目の健康を守る新眼鏡(視力補正用)レンズ「Shi・ra・ra(視・楽・楽)」新発売のお知らせ

カートン光学

2016/1/13 15:52

カートン光学は、2015年12月、眼の健康を維持する」ことを目的にした、レンズ面上に特殊加工(特許出願中)を施し、より一層快適な視生活を送っていただくことを目的とした視力補正用眼鏡レンズ「Shi・ra・ra(視・楽・楽)」を発売しました。

2016年1月13日

カートン光学株式会社

目の健康を守る新眼鏡(視力補正用)レンズ

「Shi・ra・ra(視・楽・楽)」眼鏡レンズの新発売のお知らせ

 1930年創業の工業用光学顕微鏡及び眼鏡関連製品の製造販売をするカートン光学株式会社は、この度、新事業・眼鏡事業部を発足させ「視力補正用眼鏡レンズ」の発売を2015年12月よりスタートしました。

 当該レンズは、「眼の健康を維持する」ことを目的にレンズ面上に特殊加工(特許出願中)を施し、より一層快適な視生活を送っていただくことを目的として発売されました。

 現代はアンチエイジングに関心を持つ方が増えていますが、若年老眼・高齢化に伴う遠視、白内障・レーシック等の施術後など、眼疾患者が視界を不快に思われる方々が年々増加しています。

 こうした現状から、レンズ名称「Shi・ra・ra(視・楽・楽)」視るに快適・楽しく爽快・そして視て楽しむ、をテーマにレンズ命名として、機能重視の新眼鏡レンズの発売になります。

■紫外線カットは基より、「不快光源」を優しい光に変視

 目に対し有害紫外線(400nmまで)をカット、目への刺激が最も強い波長(420nm)近傍の短波長の低減など抑制効果が高いレンズで、近年問題になっているLED光源のグレア光に対しても抑制するなど、視認性の高いレンズです。

■どんなレンズ?  

 当該製品は、特殊加工技術からレンズ表面を蛍光灯などの光を透かして見るとレンズ面上に微笑な○状が多数・均等に彫りこまれていることが確認できますが、これにより、光の光路差から「位相差・回折・干渉」という3つの光特性現象を引き出します。

■どのような視界を得られますか?

 例えば、両手で輪を作りその中から視界を見た状況に良く似ています。これは、上下左右からの余分な光を遮り必要物体を重視した視界状態となるからです。

この特殊加工を施す事から余分な光を減光し、輪郭・コントラスト等から鮮明度が上り視界が増し一層快適な視界が得られます。

■こんな方にお勧めします。

 当該レンズは、サングラスのようにレンズを濃い色にして眩しさを抑制する事でなく、無色に近い自然な視界を目指す方に最適です。

特には、視認性の低下・不快感を感じる眩しさやコントラスト感度の低下に悩んでいる方にも最適なレンズです。VDT作業者にもお勧めいたします。

 お買い求めは、眼鏡専門店となりますが、先ず幣社までお問い合わせください。

【本件に対するお問い合わせ先】

  カートン光学株式会社 眼鏡事業部

  〒110-0015 東京都台東区東上野1-27-11 

  担当:吉永・円谷

  TEL:03-3832-1327  

  FAX:03-3832-1329

  email:kikaku@carton-opt.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

視・楽・楽レンズ 特徴とイメージ1

視・楽・楽レンズとは

視・楽・楽レンズ 表面拡大画像

視・楽・楽レンズ 特徴とイメージ2

視・楽・楽レンズクラブ 画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中