EnterpriseDBが新リリースPostgreSQL 9.5でデータベース統合など向上を発表

EnterpriseDB Corporation

2016/1/8 10:36

EnterpriseDBが新リリースPostgreSQL 9.5でデータベース統合など向上を発表

AsiaNet 63020 (0023)

【ベッドフォード(米マサチューセッツ州)2016年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*ベンチマークテストでバージョン9.4よりも96%速く機能することを実証

企業向けの大手Postgresデータベース企業であるEnterpriseDB(R)(http://www.enterprisedb.com/ )(EDB(TM))は8日、PostgresコミュニティーがリリースしたPostgreSQL 9.5が一般提供されると発表した。最新の9.5バージョンはパフォーマンス、スケーラビリティーを大幅に向上させ、データ分析の生産性を高め、他のデータベース・ソリューションとの統合を拡充するので、マルチサーバーでの水平スケールをサポートする基礎を築くことになる。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160106/319928LOGO

TWEET:#PostgreSQL(https://twitter.com/search?q=%23PostgreSQL )新しいバージョン9.5、世界で最も高度なオープンソース #opensource #DB(https://twitter.com/search?q=%23DB )、

企業向け#enterprise(https://twitter.com/search?q=%23enterprises )、

パフォーマンス、生産性、インテグレーションを向上 #analytics(https://twitter.com/search?q=%23analytics

EnterpiseDBのマーク・リスナー上級副社長(製品・サービス担当)は「開発期間におけるPostgresコミュニティーに対するEDBの貢献は、主としてパフォーマンスとスケーラビリティーに集中した。PostgreSQL 9.5は大幅なスケーラビリティー向上を提供し、当社の企業および政府顧客に恩恵をもたらす。なぜならば、企業および政府顧客は多数の同時利用者とミッションクリティカル・アプリケーションをサポートするコア数の多いサーバー上で稼働しているからである」と語った。

▽ベンチマークテスト結果

EDBのベンチマークテストは、PostgreSQL 9.5が大きな同時並行ワークロードに対して大幅なパフォーマンス向上を実現したことを示した。例えば、24コア/496GB RAMシステム上で64の同時並行接続はPostgreSQL 9.5では96%の向上を示した。

EDBの顧客およびPostgreSQLユーザー、とりわけ多数のコンカレントユーザーをサポートするワークロードを抱えるユーザーは多様なPostgreSQL 9.5使用事例から、以下のような大幅な恩恵を受けることを期待できる。

(i)データベース・アウトプットの増加とスケーラビリティー向上(ii)既存のインフラストラクチャーでのパフォーマンス向上(iii)分析に関する意思決定支援システム(DSS)開発によって、より効率的な意思決定(iv)より速い応答時間と大幅な顧客サービス向上

▽パフォーマンスとスケーラビリティー

パフォーマンスおよびスケーラビリティーに関するPostgreSQL 9.5の向上は以下の通り。

*共有バッファー併用性:PostgreSQL 9.5はより大きなデータ量をサポートでき、共有バッファーにおけるロッキングレジームをより高度に最適化できるのでパフォーマンスが向上する

*コンカレント・ロッキングの拡大:スキャン時のページロックおよびピンホールディング・インデックスの数の減少によってPostgreSQL 9.5はトランザクションが多いシステムでより多くのコンカレントユーザーをサポートでき、パフォーマンスも向上させる。

*バッファー・マッピング:共有バッファー・マネジメントを向上させることでPostgreSQL 9.5はより大きな共有バッファー・パーティションをサポートできる

*プレフィックス・ソーティング:ベンチマークテストによると、短縮ソーティングオプティマイゼーションを使用し、PostgreSQL 9.5は大規模なテキストおよび数値領域をPostgreSQL 9.4よりも20%から30%速くソートできる

▽水平スケーラビリティーと統合

Foreign Data Wrapper(FDW)はマルチサーバーのデータにアクセスする基盤を設定し、水平シャーディングを将来作成する際の基盤となる。PostgreSQL 9.5に搭載された新しいFDW機能のIMPORT FOREIGN SCHEMAは、FDWを通じてPostgreSQLに接続された外部データベースからスキームを自動的にインポートする。これによって、エラーの可能性が軽減され、外部ソースからデータにアクセスする際のマニュアルプロセスが必要なくなる。

FDWはPostSQLが異なるデータを読み取り、書き込み、さらにそれがネーティブPostgreSQLかのように、SQLによってクエリーを実行できるPostgreSQLテーブルとして開発者がアクセスすることを可能にする。これらの強化された機能はEDBおよび日本電信電話(NTT)によって開発された。

▽生産性とセキュリティー

PostgresSQL 9.5が生産性、セキュリティー向上、データ分析の加速に寄与する最大の進歩は以下の通り。

*BRIN(Block Range Index)と呼ばれる新しいインデクシング・タイプは、メタデータを使用する極小のインデックスを提供し、クエリーのパフォーマンスを向上させる一連の情報を記述できる。シーケンスでデータを保存するテーブル(例えば、数値シーケンスないしはデータ/時間領域)のために、BRINはクエリーが一定の領域にあるデータを検索する際にテーブルの大半をスキップすることを可能にする

*3つの新しい分析機能(GROUPING SETS/CUBE/ROLLUP)は、さまざまなディメンションにある大量のデータを迅速に集約する。これは一般に、企業が部局、職場、職務の雇員数、ないしはさまざまなレベルの人口動態および地理的情報におけるeコマース発注履歴などの情報を集約する必要があるデータウエアハウジング環境で使用される。これは複雑なクエリーに対して高いパフォーマンスを提供し、企業が狙い通りの業績を上げることを可能にする

*UPSERTはPostgresに追加することを常に最も要求されている機能の1つである。シンタックス上で新たな「ON CONFLICT DO NOTHING」(ないしは「ON CONFLICT DO UPDATE」)はデータベース開発者に対し、カスタムコードを書き込まなくても潜在的なinsert conflictを管理するので、データを挿入する際に効果的かつ効率的な方法を提供する

*ドキュメントデータ・タイプJSONBに関する向上によって、Postgresは非構造化および半構造化データを管理する能力をさらに強化する。新しいオペレーターおよび関数は、開発者がデータベースのドキュメントの個別要素を比較し、アップデートすることを簡略化することを可能にする。

*Row Level SecurityはDBAがユーザー名、取り扱いレベル、組織資格など多数のプロパティーに沿って、閲覧ないしは更新が可能なことを制限するポリシーを実装することを可能にする。Row Level Securityはオープンソース・コミュニティーPostgresにとって目新しいものであるが、EDB Postgres(TM)Advanced ServerはさまざまなリリースにおいてRow Level Securityを組み込んできた。この機能はEDBのPostgres企業顧客に数年間にわたり使用されてきた。この機能を保有するEDB Postgres Advanced Serverバージョンは、Oracle実装とシンタックス上の互換性があり、カラムレベル・ポリシー(機密のバリューないしはカラム)の実行を含み、より制限的なポリシー・アプリケーション(マルチポリシーを提供する際にORではなくANDを使用)を利用可能にする。

▽入手について

PostgreSQL 9.5は一般提供されている。容易なワンクリック・インストーラーを使ってPostgreSQLの無料バージョンをダウンロードするには、次のサイト(http://bit.ly/1S4m0Xa )をクリックするか、PostgreSQLコミュニティーのダウンロードページ(http://bit.ly/1n4ENF9 )を参照。企業展開でPostgreSQLの価値を最大限活用するために、EDB Postgres Standardサブスクリプションの一環としてデータベースも利用でき、これにはPostgreSQL 9.5データベース、そのマイグレーション、インテグレーション、開発者向けの管理ツール、DBA、年中無休の世界規模のサポートが含まれている。さらに、広範なトレーニング、プロフェッショナルサービス、認証ソリューションがEDBおよびEDBパートナー(http://www.enterprisedb.com/partner-programs )から提供される。

PostgreSQL 9.5の詳細については、電子メール sales@enterprisedb.com で問い合わせるか、PostgreSQL Global Development Group共同創設者でEDBの上級データベース・アーキテクトであるブルース・モムジャン氏が録画したウェブキャストOverview of PostgreSQL 9.5(http://bit.ly/1NGe7ji )を閲覧。

▽EnterpiseDB(EDB)Corporationについて

EDBはPostgreSQLのソフトウエアおよびサービスで世界をリードするプロバイダーであり、企業が高価な従来型ソリューションへの依存を軽減し、データベース出費の80%以上削減を実現している。PostgreSQLのための強力なパフォーマンスとセキュリティー強化(http://www.enterprisedb.com/products-services-training/products/postgresql-overview )、世界規模展開のための高度な管理ツール、Oracleとのデータベース互換性を備えたEDBソフトウエアはミッションクリティカル・アプリケーションをサポートする。世界で3300以上の企業、政府、その他の組織はEDBソフトウエア、サポート、トレーニングプロフェッショナルサービスを利用し、PostgreSQLを既存のデータ・インフラストラクチャーに統合している。EDBはマサチューセッツ州ベッドフォードに本社がある。

EnterpriseDBはEnterpriseDB Corporationの登録商標である。EDBおよびEDB PostgreはEnterpriseDB Corporationの商標である。その他の名前はそれぞれの所有者の商標である。

▽EDBの報道関係問い合わせ先

Nancy Scott

EnterpriseDB

+1 781.357.3090

Nancy.Scott@EnterpriseDB.com

ソース:EnterpriseDB Corporation

EnterpriseDB(R) Announces Improved Database Integration, Scalability and Data Analytics Productivity with Newly Released PostgreSQL 9.5

PR63020

BEDFORD, Mass., Jan. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

   -- Performs 96% faster than v9.4 in benchmark tests

EnterpriseDB(R) (http://www.enterprisedb.com/ ) (EDB(TM)), the leading

enterprise Postgres database company, today announced the general availability

of PostgreSQL 9.5, released by the Postgres community. The new 9.5 version

boosts performance and scalability, enhances productivity with data analytics,

and improves integration with other database solutions, laying the groundwork

for supporting horizontal scaling across multiple servers.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160106/319928LOGO

TWEET:  #PostgreSQL (https://twitter.com/search?q=%23PostgreSQL ) new v9.5,

world's most adv #opensource #DB (https://twitter.com/search?q=%23DB ) for

#enterprise (https://twitter.com/search?q=%23enterprises ), boosts perf,

productivity, integration #analytics (

https://twitter.com/search?q=%23analytics )

"EDB's contributions to the Postgres Community during this development cycle

have focused heavily on performance and scalability. PostgreSQL 9.5 provides

significant scalability enhancements that benefit our large enterprise and

government customers, since they run on high core count servers that support

large numbers of concurrent users and mission-critical applications," said Marc

Linster, Ph.D., Senior Vice President of Products and Services at EnterpriseDB.

Benchmark Test Results

EDB's benchmark tests show that PostgreSQL 9.5 exhibits significant performance

improvements for high concurrency workloads. For example, 64 concurrent

connections on a 24 core / 496 GB RAM system showed a 96% improvement over

PostgreSQL 9.4.

EDB's customers and PostgreSQL users, especially those with workloads

supporting high numbers of concurrent users, can expect measurable benefits

from a variety of PostgreSQL 9.5 use cases:

(i) increased database output volume and improved scalability; (ii) increased

performance with existing infrastructure; (iii) more effective decision-making

by developing decision support systems (DSS) for analysis; and (iv) faster

response times and significant customer service improvements.

Performance and Scalability

The advances in PostgreSQL 9.5 related to performance and scalability include:

    -- Shared buffer concurrency: PostgreSQL 9.5 can support greater data

       volume, thereby increasing performance as a result of higher

       optimization of the locking regime in shared buffers.

    -- Expanded concurrent locking: With a reduced number of page locks and

       pins holding indexes during scans, PostgreSQL 9.5 can support more

       concurrent users in high-transactional systems, which also increases

       performance.

    -- Buffer mapping: With enhanced shared buffer management, PostgreSQL 9.5

       can support a greater number of shared buffer partitions.

    -- Prefix sorting: Using an abbreviated sorting optimization, PostgreSQL

       9.5 can sort large text and numeric fields 20% to 30% faster than

       PostgreSQL 9.4, according to benchmark tests.

Horizontal Scalability and Integration

Foreign Data Wrappers (FDWs) set the groundwork for accessing data across

multiple servers, which will be the foundation for future developments in

horizontal sharding. A new FDW feature in PostgreSQL 9.5, IMPORT FOREIGN

SCHEMA, automates importing of schemas from external databases connected to

PostgreSQL through FDWs. This reduces the potential for errors and replaces a

manual process when accessing data from outside sources.

FDWs enable PostgreSQL to read and write data from other databases and access

it as PostgreSQL tables where developers can query it with SQL, as if it were

native PostgreSQL. The development of these enhancements are being led by EDB

and Japan's Nippon Telegraph and Telephone (NTT).

Productivity and Security

Key advances in PostgreSQL 9.5 for improving productivity and security, as well

as accelerating data analytics, include:

    -- A new indexing type called BRIN (Block Range Index), which provides

       for very small indexes that use metadata (e.g., minimum and maximum

       values) to describe a range of information to improve the performance

       of queries. For tables that store data in a sequential manner (i.e. by

       numeric sequence or data/time fields), this allows queries to skip the

       majority of the table when looking for data within a certain range.

    -- A trio of new analytic features (GROUPING SETS/CUBE/ROLLUP) quickly

       summarizes large amounts of data across various dimensions. These are

       typically used in data warehousing environments where businesses need

       to summarize information like employee headcount across department,

       locations and job role, or ecommerce order histories across various

       degrees of demographic and geographic information. This delivers

       higher performance for complex queries, and allows businesses to

       produce more tailored results.

    -- UPSERT is one of the most commonly requested features to be added to

       Postgres. Syntactically, the new "ON CONFLICT DO NOTHING" (or "ON

       CONFLICT DO UPDATE") gives database developers a more effective and

       efficient way to insert data, while managing potential insert

       conflicts without writing any custom code.

    -- Improvements to the document data type JSONB furthers Postgres'

       ability to manage unstructured and semi-structured data. New operators

       and functions simplify the developer's ability to compare and update

       individual elements of the document in the database.

    -- Row Level Security allows DBAs to implement policies to limit what can

       be seen or updated depending on any number of properties, such as user

       name, clearance level, or organizational membership. While Row Level

       Security is new to the open source community Postgres, EDB

       Postgres(TM) Advanced Server has featured built-in Row Level Security

       for several releases -- a capability that has been used by EDB's

       Postgres enterprise customers for several years. EDB Postgres Advanced

       Server's version of this feature is syntactically compatible with

       Oracle's implementation, and includes enforcement of column-level

       policies (limiting visibility on sensitive values or columns) and

       affords a more restrictive policy application (using AND rather than

       OR to apply multiple policies).

Availability

PostgreSQL 9.5 is generally available. To download the free version of

PostgreSQL using an easy one-click installer, click here (http://bit.ly/1S4m0Xa

) to install, or visit the PostgreSQL community download page here

(http://bit.ly/1n4ENF9 ). To leverage the full value of PostgreSQL for

enterprise deployments, the database also is available as part of the EDB

Postgres Standard subscription, which includes the PostgreSQL 9.5 database,

plus migration, integration and management tools for developers and DBAs, as

well as 24x7 global support. In addition, a broad range of training,

professional services and certification solutions are available from EDB and

EDB's partners (http://www.enterprisedb.com/partner-programs ).

To learn about PostgreSQL 9.5, email sales@enterprisedb.com and/or download the

webcast, Overview of PostgreSQL 9.5 (http://bit.ly/1NGe7ji ), recorded by Bruce

Momjian, a co-founder of the PostgreSQL Global Development Group and EDB Senior

Database Architect.

About EnterpriseDB (EDB) Corporation

EDB is the leading provider worldwide of PostgreSQL software and services that

enable enterprises to reduce their reliance on costly traditional solutions and

slash their database spend by 80% or more. With powerful performance and

security enhancements for PostgreSQL (

http://www.enterprisedb.com/products-services-training/products/postgresql-overview

), sophisticated management tools for global deployments and database

compatibility for Oracle, EDB software supports mission-critical enterprise

applications. More than 3,300 enterprises, governments and other organizations

worldwide use EDB software, support, training and professional services to

integrate PostgreSQL into their existing data infrastructures. EDB is based in

Bedford, Massachusetts.

EnterpriseDB is a registered trademark of EnterpriseDB Corporation. EDB and EDB

Postgres are trademarks of EnterpriseDB Corporation.  All other names are

trademarks of their respective owners.

Media Contact for EDB:

Nancy Scott

EnterpriseDB

+1 781.357.3090

Nancy.Scott@EnterpriseDB.com

SOURCE:  EnterpriseDB Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中