スリーブ状胃切除後のGERD患者でStrettaの効果を研究する新マルチセンター・レジストリー

Mederi Therapeutics Inc.

2016/5/12 10:10

スリーブ状胃切除後のGERD患者でStrettaの効果を研究する新マルチセンター・レジストリー

AsiaNet 64379(0579)

【ノーウォーク(米コネティカット州)2016年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】Mederi Therapeutics Inc.は11日、スリーブ状胃切除(SG)後に逆流性食道炎(GERD)を経験している患者に対する治療選択肢としてのStretta療法(http://www.stretta-therapy.com/ )の効果を研究する新たなマルチセンター・レジストリーの開設を発表した。

「スリーブ状胃切除後のGERDのRF治療(Stretta)の効果の調査」という名称のこの研究には米国の15のトップ肥満病計画が含まれている。このマルチセンター・レジストリーはスリーブ状胃切除後に最低6カ月のGERDを経験した記録のある患者を研究する。この研究はStretta治療後のGERD症状コントロール(HRQL)に集中し、6カ月、12カ月、24カ月時点でフォローアップする。

スリーブ状胃切除は一般に好まれる減量処置で、米国で2014年に行われた肥満外科処置の51%を占めている(http://bariatrictimes.com/the-numbers-are-in-sleeve-represents-51-of-all-bariatric-procedures-performed-in-the-u-s-in-2014/ )(2013年の42%より増加-http://bariatrics.ucla.edu/body.cfm?id=95 )。胃の正常な機能を維持できるので患者は一般に胃のバイパス手術よりスリーブ状胃切除を選ぶ。

米国外科学会フェローで主任研究員であり、Montefiore Medical Center(モンテフィオーレ・メディカル・センター)とAlbert Einstein School of Medicine(アルバート・アインシュタイン医学校)の外科准教授であるエリン・モラン-アトキンス博士はスリーブ状胃切除後のGERD患者を治療するという課題を説明して「肥満患者は平均的な患者より劇的に高い割合でGERDを経験する。一部の患者では減量手術でGERDは解決されるが、その他の症状は続く。スリーブ状胃切除後の標準的な次のステップである胃のバイパス手術への転換を避けたいと願って一般的なGERDの薬物療法に耐えるというつらい時期を過ごすこともある」と述べている。

米国外科学会フェローでMontefiore Medical Center一般外科主任、Albert Einstein School of Medicine外科教授である共同研究員のスコット・メルビン博士はさらに、スリーブ状胃切除を受けたGERD患者の選択肢が限定されていることを指摘して「スリーブ手術による形状の変化のため胃底部皺襞形成手術はできない。さらに、胃のバイパス手術への転換は合併症率が高い。Strettaは手術による形状変化のある患者で広く研究されてきた。Strettaが増大する肥満のGERD患者を助けられることを確認するデータが得られることを期待している」と語っている。

諸研究(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24500799 )はそれ以前から症状が存在していたGERD患者の最大84%はスリーブ状胃切除の後も症状が継続したこと、少なくとも8%は手術後に新たなGERDを発症することを示している。

StrettaはGERDに対する非手術的処置で、高周波(RF)エネルギーを使って胃と食道の間の筋肉を再生する。 諸研究はStrettaが逆流症状を解消させ、生活の質を改善し、薬物摂取を減らすかなくし、慢性GERDによる患者の酸露出を減らす。Strettaは経口的に提供され、人体の形状を変えないため、肥満病手術を受けたGERD患者にとって実行可能な治療選択肢になっている。

▽STRETTA(R)について

Strettaは医薬品に十分な反応をしないが、手術は避けたいと望むGERD患者向けの多機能の非手術的治療選択肢である。Strettaは40以上の研究の対象になっており、すべての研究が高いレベルの安全性と効能を示している。Mederi Therapeuticsが製造するStrettaは世界的に入手可能である。

▽問い合わせ先

Mike elofer

mike@pascalecommunications.com

(484) 620-6167

ソース:Mederi Therapeutics Inc.

New Multi-Center Registry To Study Benefits of Stretta Therapy for GERD Patients after Sleeve Gastrectomy

PR64379

NORWALK, Conn., May 11, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Mederi Therapeutics today announced a new multi-center registry that will study

the benefit of Stretta Therapy (http://www.stretta-therapy.com/ ) as a

treatment option in patients who experience gastroesophageal reflux disease

(GERD) after sleeve gastrectomy (SG).

The study, entitled "Examining the Benefit of RF Treatment (Stretta) of GERD

after Sleeve Gastrectomy," includes 15 of the top bariatric programs in the

U.S. This multi-center registry will study patients with documented GERD a

minimum of six months after a sleeve gastrectomy. The study will focus on GERD

symptom control (HRQL) after Stretta, with follow up at six, 12, and 24 months.

Sleeve gastrectomy is the weight loss procedure of choice, representing 51% of

bariatric surgeries performed in the U.S. in 2014 (

http://bariatrictimes.com/the-numbers-are-in-sleeve-represents-51-of-all-bariatric-procedures-performed-in-the-u-s-in-2014/

) (up from 42% in 2013 - http://bariatrics.ucla.edu/body.cfm?id=95 ). Patients

typically choose a sleeve over a gastric bypass because it allows the stomach

to retain normal function.

Erin Moran-Atkins, MD, FACS, Principal Investigator and Assistant Professor of

Surgery at the Montefiore Medical center and the Albert Einstein School of

Medicine, explained the challenges of treating patients with GERD after a

sleeve: "Obese patients experience GERD at a dramatically higher rate than the

average population. Weight loss surgery resolves GERD in some patients, but for

others, symptoms continue. The post-sleeve patient may also have a hard time

tolerating common GERD medications and want to avoid a conversion to a gastric

bypass, which has been the standard next step."

Co-investigator W. Scott Melvin, MD, FACS, Director General Surgery at the

Montefiore Medical Center and Professor of Surgery at the Albert Einstein

School of Medicine, further noted the limited options for sleeve patients with

GERD. "Because of the sleeve's altered anatomy, you can't perform a

fundoplication. Furthermore, conversion to a gastric bypass has a higher

complication rate. Stretta has been widely studied in patients with altered

anatomy from surgery. Importantly, for the bariatric patient, receiving Stretta

doesn't preclude further surgery. We are looking forward to data confirming

that Stretta can help the growing bariatric patient population with GERD."

Studies show (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24500799 ) that up to 84% of

patients with pre-existing GERD continued to have symptoms after a sleeve

gastrectomy, and at least eight percent develop new GERD post-operatively.

Stretta is a non-surgical procedure for GERD that uses radiofrequency (RF)

energy to regenerate the muscle between the stomach and esophagus. Studies show

that Stretta resolves reflux symptoms, improves quality of life, reduces or

eliminates medications, and decreases acid exposure in patients with chronic

GERD. Stretta is delivered transorally and does not alter the anatomy, making

it a viable option for patients with GERD who have undergone bariatric surgery.

ABOUT STRETTA(R)

Stretta is a versatile, non-surgical option for GERD patients who do not

respond well to medications and wish to avoid surgery. Stretta has been the

subject of more than 40 studies, all showing a high level of safety and

efficacy. Manufactured by Mederi Therapeutics, Stretta is available worldwide.

For more information contact: info@stretta-therapy.com

Contact: Mike Elofer

mike@pascalecommunications.com

(484) 620-6167

SOURCE  Mederi Therapeutics Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中