富士ゼロックス総合教育研究所が企業におけるイノベーティブリーダー育成を支援

富士ゼロックス

2016/4/20 11:00

富士ゼロックス総合教育研究所は、イノベーション支援でノウハウを持つINDEE Japanと提携し、ハーバード大学クリステンセン教授の理論をもとに考案されたイノベーション創出のためのワークショップ「JOBSメソッドワークショップ」と「イノベーターDNA診断ワークショップ」を、本日より提供開始します。

2016年4月20日

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所

富士ゼロックス総合教育研究所が

企業におけるイノベーティブリーダー育成を支援

ーINDEE Japanと提携、クリステンセン教授の理論をベースにしたプログラムを提供ー

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所(本社:東京都港区、代表取締役:小串記代)は、イノベーション支援でノウハウを持つ株式会社INDEE Japan(本社:東京都中央区、代表取締役:津嶋辰朗)と提携し、ハーバード大学クレイトン・クリステンセン教授の理論をもとに考案されたイノベーション創出のためのワークショップ「JOBSメソッドワークショップ」と「イノベーターDNA診断ワークショップ」を、本日より提供開始します。

イノベーションは企業にとって重要な課題ですが、イノベーションを担うリーダーが不足するという状況に多くの企業が直面しています。本ワークショップは、『イノベーションのジレンマ』で有名なハーバード大学クレイトン・クリステンセン教授が設立したコンサルティング会社のノウハウを日本で独占的に提供しているINDEE Japanのプログラムと、富士ゼロックス総合教育研究所のリーダー育成プログラムを組み合わせ、企業内でイノベーションを起こしていける人材作りを支援します。

『JOBSメソッドワークショップ』の概要

JOBSメソッドとは、クリステンセン教授が提唱した「顧客の片づけるべき用事(Job-to-be-done)」という概念に基づき、「顧客が本質的にやりたいことを把握するフレームワーク」および、そのための一次情報を取得するやり方、価値提案の作り方、ビジネスモデルの作り方、仮設検証の進め方を組み合わせた事業開発の手法です。

ねらい   :顧客の潜在ニーズを発見し、他者に分かり易く説明可能にするフレーム

       ワーク・プロセスを導入することで、企業内での新商品開発や新規事業

       創出の共通言語をつくります。

受講対象  :新商品、新規事業の開発マネジャー・担当者

       新商品を担当する営業、マーケティングのマネジャー・担当者

期間(価格):1日コース(20名まで 800,000円)

       2日コース(20名まで1,200,000円)

『イノベーターDNA診断ワークショップ』の概要

イノベーターDNAは、クリステンセン教授らが、アップルの元会長 故スティーブ・ジョブズ氏、イーベイの創業者 ピエール・オミダイア氏、アマゾン・ドットコムの会長 ジェフ・ベゾス氏などへのインタビューや、75カ国以上の500名を超えるイノベーターと、5,000人を超える企業幹部のデータを分析して生み出した診断指標で、5つの発見力(関連づける力、質問力、観察力、ネットワーク力、実験力)により構成されています。

ねらい   :企業内のイノベーターを発掘し、個人として伸ばすべき発見力を明らか

                にします。診断結果をもとに、イノベーションを生み出すチームづくり

                を学びます。

受講対象  :新商品、新規事業の開発マネジャー・担当者

        組織でイノベーションを起こしたい経営層・経営企画の担当者

期間(価格):1日コース(20名まで 500,000円)

       別途診断料1名19,000円

【「富士ゼロックス総合教育研究所」概要】

社名   :株式会社富士ゼロックス総合教育研究所

本社所在地:東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ14階

設立日  :1989年9月21日

代表取締役:小串 記代

資本金  :1億円(発行済み株式総数2,000)

株主構成 :富士ゼロックス株式会社 100%出資

事業概要 :経営者・管理者・一般従業員に対する教育ならびに研修所等

                  教育施設の運営および受託管理

      教育機器・教材の開発および販売

      書籍・雑誌の出版および販売

      催事の企画・実施

      コンピュータのソフトウェアの開発、販売およびコンサルティング

      上記に関連付帯する業務

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース