歴史的建造物×着物バッスルドレスで残す、貴婦人スタイルの成人式撮影サービスが販売開始

Classical Princess Japonは、2016年1月15日(金)より、成人式前撮り・後撮り撮影プランのサービス提供を開始。このプランでは、鹿鳴館時代の着物バッスルドレスを着用し、東京都内/神奈川県内の重要文化財、歴史的建造物にて成人式の記念撮影(ロケーションフォト)を行うことができる。

2015年12月9日

Classical Princess Japon

成人式まであと1ヶ月!

歴史的建造物×着物バッスルドレスで残す

貴婦人スタイルの前撮り・後撮りプランが販売開始

 

 Classical Princess Japon (クラシカルプリンセスジャポン)(代表・佐々木綾香、東京都千代田区)は、2016年1月15日(金)より、成人式前撮り・後撮り撮影プラン「二十歳のプリンセス」のサービス提供を開始します。このプランは、「着物バッスルドレス(*1)」を着用し、東京都内および神奈川県内での重要文化財、歴史的建造物、文学館で成人式の記念撮影(ロケーションフォト)を行うものです。

 この撮影プランは、「皆と同じ振袖ではない姿で20歳の記念撮影を行いたい」「スタジオではなく、日本の歴史が感じられる場所で記念写真を残したい」という新成人と、そのご家族の声をもとに作られました。価格は75,000円(税別)~で、料金内に着物バッスルドレス、ヘッドドレス、アクセサリー、ヘアメイク、着付料、撮影料、写真料(六切サイズ1枚)が含まれています。

 撮影会場は、旧前田家本邸洋館 *2(東京都目黒区/重要文化財)、山手西洋館各館(神奈川県横浜市/重要文化財、市認定歴史的建造物等)、大佛次郎記念館(同市)、等10ヶ所以上から選択し、撮影申請を行うことが可能です。

 また、キャンパス内に歴史的建造物等を擁する大学への出張撮影も受け付けます。

 お申し込み・お問い合わせ窓口はClassical Princess Japonウェブサイトhttp://www.classical-princess.com/より。メールinfo@classical-princess.comからのお問い合わせも受け付けます。

(*1)「着物バッスルドレス」とは?

明治時代に制作された、着物地を用いたドレスをCPJが再現したもの。明治時代、ヨーロッパで主流であった「バッスル」というヒップ部分が膨らんだ型のドレスに、日本の着物の生地を用いて制作されたドレス。開国後の19世紀後半、ヨーロッパで流行したジャポニスム(日本趣味)の影響を受け、日本だけでなくヨーロッパ各国においても着物地のドレスが生み出されました。

(*2)会場の貸出枠に制限があるため、申し込み多数の場合、抽選となることがあります。

【Classical Princess Japon (クラシカルプリンセスジャポン)について】

Classical Princess Japonは、鹿鳴館時代に日欧で着用された「着物バッスルドレス」の研究調査・制作のほか、ドレスを用いた空間コーディネート・イベント企画等のプロデュース事業を手がけています。

◇一般のお客様からのお問い合わせ先

Classical Princess Japon

ウェブサイト:http://www.classical-princess.com/

E-mail:info@classical-princess.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中