紀伊國屋書店 ベトナム・ホーチミンで地元顧客向け和書を販売開始

紀伊國屋書店

2016/5/9 12:00

株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、ベトナム最大の国営書店と提携し、ホーチミンで地元顧客向けに日本語書籍の販売を開始します。

2016年5月9日

株式会社紀伊國屋書店

紀伊國屋書店 ベトナム・ホーチミンで地元顧客向け和書を販売開始

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長 高井 昌史)は、ベトナム最大の国営書店と提携し、ホーチミンで地元顧客向けに日本語書籍の販売を開始します。

 ベトナムはASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国の中でも、高い経済成長と安定性を示してきました。中間所得層は着実に拡大しており、2011年には世界銀行より「中所得国」に認定され、益々の発展が期待されています。日本はベトナムにとって最大の援助国であり、日本のODA(政府開発援助)はベトナムの経済・社会インフラ開発などに大きく貢献しています。近年は国民レベルでの交流も活発化しており、日越外交関係樹立40周年を迎えた2013年には、多くの文化交流行事が開催されました。

 そのような状況を背景に、このたび、株式会社紀伊國屋書店はベトナム最大の国営書店兼取次店のFAHASAと業務提携し、地元のお客様向けに日本語書籍の販売を開始します。実用書、ファッション、アニメ、イラスト、児童書、日本語テキストなど、ベトナムのお客様に喜ばれる日本語書籍5,000冊を取り揃え、ホーチミン市内の2店で展開します。

(取扱い店舗)   

■FAHASA グエンフェー店(ホーチミン市 1区 グエンフェー通り):

 市内中心部の店舗

■FAHASA タンディン店 (ホーチミン市 3区 ハイバーチュン通り):

 郊外型の大規模店舗

(FAHSASA国営書店 会社概要)

設立:1976年

年商:8,987万ドル(約96億円)

代表者:Mr. Pham Minh Thuan(会長兼社長)

従業員数:2,300名

事業内容:ベトナム最大の書店兼取次

     洋越書籍・雑誌・雑貨・文房具(製造含む)・視聴覚教材の販売、出版など

事業所:ベトナム全土に84店舗

主要販売先:一般顧客、国立私立大学、官公庁、民間企業など       

リリースに関するお問合せ先:株式会社紀伊國屋書店総務部総務課広報担当info@kinokuniya.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中