new service will be the first of the

kind between China and Cuba, making it much easier to travel between China and

other Asian regions and Cuba, and offering an easy option to travelers in Cuba

and the Caribbean who can fly on Air China to Beijing and then connect to other

parts of the world.

The Beijing - Montreal - Havana service represents a tangible move by Air China

to expand its footprint in the Central and South American regions. In 2015, Air

China has been cementing its global route network with its hub in Beijing and

the expansion of its presence in the Americas. The new service will bring the

number of destinations in the Americas that Air China serves up to 10,

including New York (JFK, Newark), Washington, Los Angeles, San Francisco,

Houston, Vancouver, Montreal, Hawaii, Sao Paulo and Havana. Air China now

offers over 140 flights per week, linking to North America, Central America and

South America. Comfortable cabin environment and attentive services guarantee

passengers a truly pleasant travel experience.

About the flights

The flights CA879/CA880 Beijing-Montreal are operated three times a week on

Tuesday, Friday and Sunday. The outbound flight departs from Beijing at 14:00

and arrives in Montreal at 13:40 and Havana at 20:15. The return flight departs

from Havana at 09:00, arrives in Montreal at 12:30 and in Beijing at 17:30 the

following day. The flights are to be operated with Boeing 777-300ER, an

aircraft type quite popular with the world's business travelers. Its First

Class and Business Class are outfitted with full-flat seats and a central bar.

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

SOURCE  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中