ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016 開催概要決定!

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016 「la nature ナチュール - 自然と音楽」 開催概要決定 ! 2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝) 於:東京国際フォーラム、日比谷公園大音楽堂、大手町・丸の内・有楽町エリア

2015年12月10日

株式会社東京国際フォーラム

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016

「la nature ナチュール - 自然と音楽」 開催概要決定 !

2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)

於:東京国際フォーラム、日比谷公園大音楽堂、大手町・丸の内・有楽町エリア

株式会社東京国際フォーラム(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:上條清文、以下TIF)は、

2016年5月3日(火・祝)から5月5日(木・祝)のゴールデンウィークの3日間、日本最大級のクラシック

音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2016」を開催します。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭(以下LFJ)は、2005年に東京国際フォーラムの

社会貢献のための主催事業としてスタートし、計11回の開催で延べ682万人の来場者を記録。

毎回独自のテーマを深く掘り下げる斬新なプログラムや趣向を凝らしたイベントは、子どもから大人まで

幅広い層の皆さまに愛され、日本を代表する音楽祭に発展してまいりました。

今回のテーマは「ナチュール - 自然と音楽」。ルネサンスから現代まで、さまざまな自然をめぐる驚きと

イマジネーションに満ちた音楽の旅をお届けします。

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の主な特徴】

1. 今年のテーマは「la nature ナチュール - 自然と音楽 」

いつの時代も作曲家たちは自然に魅せられ、自然から多くのインスピレーションを得て数々の傑作を

生みだしました。2016年は、美や芸術の源泉ともいえる「自然」にオマージュを捧げます。

自然と音楽のかかわりは、ルネサンスやバロック時代における鳥のさえずりなどの描写的な表現から

はじまります。その後ヴィヴァルディの「四季」に代表されるように音楽的な深みを増しながら、

ロマン派の時代には作曲家の内面を反映する対象になりました。

そして20世紀以降も、自然は音楽家に絶えずインスピレーションを与え続けています。

プログラムはルネサンスから現代まで500年にわたる音楽史の中から、季節、風景、動物、天体、

自然現象など、さまざまな切り口から選曲しています。自然から生まれた音楽の多彩で豊かなイマジ

ネーションを、存分に楽しんでいただけることでしょう。2016年に没後20年を迎える武満徹をはじめ、

日本の作曲家による素晴らしい作品も取り上げる予定です。驚きとイマジネーションに満ちた音楽の旅

「ナチュール」に、どうぞご期待ください!

2. 主な出演アーティスト  

■LFJならではの多彩なピアニスト ―

  フランスの名手ピエール=ロラン・エマールが初参加。

  LFJの看板ピアニストボリス・ベレゾフスキー、小曽根真をはじめ常連や

  若手も多数出演。

■今回も初参加のオーケストラが世界中から集結 ―

   ハンガリー・ジュール・フィルハーモニー管弦楽団、

   カンマーアカデミー・ポツダム(ドイツ)、マカオ管弦楽団(中国)、

   新日本フィルハーモニー交響楽団。

■4年ぶりの参加となるヴァイオリニストの庄司紗矢香は、

  電子音楽と初のコラボレーション。

■和太鼓の第一人者が初参加。国内外でジャンルを超えて活躍する林英哲は、

  オーケストラと共演。

■LFJのもうひとつの顔 “脱ジャンル集団” 渋さ知らズオーケストラは、

  今回も奇想天外なステージを披露。

3. 主なプログラム

ルネサンスから現代まで、さまざまな自然を探訪する「ナチュール」の旅

[四季]ヴィヴァルディ:四季、グラズノフ:バレエ音楽「四季」、

            グラス:アメリカの四季など

[風景]ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、ドビュッシー:海、

           グローフェ:組曲「グランド・キャニオン」など

[動物]サン=サーンス:動物の謝肉祭、ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」、

           メシアン:鳥のカタログなど

[天体]ホルスト:惑星、武満徹:オリオンなど

[自然現象]ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」、

                  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番

     「テンペスト」、武満徹:雨の樹など

[夜の神秘]モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク、

                 メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」序曲、ラヴェル:夜のガスパールなど

※出演アーティスト、プログラムは変更となる場合がございます。ご了承ください。

4. LFJ2016のトピックス

■日比谷野音で初開催…クラシックの公演は過去にあまり例がない日比谷野音を会場に加えて、LFJの新たな

チャレンジとなります。屋外の開放的な雰囲気、緑に囲まれた公園内というロケーションは特別な音楽体験を

生み出すことでしょう。

■日本開催のための特別ビジュアル…テーマビジュアルは新海誠監督のアニメーション映画「言の葉の庭」の

美術背景とポスターイラストを担当した画家の四宮義俊氏の作品。この映画に感銘を受けた本音楽祭

アーティスティックディレクターであるルネ・マルタンの希望により実現しました。

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016開催概要】

■催事名:ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016

■テーマ:la nature ナチュール - 自然と音楽

■開催日程:2016年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)

■会場:東京国際フォーラム、日比谷野音(日比谷公園大音楽堂)、

            大手町・丸の内・有楽町エリア

■フレンズ先行チケット発売開始:2016年2月19日(金)

■チケット一般発売開始:2016年3月19日(土)

■ 公演数(予定):約350公演(うち有料公演約130公演)

■来場者見込み:約48万人(うち東京国際フォーラム 約40万人)

■主催:株式会社東京国際フォーラム

■共催(予定):東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

■企画制作:CREA/KAJIMOTO

■公式サイト:http://www.lfj.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中