リニューアル完成記念イベント ファンタジーin 淡路SA

本四高速

2016/4/23 22:00

2016年4月23日

本州四国連絡高速道路株式会社

リニューアル完成記念イベント ファンタジーin 淡路SA

光のイリュージョン点灯式を実施

一輪車の“妖精”佐藤彩香が点灯!

本州四国連絡高速道路株式会社(兵庫県神戸市/代表取締役社長:三原 修二)では、2015年8月より着工していた淡路サービスエリアのリニューアルを上下線ともに完成させ、2016年4月23日(土)にリニューアルオープンしました。

そしてこのたびこのリニューアルオープンを記念して、オープン記念イベント「ファンタジーin 淡路SA」を開催しました。

このたびの平成28年熊本地震の発生に鑑み、予定しておりました売店・レストランを利用されたお客様を対象とする最大50%還元イベントを取りやめ、売り上げの一部(還元相当額)を、被災された方々への義援金としてお届けさせて頂きます。

また、JB本四グループでは弊社が管理するサービスエリア、パーキングエリア等に募金箱を設置し、平成28年熊本地震の義援金の受付を開始しました。弊社で受け付けた義援金は日本赤十字社を通じて、被災者の皆様に届けられます。

淡路サービスエリアは瀬戸内海を一望できる大観覧車のあるサービスエリアとしても知られています。今回のリニューアルオープン記念イベントのテーマは「ファンタジー in 淡路」です。

今回の、リニューアルの大きな特徴としては、現在当社で「魅力あるSA・PAづくり」・「小さな名所づくり」を進めており淡路SAは「世界一の明石海峡大橋を望むグルメと憩いのエリア」をコンセプトにリニューアル等を行いました。

19:00からは、一輪車元世界チャンピオンで、その可愛らしさから“一輪車の妖精”とも言われる、佐藤彩香さんのパフォーマンスによる点灯式を行いました。点灯式は2部制で行われ、第1部は、花時計前エリアで行われました。佐藤さんは、登場の際、曲に合わせて一輪車での圧巻のパフォーマンスを披露し、観客を沸かせました。点灯式は、明石海峡大橋・恋人の聖地の蓄光石などに点灯し、幻想的な光景に包まれました。

さらに、第2部は新設された「桜の小道」で実施しました。小道や壁面が点灯し幻想的な雰囲気に包まれる中、リニューアルオープニングイベント「ファンタジー in 淡路SA」はフィナーレを迎えました。

本日は終日多くの方にご来場いただき成功裡に終了しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中