時代劇専門チャンネル、歴代大河ドラマの[総集編] 30シリーズ・全108回(予定)をまとめて初放送!

日本映画放送

2015/12/18 17:19

時代劇専門チャンネルでは、2016年で第55作となる大河ドラマ「真田丸」が注目を集める中、歴代大河ドラマの総集編を特集します。TVシリーズのマスターテープが一部しか現存しない貴重な初期作品も総集編で復活! 大河ドラマ[総集編]劇場

2015.12.18

日本映画放送株式会社

時代劇専門チャンネル

「真田丸」が倍楽しめる大河ドラマ企画

歴代大河ドラマの[総集編] 30シリーズ・全108回(予定)をまとめて初放送!

TVシリーズのマスターテープが一部しか現存しない貴重な初期作品も総集編で復活!

大河ドラマ[総集編]劇場

さらに、NHK「真田太平記」や映画「清須会議」など豪華関連番組も放送!

シニア世代から圧倒的な支持を得ている時代劇専門チャンネル(日本映画放送株式会社/東京都千代田区/代表取締役社長:杉田成道)では、2016年で第55作となる大河ドラマ「真田丸」が注目を集める中、歴代大河ドラマの総集編を特集します。国民的テレビ番組、大河ドラマの半世紀にわたる歴史を振り返ります。

 大河ドラマ[総集編]は、最終回の放送が終わった後に、一年間放送してきた全話の映像を再編集し、年末(一部例外あり)に振り返りとして放送する豪華ダイジェスト版です。1965年の大河ドラマ第3作「太閤記」で、視聴者の要望を受けて誕生して以降、全ての作品で[総集編]が制作されてきました。

また「勝海舟」、「花神」など初期の大河ドラマは、TVシリーズのマスターテープが一部しか現存せず、[総集編]は資料として大変貴重な存在となっています。

【大河ドラマ[総集編]劇場】では、そうした初期大河ドラマから近年の作品まで、放送可能な30シリーズ・全108回(予定)を制作順に2年以上かけて放送。[総集編]の本作品群を30シリーズもまとめて放送するのは初めての試みとなります。(放送する30シリーズ中、22シリーズがBS・CS初登場、4シリーズがCS初登場)放送枠は毎週日曜よる9時。NHK総合で大河ドラマ「真田丸」をお楽しみ頂いた後でも、時代劇専門チャンネルで本企画を心ゆくまでご堪能いただけます。また、初回作品のスタートに先んじて、戦後史と重ねて大河ドラマ史を紐解きその魅力に迫るオリジナル番組も放送。大河ドラマの奥深い世界をご紹介します。

さらにチャンネルでは、「真田丸」に真田幸村の父・真田昌幸役で出演する草刈正雄が、約30年前に幸村役で出演したNHKの大型時代劇「真田太平記」や「真田丸」で脚本を務める三谷幸喜の映画「清須会議」(原作・脚本・監督:三谷幸喜)も放送! 2016年はチャンネルの豪華企画とともに、思い切り大河ドラマをお楽しみ下さい!

『大河ドラマ[総集編]劇場』 

2016年1月10日(日)スタート!毎週日曜よる9時

さらに、1月10日(日)よる9時~には、50年の歴史を持つNHK大河ドラマ日本の戦後史を重ねあわせながら、大河ドラマの持つ魅力を紐解くオリジナル番組「大河ドラマ[総集編]劇場 特別番組」(2016年)もあわせて放送

出演:ジェームス三木、平幹二朗、大原誠、佐伯順子

【ラインナップ一覧】(予定) 

「樅ノ木は残った 総集編」(1970年:第8作)第一部/第二部

原作:山本周五郎 脚本:茂木草介 出演:平幹二朗ほか 

※「樅ノ木は残った」はTVシリーズのマスターテープが現存しない大変貴重な作品です

「国盗り物語 総集編」(1973年:第11作)前編/後編

原作:司馬遼太郎 脚本:大野靖子 出演:平幹二朗/高橋英樹ほか 

※「国盗り物語」はTVシリーズのマスターテープが現存しない大変貴重な作品です

「勝海舟 総集編」(1974年:第12作)前編/後編 BS・CS初

原作:子母澤寛  脚本:倉本聰/中沢昭二(後編) 出演:渡哲也(前編)/松方弘樹ほか

※「勝海舟」はTVシリーズのマスターテープが一部しか現存しない大変貴重な作品です

「元禄太平記 総集編」(1975年:第13作)第一部/第二部

原作:南條範夫 脚本:小野田勇/小幡欣治/土橋成男 出演:石坂浩二ほか 

※「元禄太平記」は、TVシリーズのマスターテープが一部しか現存しない大変貴重な作品です

「風と雲と虹と 総集編」(1976年:第14作)前編/後編 BS・CS初

原作:海音寺潮五郎 脚本:福田善之 出演:加藤剛ほか

「花神 総集編」(1977年:第15作)第一回~第五回 

原作:司馬遼太郎 脚本:大野靖子 出演:中村梅之助ほか

※「花神」はTVシリーズのマスターテープが一部しか現存しない大変貴重な作品です  

「黄金の日日 総集編」(1978年:第16作)第一回~第五回 BS・CS初

原作:城山三郎 脚本:市川森一/(ルソン編脚本)長坂秀佳 出演:市川染五郎(現・松本幸四郎)ほか

「草燃える 総集編」(1979年:第17作)第一回 ~第五回 BS・CS初

原作:永井路子 脚本:中島丈博 出演:石坂浩二ほか

「獅子の時代 総集編」(1980年:第18作)第一回 ~第五回 BS・CS初 

脚本:山田太一 出演:菅原文太ほか

「おんな太閤記 総集編」(1981年:第19作)第一回 ~第五回 BS・CS初

作:橋田壽賀子  出演:佐久間良子ほか

「徳川家康 総集編」(1983年:第21作)第一回 ~第四回BS・CS初

原作:山岡荘八 脚本:小山内美江子 出演:滝田栄ほか 

「独眼竜政宗 総集編」(1987年:第25作)第一回 ~第五回 BS・CS初

原作:山岡荘八 脚本:ジェームス三木 出演:渡辺謙ほか

「武田信玄 総集編」(1988年:第26作)第一回 ~第五回 BS・CS初

原作:新田次郎 脚本:田向正健 出演:中井貴一ほか

「春日局 総集編」(1989年:第27作)第一回 ~第三回 BS・CS初

原作・脚本:橋田壽賀子 出演:大原麗子ほか

「翔ぶが如く 総集編」(1990年:第28作)第一部~第二部(各前・後編あり)BS・CS初

原作:司馬遼太郎 脚本:小山内美江子 出演:西田敏行ほか

「太平記スペシャル」(1991年:第29作)第一部~第四部 BS・CS初

原作:吉川英治 脚本:池端俊策、仲倉重郎 出演:真田広之ほか

「信長 KING OF ZIPANGU 総集編」(1992年:第30作)第一回 ~第三回 BS・CS初

原作・脚本:田向正健 出演:緒形直人ほか

「花の乱 総集編」(1994年:第33作)第一部/第二部 BS・CS初

作:市川森一 出演:三田佳子ほか

「秀吉 総集編」(1996年:第35作)第一部~第四部 BS・CS初

原作:堺屋太一 脚本:竹山洋 出演:竹中直人ほか

「毛利元就 総集編」(1997年:第36作)第一部~第四部 BS・CS初

原作:永井路子 脚本:内舘牧子 出演:中村橋之助ほか

「徳川慶喜 総集編」(1998年:第37作)第一部~第四部 BS・CS初

原作:司馬遼太郎 脚本:田向正健 出演:本木雅弘ほか

「葵 徳川三代 総集編」第一回~第四回(2000年:第39作) CS初

作:ジェームス三木 出演:津川雅彦ほか

「北条時宗 総集編」前編/後編(2001年:第40作)CS初

原作:高橋克彦 脚本:井上由美子 出演:和泉元彌ほか

「利家とまつ~加賀百万石物語~ 総集編」前編/後編(2002年:第41作)CS初

原作・脚本:竹山洋 出演:唐沢寿明ほか

「功名が辻スペシャル」前編/後編(2006年:第45作)BS・CS初

原作:司馬遼太郎 脚本:大石静 出演:仲間由紀恵ほか

「風林火山 総集編」第一部~第四部(2007年:第46作)BS・CS初

原作:井上靖 脚本:大森寿美男 出演:内野聖陽ほか

「篤姫 総集編」(2008年:第47作)第一回 ~第五回 BS・CS初

原作:宮尾登美子 脚本:田渕久美子 出演:宮崎あおいほか

「天地人 総集編」(2009年:第48作)第一回~第四回 BS・CS初

原作:火坂雅志 脚本:小松江里子 出演:妻夫木聡ほか

「龍馬伝 総集編」(2010年:第49作)第一部~第四部 BS・CS初

作:福田靖 出演:福山雅治ほか

「江~姫たちの戦国 総集編」(2011年:第50作)第一章~第四章 CS初

原作・脚本:田渕久美子 出演:上野樹里ほか

【関連企画】

1月17日(日)スタート! 毎週日曜よる11時

「真田太平記」(1985年~1986年:全45話:NHK作品) 出演:渡瀬恒彦・草刈正雄・丹波哲郎 ほか

1月2日(土)よる10時/1月11日(月・祝)ひる12時 

映画 「清須会議」(2013年:映画:カラー) 原作・監督・脚本:三谷幸喜 主演:役所広司 ほか

時代劇専門チャンネル

365日、時代劇だけを放送する有料チャンネル。放送は、スカパー!プレミアム(ch.662)/スカパー!(ch.292)/スカパー!光(ch.662)/J:COM(ch.502)/ひかりTV(ch.461)/ケーブルテレビ各局 視聴可能世帯数 約813万世帯(2015年10月末調べ) 時代劇専門チャンネル公式HP:http://www.jidaigeki.com/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース