働く女性に聞く頭痛に関する調査 頭痛に適切に対処できている女性は仕事でも家庭でも輝けることが判明

2016年4月25日

第一三共ヘルスケア株式会社

20~40代の働く女性500人に聞く、頭痛に関する調査

社会進出により仕事にやりがいを感じる一方、頭痛の頻度は増加傾向に。

頭痛に適切に対処できている女性は仕事でも家庭でも輝けることが判明

 解熱鎮痛薬「ロキソニン(R)Sプレミアム」を販売する第一三共ヘルスケア(本社:東京都中央区)は、20~40代の働く女性を対象に、女性の社会進出と頭痛に関する意識及び実態調査を行いました。本調査は2013年に実施した調査「OLたちの『ズツーの種』白書」(http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/understand/research02.html)を踏襲した構成となっています。

■責任ある仕事に充実感。一方で女性の社会進出に伴い、ストレスや悩みも増加。

・女性の社会進出、「進んでいるが、障害も依然として多い」(70.4%)が働く女性の実感。[P1]

・女性の社会進出のハードル、TOP3は「家事や育児の負担」「保育園不足」「子育て支援体制の乏しさ」。[P1]

・責任ある仕事を任されるようになり、仕事に充実感もありやりがいも感じているが、一方で仕事の悩みも増加している。[P1]

・以前と比べてストレスも増え、女性のストレスは多様化していると実感。特に管理職女性は強いストレスにさらされている。[P2]

■頭痛の頻度は増加傾向。働く女性の4割が頭痛持ちで、特に管理職では半数を超す。

・働く女性の3人に1人(32.4%)は「週1回以上」頭痛を経験。3年前の調査(20.3%)より頻度は増える。[P3]

・働く女性の4割(41.2%)が「頭痛持ち」だが、管理職女性では56.0%と頭痛持ちがより多い。[P3]

■頭痛薬で適切に対処できていれば頭痛の頻度は大幅に減り、人生が充実することが判明。

・頭痛薬は3年前に比べ「痛みを感じたら飲む」(21.6%→32.5%)は増加、「できるだけ飲まない」(16.5%→8.7%)は減少。[P5]

・頭痛に適切に対処できている女性は、頭痛を我慢せず、早い段階で頭痛薬を飲む。そのためか年間の頭痛の日数が適切に

 対処できていない女性より32.7日も少ない。[P6]

・頭痛に適切に対処できている女性は仕事の充実度や評価も高く、夫や恋人から大事にされ、家族仲もよく、充実人生を実感。

 頭痛の対処が適切にできている女性が増えれば、女性の社会進出がさらに進む可能性も。[P6-P7]

■働く女性が求める頭痛薬は、速く効き、副作用が少なく、胃にやさしいプレミアムな頭痛薬。

・頭痛薬に求める効果、「効き目が速い」(69.6%)「副作用が少ない」(44.6%)「胃に負担をかけない」(41.0%)。[P5]

・プレミアムな付加価値の高い頭痛薬、働く女性の半数(51.2%)が関心を示し、管理職女性では72.0%にアップ。[P5]

調査結果についての解説:頭痛の専門医 清水俊彦先生(東京女子医科大学 脳神経外科 頭痛外来 客員教授)

<調査概要>

■実施時期 2016年3月11日(金)~3月14日(月)

■調査手法 インターネット調査

■調査対象 全国の仕事を持つ20~40代の女性500人(うち、働く母親250人、部下がいる管理職の女性50人)

※四捨五入による処理等のため構成比率(%)の合計が100%にならない場合があります。

調査データの詳細は、リリースファイルをご確認下さい。

https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101266/201604220092/_prw_OR1fl_re6kJNWc.pdf

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース