「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.9

豊後高田市

2016/1/8 20:00

国内外で活躍中の、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」(代表取締役 猪子寿之)による、国内初の市庁舎への作品展示が開始されます。 今回の作品では、国の重要文化的景観に選定されており、千年以上変わらず続く景色の「田染荘」を、自然と共生していく人々の営みとともに悠久に続く景色として描いています。

2016年1月8日

大分県豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.9

~ 国内初!! 市庁舎へのチームラボ作品展示

       新年の幕開けとともに 全力魅力発信中 ~

大分県豊後高田市がリリースする「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.9です。

豊後高田市の魅力満載情報を全力でお届けします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Contents】

  ■全力発展中な豊後高田市

  ■チームラボのデジタルアートで創る、永遠の“田染荘”

   四季千年神田図 - 田染荘 

  (Four Seasons, a 1000 Years, Terraced Rice Fields - Tashibunosho)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【■全力発展中な豊後高田市】

  豊後高田市は、平成27年3月31日に新市誕生10周年を迎え、新たなブランド

 コンセプトとして「全力発展中 豊後高田市」を掲げ、ブランドマークを制定

 しました。

  このブランドマークは、まちが全力で挑んでいく「熱気や情熱」を表現して

 います。

  豊後高田市は、市民一人ひとりが何事にも「全力」で取り組み、「夢をかた

 ちに 未来に光り続けるまち」の実現に向けて全力で発展し続けます。

【■チームラボのデジタルアートで創る、永遠の“田染荘”】

  作品タイトル 四季千年神田図 - 田染荘 

         英語:Four Seasons, a 1000 Years, Terraced Rice Fields

            - Tashibunosho

  ミラノ万博(2015年ミラノ国際博覧会)において、The best display prize

 の金賞を受賞した日本館での展示作品、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」でのオープ

 ニング映像制作などをはじめ、国内外で活躍中の、ウルトラテクノロジスト集

 団「チームラボ」(代表  猪子寿之)による、新たな常設作品の展示が開始さ

 れます。

  今回の作品では、国の重要文化的景観に選定されており、千年以上変わらず

 続く景色の「田染荘」を、自然と共生していく人々の営みとともに悠久に続く

 景色として描いています。

  チームラボとしては、市町村庁舎への常設展示は全国で初めてとなり、既に

 開設中の「チームラボギャラリー真玉海岸」とあわせて、世界基準で評価の高

 いチームラボ作品が楽しめることになります。

  なお、展示開始当日は、チームラボの猪子寿之代表による、作品紹介も特別

 に行なわれます。

 1.展示開始  

    平成28年1月10日(日) 14:00~

    ※14:30~ チームラボ・猪子寿之代表による作品紹介

     

    10日(日)以降は、開庁時間内であれば自由に観覧可能です。

    また、当分の間は、土日祝日でもエントランス左側の自動交付機側から

    ご覧いただけます。

 2.作品コンセプト

    千年以上変わらず続く景色の田染荘を、自然と共生していく人々の営み

   とともに悠久に続く景色として描いています。

    1日を通して、作品の世界は移ろいます。日の出とともに明るくなり、

   日の入りが近づくと夕焼けになり、そして、夜が深くなるにつれ、暗くな

   っていきます。実際の田染荘の日々の日の出と日の入りの時間と連動して

   います。

    移り変わる四季に合わせて、景色と人々の営みは変わっていきます。

    自然の景色が、同じようで、2度と同じではないように、本作品の次の

   年の同じ日は、変わらない景色のようで同じ絵ではありません。つまり、

   今、この瞬間の絵は、2度とみることができず、永遠に新しい景色が生ま

   れていきます。

  

 3.作品概要     

    ①1年を通し、田染荘の景色のうつろいを表現

     春は水田、夏は緑の稲、秋は収穫前の美しい稲穂、冬は雪景色など、

    各季節にあわせてそれぞれ特徴的な美しさで表現されます。

    ②田染荘の永遠と続いていく風景を表現

     自然も人々の営みも、全く同じ風景である瞬間がないように、作品も、

    永遠に同じ風景の表現はありません。

    ③荘園での農作業などを通じて1年の人々の営みや季節の自然のうつろ

     いを表現

     田起こし、代掻き、田植え、稲刈り、脱穀などの季節の農作業風景や

    桜、梅雨、蛍、紅葉、雪などの季節の自然のうつろいが表現されます。

 4.作品サイズ    

    ディスプレイ:H1,215mm×W4,116mm

   ※チームラボオフィシャルサイト・作品紹介

    http://www.team-lab.net/all/art/tashibunosho.html

   

   ※田染荘

    宇佐八幡宮の根本荘園として栄え、土地の形状を生かした一枚一枚の形が

    不揃いな水田など、千年前の当時の姿が現在も継承されている例は、日本

    でも数少なく貴重な中世荘園村落景観として、平成22年に国の重要文化的

    景観に選定されています。また、平成25年には、国東半島・宇佐地域が世

    界農業遺産に認定され、田染荘はその象徴的な場所としても評価されてい

    ます。

   ※チームラボギャラリー真玉海岸

    チームラボ作品として国内最初の常設展示場。

    展示作品「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる - Kunisa

    ki Peninsula」は、豊後高田市の花々がモチーフとなっており、1時間をか

    けて1年間の花の移り変わりを表現するデジタルアート作品です。

    花は鑑賞者との距離によっていっせいに散り枯れたり、生まれ咲き渡った

    りし、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら変わり続けます。

    チームラボギャラリー真玉海岸

    豊後高田市観光まちづくり株式会社ホームページをご覧ください。

    http://www.showanomachi.com/pickup/

   

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

四季千年神田図 - 田染荘

田染荘

チームラボギャラリー真玉海岸

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中