UnionPay(銀聯)カードがカナダ旅行界に新たな息吹

銀聯国際(UnionPay International)

2016/5/30 14:08

UnionPay(銀聯)カードがカナダ旅行界に新たな息吹

AsiaNet 64581 (0655)

【上海(中国)2016年5月27日新華社=共同通信JBN】4000人を超える中国人ビジネス旅行客の大型ツアーグループをカナダが最近受け入れたことが、5月23日明らかになった。この旅行客グループの購買力は少なくとも400万カナダドルに上るとみられる。Toronto Tourismによると、これはカナダが受け入れた過去最大の旅行団体である。

カナダ観光局(Canadian Tourism Commission=CTC)が公表したデータによると、カナダの旅行業界の年間収入は2015年に900億カナダドルに達した。カナダで旅行業界は63万人を超える雇用機会を生んでいる。近年はカナダを訪れる中国人旅行客の数が着実に増加し、2015年にその数は50万人近くになった。

中国とカナダの間の経済、貿易関係がますます密接になる中で、中国から個人旅行客がカナダを訪れるだけでなく、カナダで会議を企画したり、研修・親睦旅行をする中国企業が増えている。こうした大型ツアーグループは強い購買力を持ち、UnionPay(銀聯)カードでの決済を好み、目的地の都市での消費を飛躍的に増やすことになる。

海外ではUnionPay(銀聯)カードを受け入れる店が増加し、UnionPay(銀聯)だけの特典サービスも多くなっていることから、海外でUnionPay(銀聯)カードを持ち歩く中国人ビジネス旅行客が急増し、その平均支出額も増加の一途をたどっている。

カナダの小売店では旅行客を呼び込む有力な手段としてUnionPay(銀聯)カードの受け入れが広がっている。カナダ4大銀行のすべてのATMではUnionPay(銀聯)カードが使え、全国のATMでのUnionPay(銀聯)カード受け入れ率は85%に上る。さらにUnionPay(銀聯)カードが使える店は7万店を超え、免税店やデパート、ブランドチェーン店、宝飾品店など旅行客が最もよく訪れる店が含まれる。こうした店でUnionPay(銀聯)カード保有者は便利な決済ができる。

地元のベテランツアーガイドのホウさんは時々、中国人旅行客に対しどんな旅行施設やデパートでもUnionPay(銀聯)カードで支払うよう勧めていると話す。UnionPay(銀聯)カードでの決済は現金払いより安全で便利なだけでなく、サービス料金がかからないためだ。

2014年以降、資格要件を満たした中国人旅行客はカナダでマルチ(数次)ビザを得られるようになった。このビザを取ると、旅行客は最長で半年間カナダに滞在でき、パスポートは最長10年間有効になる。この制度がますます多くの中国人旅行客をカナダに引き付けている。

詳しい情報はウェブサイト http://www.unionpayintl.com/ 参照

ソース:UnionPay International

UnionPay Card Brings New Vitality to Canada Tourism

PR64581

SHANGHAI, China, May 27, 2016 /Xinhua=KYODO JBN/--

It is learnt on May 23 that Canada has just received a large tour group of over

4,000 Chinese business tourists. It is expected that this group of tourists

will bring a purchasing power of at least 4 million Canadian dollars. According

to Toronto Tourism, this is the largest single tour group Canada has ever

received.

According to the data released by the Canadian Tourism Commission, the annual

revenue of the Canadian tourism industry in 2015 reached 90 billion Canadian

dollars, and tourism directly created over 630,000 job opportunities. In recent

years, the number of Chinese tourists visiting Canada has been growing stably,

and in 2015 the number is close to 500,000.

As the economic and trade ties between China and Canada have become

increasingly closer, not only individual tourists prefers to visit Canada, but

also more Chinese companies choose to organize meetings and team-building

activities there. These large tour groups have strong purchasing capability,

are fond of paying with UnionPay cards, and can remarkably promote consumption

in destination cities.

With more overseas merchants accepting UnionPay cards and more UnionPay

exclusive privileges are offered, much more Chinese business tourists carry

UnionPay cards abroad, and their average spending amount also grew stably.

An increasing number of Canadian merchants take the acceptance of UnionPay

cards as a significant means to attract tourists. The four major banks in

Canada have all enabled their ATMs to accept UnionPay cards, making UnionPay's

local ATM acceptance coverage reach 85%. In addition, UnionPay cards are

accepted at over 70,000 merchants; these merchants include duty free shops,

department stores, brand chains, jewelry stores most frequented by tourists. At

these merchants, cardholders can pay conveniently with UnionPay cards.

An experienced local tour guide, Ms. Hou, said that she often recommended the

Chinese tourists to pay with UnionPay cards no matter in tourist attractions or

at department stores. Because paying with UnionPay cards is not only safer and

more convenient than paying cash, but is also without service fees.

Since 2014, qualified Chinese tourists are able to get multi-entry visa to

Canada. With this visa, tourists can stay in Canada for as long as over half a

year, and the passport can be valid for as long as ten (10) years. This measure

helps to attract more Chinese tourists to Canada.

For more information: http://www.unionpayintl.com/

Source: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中