胎児は妊娠16週目に膣を通じて届く母親の声に反応し始める

Institut Marques

2016/6/16 10:55

胎児は妊娠16週目に膣を通じて届く母親の声に反応し始める

AsiaNet 64793

マーストリヒト(オランダ)、2016年6月15日/PRニュースワイヤー/ --

新オーディオデバイスによって、妊婦は産まれる前の我が子とのコミュニケーションが可能に

第25回欧州周産期医学会でデータ発表

胎児は、人間の声が聞こえると過剰に口を動かします。(胎児の身長が11センチになる)妊娠16週目から、このために開発された膣内のデバイスを通して声が届いた場合にのみ、この現象が起こります。これは、オランダのマーストリヒトで開催された第25回欧州周産期医学会にてInstitut Marquesのサイエンティフィック・ディレクター、アレックス・ガルシア・フォール博士が紹介した研究結果の1つです。

マルチメディアニュースリリースはこちらでご覧になれます:

この研究では、実際赤ちゃんには外部の音が聞こえていませんが、音が膣を通して届くと赤ちゃんは反応を示すことが明らかになっており、母親の腹部を介してはほとんど声が聞こえていないことが確認されています。そのような反応は、小型デバイスBabypod(R)を用いて研究されましたが、このデバイスはタンポンのように膣に挿入し、携帯電話に接続することで、母親や別の人の声を胎児に届けることができます。

ガルシア・フォール博士は、経腹的超音波を使用して異なる反応の比較を行い、「母親の膣を通した音声メッセージが胎児に届くと、胎児は発声の動きを示して反応します。音楽を送る時の反応は異なりますが、この違いは音楽と声が異なる脳回路を活性化させるためであり、音楽は感情を引き起こす神経回路を活性化させると考えられます」と述べています。このため、胎児の70%は、話しかけられると口を動かし、音楽を聴くと舌突出などもっと複雑な動きをします。

この研究は、Institut Marquesによる生命の始まりにおける音楽の恩恵に基づいた先駆的な一連の研究の一部です。母親の声の認識に関する研究結果によって新たな課題が生じています。博士は次のように述べています。「胎児は同じ方法で全ての声に反応しているため、新たな疑問が生まれました。妊娠中に既に刺激を受けた何百人もの赤ちゃんは、妊娠中に子宮の中から両親の声を聞いた場合にその声を認識することが出来のか、また、このことは、言語やコミュニケーションを発達させる刺激になっているのかを確かめることです。」

胎児とのコミュニケーションが可能になることは別として、Babypod(R)は、安全で非常に重要な医学的応用であり、胎児は音が聞こえないという考えを排除して、胎児の反応を引出すことで胎児の仕組みを観察しやすくする超音波の使用を促進します。

詳細情報は、ウェブ http://institutomarques.com/area-cientifica/musica-y-estimulacion-fetal/ をご覧ください。

更なる情報:

ウェブ:

http://www.institutomarques.com

http://www.babypod.net

フェースブック:

http://www.facebok.com/musicinbaby/

http://www.facebook.com/institutomarques/

ツイター: @_Babypod (https://twitter.com/_Babypod

Institut Marques

Mireia Folguera

mireia.folguera@institutomarques.com

+34-93-285-82-16 / 649-901-494

Weber Shandwick

Rocio Bueno

rbueno@webershandwick.com

+34-91-745-86-64

     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160613/378315 )

情報源: Institut Marques

(日本語リリース:クライアント提供)

Babies React to Their Mother's Voice When it is Emitted Through the Vagina from the 16th week of Pregnancy

PR64793

MAASTRICHT, Netherlands, June 15, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     A new audio device enables pregnant women to communicate with their babies

before they are born

     Data presented at the 25th European Congress of Perinatal Medicine

    The foetus moves its mouth in an exaggerated manner when it hears a human

voice. This occurs from the 16th week of pregnancy (with a foetus of 11cm) and

only when the voice reaches it through an intravaginal device developed for

this purpose. This is one of the conclusions of the study presented by Dr. Alex

Garcia-Faura, the Scientific Director of the Institut Marques, at the 25th

European Congress of Perinatal Medicine held in Maastricht (Netherlands).

    To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/players/uk/7859951-institut-marques-babies-react-mother-voice

    The study finds that babies hear practically no external noise and only

react when sound reaches them through the vagina, which confirms that they

hardly hear voices through the mother's abdomen. Their reactions were studied

using Babypod(R), a small device that is inserted into the vagina like a tampon

and is connected to a mobile phone, enabling the voice of the mother or anyone

else to reach the foetus.

    "Foetuses react with vocalisation movements when we can reach them with

voice messages through their mother's vagina. The response is different when we

emit music and we put this down to music and voice activating different brain

circuits: music activates neuronal circuits that trigger emotions", says Dr.

Garcia-Faura, who has compared the differing reactions by using transabdominal

ultrasounds. Accordingly, 70% of foetuses move their mouths when they are

talked to; when they hear music they make more complex movements that also

include the protrusion of their tongues.

    This study is part of Institut Marques's pioneering line of research that

is based on the benefits of music at the onset of life. The findings on the

recognition of the mother's voice raises a new challenge: "Foetuses respond in

the same way to all voices. This leads us to a new question: to learn whether

the hundreds of babies that you have already stimulated during pregnancy will

be able to recognise their parents' voices if they have heard them during

pregnancy from within the womb and also to find out whether this represents a

stimulus for language and communication development", the specialist says.

    Apart from enabling communication with the foetus, Babypod(R) is safe and

has highly important medical applications: it allows foetal deafness to be

ruled out and facilitates ultrasounds that, by producing a response in the

baby, improve the viewing of foetal structures.

    Further information on the website:

http://institutomarques.com/area-cientifica/musica-y-estimulacion-fetal.

     Further information:

     Institut Marques

     Mireia Folguera

     mireia.folguera@institutomarques.com

     +34-93-285-82-16 - 649-901-494

     Weber Shandwick

     Rocio Bueno

     rbueno@webershandwick.com

     +34-91-745-86-64

     Web:

     http://www.institutomarques.com

     http://www.babypod.net

     Facebook:

     http://www.facebok.com/musicinbaby/

     http://www.facebook.com/institutomarques

     Twitter: @_Babypod [https://twitter.com/_Babypod ]

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160613/378315 )

SOURCE: Institut Marques

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中