AirFuelが世界の認可を獲得、ワイヤレス充電業界を統合

AirFuel Alliance

2016/1/6 11:45

AirFuelが世界の認可を獲得、ワイヤレス充電業界を統合

AsiaNet 62995(0015)

【ラスベガス2016年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】

*AirFuelのインダクティブおよびレゾナント充電は50ワット高出力ソリューションに拡大

*FCCおよびSRRC認定を市場で初めて獲得

*新しいAirFuel対応デバイスは多数のOEMから入手可能

*実用を目指した最初のワイヤレス充電標準規格

*2016年のロードマップを公開

ワイヤレス充電技術の業界リーダーであるAirFuel(TM)Alliance(http://www.airfuel.org )は、世界規模の規制認可の獲得および2016年デビューする幅広い製品を備えた異業種ソリューション向けの認定プログラムの世界拡大を発表した。

Alliance for Wireless PowerとPower Matters Allianceが合併してAirFuel Allianceを結成したことは、ワイヤレス充電業界とメンバーにとって統合による飛躍的な前進を意味する。AirFuelメンバーは今後、米国、中国をはじめとする世界の主要なテクノロジーハブのレゾナント方式製品の規制認可を獲得することができる。

AirFuel Allianceのロン・レズニック社長は「今年、A4WPとPMAの合併によって業界全体の統合が実証され、その結果、インダクティブおよびレゾナント両方式のソリューションが統合され、相互運用性が確保された。ワイヤレス充電は今後も充電の標準形式になる方向に向かっており、AirFuel Allianceは今後もイノベーションの先頭に立ち、インダクティブ技術から市場初のレゾナント技術、さらには将来のRF技術における安全で効率的なソリューションを提供していく」と語った。

統合による前進

AirFuel Allianceは、広範囲の家電製品の出力範囲の基準を高める最初の世界的な認定プログラムを導入した。この独自プログラムはこれまでに60件以上のレゾナント・コンポーネントを認定し、その一部のコンポーネントによって高出力デバイスにコミットしていたメーカーは1-50ワットのデバイスないしは1-70ワットの充電ステーションを発売することができた。認定プログラムは統一AirFuelブランドを提供、このブランド製品がどこでも稼働する実用性および消費者の信頼を証明するよう基準を引き上げる。

単独およびマルチモード・システムでのインダクティブおよびレゾナント両方式の磁気ワイヤレス充電標準規格に対する統一サポートを継続する一環として、AirFuel Allianceは2015年10月にインダクティブ、レゾナント両方式合同の世界初のplugfestを開催、2016年第1四半期からさらにこれを推進する予定である。

インダクティブ充電にコミットするメンバーはサムスンのGalaxy S6とGalaxy Note 5、Blackberry Priv、モトローラのDroid Turbo 2、LG G3などAirFuel Inductive規格技術を搭載したデバイスによって、消費者向けモバイル市場に参入した。スターバックスも世界中の店舗に充電ステーションを設置し、ワイヤレス充電リーチを拡大した。

レゾナント技術のイノベーションのためにメンバー企業のQualcommは2015年6月、裏面がメタル製のケースの携帯電話でもワイヤレス充電できると発表した。さらに、インテルは9月のIFAで、最大20ワットまで対処できる高出力充電およびマルチデバイス充電システムを展示した。10月には、Energous Corporationが世界初のRFをDCに変換する整流ICを試作し、効率を向上させBOMコストを軽減できると発表した。メンバー企業のGill Electronicsは6月、同社のTesLink(R)レゾナント充電トランスミッターおよびレシーバー製品のFCC認定を受けた市場初の企業となり、12月にSRRC認定を取得、堅ろうなエコシステムの道を開いた。

AirFuel Allianceは2015 7th Annual Wireless Power Summitで、50ワットを超える充電ソリューションを重視するとともに、家庭内と公共の充電インフラストラクチャー向けのインダクティブおよびレゾナント・ソリューションを展開することを確認した。AirFuelはまた、2017年に向けて、課金システム用のセキュアなユーザー・データ送信、条件付き充電、クラウド・インターフェース、インターフェースの開発にもコミットした。超低出力向けには、AirFuel Allianceはウエアラブルをサポートする技術仕様を積極的に開発している。

Qualcomm、インテル、HP、Gill Electronics、メディアテック、WiTricityなどのAirFuelメンバーはCES 2016で、自動車、家庭、オフィス、モバイル向けの高出力製品を含め、磁気レゾナントおよびインダクティブをベースにしたさまざまなデモンストレーションを展示する。CES 2016に来場し、会合をご希望なら、ブース(LVCC, South Hall 3 Lobby - SL-4)を訪問していただきたい。

AirFuel Allianceに関する詳細はウェブサイトwww.airfuel.org を参照。

▽AirFuelについて

AirFuel Allianceは業界向けインダクティブ、レゾナント、未来のワイヤレス充電の最高技術に基づく世界規模のワイヤレス充電エコシステム構築に専念する団体である。AirFuel Allianceの使命は、消費者に最高のワイヤレス充電体験を提供する種々の相互運用可能な製品を世界市場に提供することにある。さらに、Allianceは遠距離にも電力を供給できるRF、超音波、レーザーなど、未来の非磁気技術にも取り組み続ける。

Allianceメンバーは、理事社であるAT&T、Broadcom、デュラセル、Flex、Gill Electronics、Integrated Device Technology、インテル、メディアテック、オン・セミコンダクター、Powermat Technologies、Qualcomm Inc.、サムスン電子、サムスン電機、Semtech(セムテック)、スターバックス、WiTricityを含む200社の主要なテクノロジーおよび家電企業で構成されている。

ソース:AirFuel Alliance

▽報道関係問い合わせ先

Chris Prouty

MWWPR for AirFuel

airfuel@mww.com

+1 (415) 987-5491

AirFuel Alliance Receives Worldwide Regulatory Approval; Unifies Inductive And Resonant Wireless Charging Industry

PR62995

LAS VEGAS, Jan. 5, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- AirFuel Inductive and Resonant charging expand to 50 watt higher power

solutions

- First to market with FCC and SRRC certification

- New AirFuel enabled devices available from multiple OEMs

- First wireless charging standard aimed at commercial use

- 2016 roadmap unveiled

AirFuel(TM) Alliance (http://www.airfuel.org ), the industry leader in wireless

charging technologies announces global regulatory approval and worldwide

expansion of its certification program for its pan-industry solutions with a

broad array of products debuting in 2016.

The merging of Alliance for Wireless Power and Power Matters Alliance to become

the AirFuel Alliance signifies a unifying leap forward for the entire wireless

charging industry and members. AirFuel members now have regulatory approval of

resonant products in the United States, China, and other major technology hubs

around the world.

"This year we saw proof of an industry-wide consolidation with the merging of

A4WP and PMA resulting in the consolidation of inductive and resonant solutions

to ensure interoperability," said Ron Resnick, president of AirFuel Alliance.

"As wireless charging continues to move towards being a standard form of

charging, AirFuel Alliance will continue to be at the forefront of innovation,

offering safe and efficient solutions from inductive to first-to-market

resonant technology and in the future RF technologies."

Unifying Advancements

AirFuel Alliance introduced the first global certification program that raises

the bar on higher power ranges across the full spectrum of consumer electronic

devices. This exclusive program has already certified more than 60 resonant

components, some of which allow manufacturers committed to higher powered

devices to bring 1-50 watt devices or 1-70 watts charging stations to market.

The certification program provides a unified AirFuel brand, which in turn

raises the bar to confirm commercial viability and trust for consumers that

their products will work where they go.

As part of the continuous unifying support for both inductive and resonant

magnetic wireless charging standards separately and within multimode systems,

AirFuel Alliance launched the world's first ever joint inductive and resonant

plugfest in October 2015 with more to come beginning in Q1 2016.  

Members committed to inductive charging have saturated the consumer mobile

market with devices such as the Samsung Galaxy S6 and Galaxy Note 5, Blackberry

Priv, Motorola Droid Turbo 2, and LG G3 containing the AirFuel Inductive

standard technology. Starbucks has also expanded its wireless charging reach

with more stations across its global locations.

For resonant technology innovation, in June 2015, member company Qualcomm

announced it can wirelessly charge phones with metal rear cases. Plus, Intel

showcased its higher power charging and multi-device charging system at IFA in

September, handling up to 20 watts.  In October, Energous Corporation announced

that it is sampling the world's first RF to DC rectifier IC, improving

efficiency while reducing BOM costs. In June, member company Gill Electronics

became the first to market with FCC certification for its TesLink(R) resonant

charging transmitter and receiver products, followed by SRRC approval in

December, paving the way for a robust ecosystem.

At the 2015 7th Annual Wireless Power Summit, AirFuel Alliance confirmed that

it will increase its focus on charging solutions beyond 50 watts as well as

deploy inductive and resonant solutions for in-home and public charging

infrastructure. It has also committed development into secure user data

transfer, conditional charging, cloud interface and interfaces for billing

systems into 2017. For very low power AirFuel Alliance is aggressively

developing technical specification to support the wearables.

AirFuel members including Qualcomm, Intel, HP, Gill Electronics, MediaTek and

WiTricity will showcase a variety of magnetic resonant and inductive-based

demonstrations including higher powered products for automotive, home, office

and mobile at CES 2016. If you are attending the CES 2016 show and would like

to schedule a meeting, please visit the booth (LVCC, South Hall 3 Lobby - SL-4).

More information about the organization can be found at www.airfuel.org.

About AirFuel

AirFuel Alliance is an association dedicated to building a global wireless

charging ecosystem based on best in industry inductive, resonant and future

wireless charging technology.  AirFuel Alliance's mission is to bring a diverse

base of interoperable products to the global market that deliver the best

wireless charging experience for consumers.  Further, the Alliance continues to

address future, non-magnetic technologies including RF, ultrasound and lasers

that deliver power at a distance.

The organization membership is made up of 200 leading technology and consumer

electronics companies, including board of directors companies AT&T, Broadcom,

Duracell, Flex, Gill Electronics, Integrated Device Technology, Intel,

MediaTek, ON Semiconductor, Powermat Technologies, Qualcomm Inc., Samsung

Electronics, Samsung Electro-Mechanics, Semtech, Starbucks and WiTricity.

SOURCE: AirFuel Alliance

CONTACT:  For media inquiries, please contact:  Chris Prouty, MWWPR for

AirFuel, airfuel@mww.com, +1 (415) 987-5491

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中