「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.8

豊後高田市

2015/12/29 08:00

国内唯一の田舎暮らし専門誌である、株式会社宝島社発行「田舎暮らしの本」の第4回日本「住みたい田舎」ベストランキングで、豊後高田市が第3位に選ばれ、全国初の4年連続のベスト3以内となりました。

2015年12月29日

大分県豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.8

~全国初の快挙 4年連続「住みたい田舎」ベスト3に輝く!

      今、全国から注目されています! 全力移住応援中~

大分県豊後高田市がリリースする「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.8です。

 豊後高田市の魅力満載情報を全力でお届けします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Contents】

  ■全力発展中な豊後高田市

  ■全国初の快挙!4年連続「住みたい田舎」ベスト3

  ■総務省「全国移住ナビ」サイト 全国移住ナビコンテスト総務大臣賞受賞

  ■テレビ朝日「イチから住」~前略、移住しました~ 番組放送決定

::::::::::::::::::::::::::::::::::::    

【■全力発展中な豊後高田市】

  豊後高田市は、平成27年3月31日に新市誕生10周年を迎え、新たなブラ

 ンドコンセプトとして「全力発展中 豊後高田市」を掲げ、ブランドマー

 クを制定しました。

  このブランドマークは、まちが全力で挑んでいく「熱気や情熱」を表現し

 ています。

  豊後高田市は、市民一人ひとりが何事にも「全力」で取り組み、「人口3

 万人」、そして、「夢をかたちに 未来に光り続けるまち」の実現に向けて

 全力で発展し続けます。

【■全国初の快挙!4年連続「住みたい田舎」ベスト3】

  国内唯一の田舎暮らし専門誌である、株式会社宝島社発行「田舎暮らしの

 本」の第4回日本「住みたい田舎」ベストランキングで初代1位の豊後高田

 市は、今回もベスト3に選ばれ、全国初の4年連続ベスト3以内となりまし

 た。

  この「住みたい田舎」ベストランキングは、全国の自治体を対象に「自然

 環境」・「移住者歓迎度」・「移住者支援制度の充実」・「子育てのしやす

 さ」などの「移住するうえで魅力的な田舎」についてのアンケート結果によ

 り決定され、今回は過去最多の574自治体が参加。

  参加自治体が増加したことに伴い、エリア別でのランキングも同時に行な

 われ、豊後高田市が属する九州北部エリアで見事第1位に輝きました。

  これまでの積極的な取り組みにより、平成22年度から26年度までの5年間

 で、県外から本市への移住者は331人にのぼり、九州管内233市町村のうち第

 2位となっています。

 ※「田舎暮らしの本」

  日本「住みたい田舎」ベストランキング 過去の豊後高田市順位

    2015年 第3位

    2014年 第3位

    2013年 第1位

【■総務省「全国移住ナビ」サイト 全国移住ナビコンテスト総務大臣賞受賞】

  地方への移住促進を目的に総務省が開設し、全国1,638自治体が登録し

 ているウェブサイト「全国移住ナビ」に公開されている自治体のローカルホー

 ムページとプロモーション動画の全国コンテストが開催され、豊後高田市のホ

 ームページが堂々の全国第1位となる総務大臣賞を受賞。動画部門でもアクセ

 ス数で第2位となりました。

   

 ※詳しくはこちら、

  豊後高田市ホームページ

  http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_02789.html

  豊後高田市IJU支援サイト

  http://www2.city.bungotakada.oita.jp/teijuu/

【■テレビ朝日「イチから住」~前略、移住しました~ 番組放送決定】

  全国のテレビ朝日系列で放送されている番組、「イチから住」~前略、移住

 しました~において、豊後高田市を取り上げた放送が決定しました。

  この番組は、縁もゆかりもない地方都市にタレントが3ヵ月間移住体験する

 もので、空き家を探し、その土地ならではの仕事に就き、地域を愛する新たな

 人々とのふれあいなどの地方移住の魅力を、画面を通して視聴者も追体験する

 ドキュメンタリーバラエティ。

  今回、豊後高田市へ移住するのは、女優の高畑こと美さんです。

  高畑さんの暮らしぶりを通して、大分県内移住者実績№1である豊後高田市

 の魅力をお伝えします。

 ※全国テレビ朝日系列

  第1回放送 平成28年1月17日(日)よる6時30分から

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中