e-Shang Redwoodが東京湾岸の開発用地14万平方メートルを数十億ドルで購入

Redwood Group Asia

2016/7/6 11:28

e-Shang Redwoodが東京湾岸の開発用地14万平方メートルを数十億ドルで購入

AsiaNet 65024

【東京、上海、シンガポール2016年7月6日PR Newswire】アジアの大手物流ファンド・デベロッパー兼資産管理会社、e-Shang Redwood(易商レッドウッド/ESR)は6日、東京湾岸の物流最適地において土地2区画を購入したと発表した。この場所は都心、主要港湾インフラ、羽田空港(東京国際空港)に近く、東京から横浜にかけての人口密集都市エリア域にあたり、東京圏でも最重要物流市場と言える。どちらの土地も現在、大手テナントに賃貸されている。

2区画の総面積は14万3,839平方メートル(約4万3,511坪)で、神奈川県川崎市東扇島の物流の要衝に位置している。

ESRは段階的に賃貸面積最大56万平方メートル、最新スペックを備えた8階建ての倉庫3棟を開発する予定。第1区画(サイトA)は総面積7万7,723 平方メートル(約2万3,511坪)で、現在は屋外保管所、テナントの大型車両用駐車場として使われている。第2区画(サイトB)は総面積6万6,116平方メートル(約2万坪)で、現在はテナントが機器類と自動車部品を保管する倉庫2棟がある。

プロジェクト用地は東京都心から15kmの地点にあり、羽田国際空港(5km)、川崎港コンテナターミナル(1km)、横浜港(15km)に近い。首都高速湾岸線の東扇島インターチェンジはサイトからわずか1.6kmの場所にあり、東京、横浜、羽田国際空港をつなぐ高速道路に素早くアクセスできる。

ESRの共同創業者兼日本代表のスチュアート・ギブソン氏は「東京の湾岸地帯は現代の大規模物流業者にとって、常に最高の需要がある場所になってきた。現在、このマーケットの施設はどこも満床で、日本の物流市場における強力なファンダメンタルズを証明している。このプロジェクトは過去10年間に東京湾岸で開発されたどの物件より上回っていることは間違いない。 というのも、この場所はeコマース、リテール、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)などの大手企業に機能性、拡張柔軟性、類まれな立地特性という無比のコンビネーションを兼ね備えた物流スペースを提供できるからである」と語った。

▽ESRについて

e-Shang Redwood(ESR)はアジアにおける物流不動産の大手デベロッパー、所有者兼オペレーターの2社を統合して誕生した、中国本土、日本、および韓国で350万平方メートルを超えるプロジェクトを所有または開発する域内最大級の物流不動産プラットフォームであり、同時に香港およびシンガポールのファンドマネジメント会社を代表する存在である。

それぞれ2011年と2006年に設立されたe-ShangとRedwood(レッドウッド)は2016年に合併してESRになり、APG、ウォーバーグ・ピンカス、エクイティ・インターナショナル、PGGM、CPPIB、ゴールドマン・サックスなど世界有数の投資企業に支えられている。ESRは今日、消費、貿易と最も密接につながる大都市圏にフォーカスしたアジア最大級の開発ルートを持っている。ESRはまた、中国の大手eコマース企業、コールドチェーン物流向け最大のサードパーティーオーナーである。

▽問い合わせ先

ESR リーシング、日本

渡辺和彦

kwatanabe@redwoodgroup.com

ESR コーポレート・メディア・リレーションズ

エマ・ラーソン

+33-615-123040

elarsson@redwoodgroup.com  

写真 - http://photos.prnasia.com/prnh/20160704/8521604364

情報提供者:Redwood Group Asia

(日本語リリース:クライアント提供)

e-Shang Redwood Seals Multi-billion Dollar Deal for 140,000 sqm Prime Development Site in Tokyo Bay

PR65024

TOKYO, SHANGHAI and SINGAPORE, July 6, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

e-Shang Redwood ("ESR"), one of the leading logistics fund developers and

managers in Asia, announced that it has purchased two of the most significant

land parcels to come to the market in Tokyo Bay. The sites are located in one

of the most valuable logistics markets in Tokyo due to its proximity to Central

Tokyo, the main Port infrastructure, Haneda International Airport and its

position in the densely populated urban continuum between Tokyo and Yokohama.

Both sites are currently leased to a credit tenant.

The two prime, undeveloped land parcels have a combined area of 143,839 sqm

(43,511 tsubo) and are strategically situated in Higashi Ogijima,

Kawasaki-city, Kanagawa prefecture.

ESR intends to develop three state-of-the-art eight-storey warehouses in phases

with a combined NRA of up to 560,000 sqm. The first land parcel ("Site A") has

a total area of 77,723 sqm (23,511 tsubo) and is currently being used as an

open-air storage and parking area for the tenant's heavy vehicles while the

second land parcel ("Site B") has a total area of 66,116 sqm (20,000 tsubo) and

currently houses two warehouses which the tenant uses to store equipment and

vehicle parts.

The project is located 15km away from Tokyo CBD, in close proximity to Haneda

International Airport (5km), Kawasaki Port container terminal (1km) and

Yokohama Port (15km). The Higashi Ogijima Interchange (access point) of the

Metropolitan Expressway Bay Route is located only 1.6km from the subject site

and provides swift access to the motorway connecting Tokyo, Yokohama and Haneda

International Airport.

Stuart Gibson, Co-Founder of ESR and head of its Japan operations stated: "The

Bay Area in Tokyo has always been the highest demand location for large-scale

modern logistics operators. Currently, facilities in this sub-market are

running at full occupancy which confirms the strong fundamentals in the

Japanese logistics market. We feel excited that the resulting development will

arguably surpass most any comparable scheme developed over the last 10 years in

the Tokyo Bay area as it will offer leading tenants in the e-commerce, retail

and 3rd-party logistics space an unmatched combination of functionality,

expansion flexibility and unique locational attributes."

About ESR

e-Shang Redwood ("ESR") brings together two of the leading developers, owners

and operators of logistics real estate in Asia and represents one of the

largest logistics real estate platforms in the region with over 3.5 million

square meters of projects owned and under development across mainland China,

Japan and South Korea, and capital and funds management offices in Hong Kong

and Singapore.

Founded in 2006 and 2011, respectively, e-Shang and Redwood merged in 2016 to

form ESR and are backed by some of the worlds' preeminent investors including

APG, Warburg Pincus, Equity International, PGGM, CPPIB and Goldman Sachs.

Today, ESR has one of the largest development pipelines in Asia focused on the

key metropolitan areas most closely tied with consumption and trade.  ESR is

also the largest third-party landlord for the leading e-commerce companies in

China, as well as for cold-chain logistics.

Contacts:

ESR Japan Leasing:

Kazuhiko Watanabe

kwatanabe@redwoodgroup.com

ESR Corporate Media Relations:

Emma Larsson

+33-615-123040

elarsson@redwoodgroup.com

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160704/8521604364

SOURCE:  Redwood Group Asia

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中