新Android端末販売開始。インバウンド需要、介護分野での活用を狙う。

ナカヨ

2016/2/18 11:00

インターテルジャパン株式会社と、株式会社ナカヨは、インターテルが開発した高性能Android端末の販売に関し本日合意し、2016年2月19日より販売を開始します。 ナカヨが強みを持つ宿泊施設市場や高齢者介護施設市場及び、各種ビジネスユースも含め幅広く拡販を進める計画です。

2016年2月18日

株式会社 ナカヨ

インターテルジャパン株式会社

【オールインワン・インフォメーション端末:AIO-51】

ナカヨとインターテルジャパンが協業に合意

高性能AndroidTM端末を販売開始

 IP通信、音声、ビデオとデータを統合するマルチプラットフォームを提供するインターテルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:マイケルR.ベル、以下インターテル)と、株式会社ナカヨ(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:谷本佳己、以下ナカヨ)は、インターテルが開発した高性能Android端末の販売に関し本日、正式合意いたしました。 ナカヨは国内販売のための検証や通信キャリアとの接続確認に対応し2016年2月19日より販売を開始いたします。

ナカヨが既存製品で強みを持つホテルなどの宿泊施設市場でのインバウンド需要(外国人観光客)対応用途への展開や、高齢者介護施設市場でのネットワークカメラなどとの連携による見守りサービスへの展開など、各種ビジネスユースも含め幅広く拡販を進める計画です。

1.「AIO-51」の主な特長

①操作のしやすいハードキーを搭載:タッチパネルに加えて、ダイヤルキー・音量調整・転送・会議通話・ボイスメールなど、頻繁に使われる機能にワンタッチでアクセス出来るハードキーを搭載しています。

②Google Playストアに対応:AndroidOS4.2に対応しGoogle Playストアから、Skype for business、Moxtraなどのビジネスツールを始め、さまざまなアプリをダウンロードして利用することができます。

③さまざまな機能を初期搭載:ビデオ会議、HDMI接続、ポータブルアクセスポイント機能、無線LAN、 Bluetooth4.2、PoE対応、可動式CMOSカメラなどのさまざまな機能が初期搭載されています。

2.価格:オープン価格

3.「AIO―51」の活用例

① ビデオ会議による通訳サービス提供可能、ホテルや観光施設のインバウンド対応サービスの向上ツールとして<添付 資料:別紙1>

②ビジネスユースとして、企業でのビデオ会議や店舗・銀行窓口での問い合わせ対応用に<添付資料:別紙2>

③高齢者向けの見守り端末として<添付資料:別紙3>

☆商品情報 http://www.nyc.co.jp/products/AIO_51/index.html  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

オールインワン・インフォーメーション端末:AIO-51(WEB表示画面)

オールインワン・インフォーメーション端末:AIO-51(監視カメラ画面)

オールインワン・インフォーメーション端末:AIO-51

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中