LED照明業界初!-60℃の冷蔵庫から80℃の鉄工所まで対応可能なLED照明を国内で生産開始!

サンエス

2016/2/3 21:30

【新ハイブライトボックスの販売開始】 LED照明業界初の試み。-60℃の冷蔵倉庫から80℃の高温の鉄鋼・溶接工場などで使用出来るLED照明の開発を終え、製品の発売を開始! 品質や部材の安全性・安定を掲げ、国内で全てを賄い生産を開始。

2016年2月4日

LED照明メーカー
株式会社サンエスオプテック

株式会社サンエスオプテック(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:伴貴雅)は2016年2月4日より、-60℃から80℃まで対応可能な「新ハイブライトボックス」を発売します。新ハイブライトボックスは、-60℃の冷蔵庫から、80℃の高温の工場まで対応可能なラインナップを日本で生産開始。

【新ハイブライトボックスの特徴】
 -60℃の冷蔵倉庫や80℃の高温の鉄鋼・溶接工場などで使用出来るLED照明を業界初で発表!

①安心の日本生産・専用電源やLEDチップもオール日本製の製品
②表面カバーは、耐熱性ガラスを使用
③本体は、耐熱処理加工
④電源や配線関係も耐熱部品を使用
⑤国内大手のLEDチップも80℃の高温での使用でも40,000時間対応出来るように設計
 ハイリスクな現場でも製品の対応が可能となりました。

■開発背景
(1)ハイブライトボックス発売から約4年が経過し、新たな需要に応えるためハードルの高い現場でも壊れないLED照明を発売することになりました。

(2)鉄工所や溶接工場などの高温になる環境では、通常のLED照明では劣化が早いのが現状でした。通常のLED照明の寿命は半永久的と思われがちですが、特に80℃という環境ではLEDチップや製品の本体、照明の表面カバー、配線部材などから使 用が不可能な状況でした。

(3)使用する製品の部品1点1点から選定し、品質を維持できるように日本で開発・生産しリスクの高い現場でも使用可能にし、更に長時間使用できるようにしたLED製品を考案しました。弊社のLED照明の耐熱温度は60℃まででしたが、80℃でもチップが溶けることなく使用できるよう国内LEDチップメーカーと開発を進めました。

(4)照明本体だけでなくすべてに耐熱パーツを使用する事で80℃まで対応できるようにしました。
従来だと、器具本体、電源部、表面のカバーは高温での使用ではすぐに劣化し、使えなくなるのですが、40,000時間の点灯でも持つように設計しています。

(5)クレーン車や工場内の移動式大型クレーンなどの振動・衝撃にも耐えうるように部材を補強・強化しています。

(6)海の近くの工場でも使用できるように塩害対策製品としてもカスタマイズ可能です。

(7)低温度倉庫などでは、これまでは-40℃までの使用が限界でしたが、今回は-60℃のマグロなどを保管する超低温の冷凍庫でも対応可能なLED照明用の電源や部材から開発し、製品化しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中